中央競馬最終予想

糸魚川特別2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!

糸魚川特別ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。

昨年の糸魚川特別は外したんで、今年はきっちりと的中したいですね。

過去10年の結果を参考にすると、完全な上がり3F勝負となっていて、脚質問わず、切れる脚を持っていないと馬券になりにくいコース。

そのあたりを含め、予想を紹介していきます。とにかく上がり、上がり!

糸魚川特別2019予想!

本命◎

パルティアーモ1着2番人気

少し距離が短いかなと思いながら、過去データから言えば、この馬。

2走前の未勝利戦が強い勝ち方で、2着馬にコンマ5秒差。折り合い面も問題なく、やっと馬体が仕上がってきたかなと。

今回は斤量52kgで主戦であった木幡育騎手から福永騎手への乗り替わり。陣営の勝ちに来た印象が強く、それは前走の走りからして期待を持っているかなと。

叩き2戦目で、調教も上々ですから、ここは狙い目十分ですね。

北九州短距離ステークス2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから見て狙うべきあの馬とは?北九州短距離ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 ...
長岡ステークス 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!長岡ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 昨年の...
札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データ/最強のラップを刻んだあの馬が主役2019年8月31日札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データから評価の高い馬を中心に展開やコースバイアスなども含めた最終...
[insert page=’anken1′ display=’content’]

糸魚川特別2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

糸魚川特別2019コース解説

2000mの外回りコースは古馬(3歳以上混合)のレースで使用され、内回り芝1400mと同じ地点からのスタート。3コーナーまでの距離は948mと非常に長く、3~4コーナーはスパイラルカーブでやや急な下り坂。日本最長を誇る659mの直線はほぼフラットとなっている。

道中のラップは1800mと似ていて最初の1ハロンをゆっくり入ってその後ペースが上がり、中盤でペースが緩んで、最後の直線は瞬発力勝負。そうなると逃げ馬や力のない先行馬は苦しく、瞬発力に秀でた差し馬が有利となる。

こうした条件に強いのはやはりディープインパクト産駒。出走頭数が多いこともあるのだが、全体のアベレージも高い中で1頭抜けた勝鞍を挙げている。また、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイといったスタミナが勝った種牡馬も成績がいい。引用先:競馬ラボ

500万クラスの糸魚川特別は、先行馬の活躍が目立っています。

先行しながら上がり3F3位以内を出しながら抜け出す競馬。

このあたりの脚質には注意したいところですね。

[ad]

糸魚川特別2019過去データ傾向分析

過去5年の結果を参考にしています。

  1. 1番人気[1-1-0-3]連対率40%
  2. 2番人気[2-1-1-1]連対率60%
  3. 3番人気[0-1-1-3]連対率20%
  4. 関西馬[2-1-1-6]連対率30%
  5. 関東馬[2-4-4-28]連対率14%
  6. 上がり3F1位2位が7連対で3着内率80%超え
  7. 前走上がり3F1位2位[2-2-1-4]
  8. 前走4角4番手以下が優秀
  9. 1枠以外有利。
  10. 牡馬[2-4-4-26]連対率15%
  11. 牝馬[3-1-1-13]連対率22%
  12. セン馬[0-0-0-5]連対率0%
  13. 3歳[2-3-2-15]連対率23%
  14. 4歳[3-2-3-18]連対率19%
  15. 5歳6歳[0-0-0-11]連対率0%

サンデーサイレンス系が非常に有利で、馬券の中心はここ。ゆいつ対抗出来るのがキングカメハメハ産駒。

上がり競馬になりやすく、前走上がり3F1位2位[2-2-1-4]の成績ですから、サンデーサイレンス系で切れた前走馬は、それだけで買いの材料になります。

3歳4歳が非常に強く、5歳6歳は狙いづらい。

単純に、前走上がり3F2位以内でサンデーサイレンス系、そこに3歳4歳で上位人気馬であれば、それが軸。

ちなみに、前走福島組みで馬券になったのは、12頭中1頭のみ。ドリームインパクトには嫌なデータですね(ニヤリ)

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。