ジャパンカップ2019出走各馬の血統分析やジャパンカップに最も適している血統背景馬を紹介します。(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)

スピードやスタミナ、持久性やパワーといった総合的な材料すべてが必要とされる東京芝2400m。

過去5年の結果を見てもそれは顕著に現れており、近4年ではラスト1ハロンが12秒台とかなりタフな馬場となっていることがわかります。

また、優勝馬の面々を見れば、総合的な材料プラス、長距離で活躍出来る持久力を備えた馬の活躍が目立っています。

この記事では、各馬の血統を分析しながらジャパンカップ2019で好走出来そうな血統の持ち主を紹介していきます。

重賞無料予想8戦6勝!3連複20倍~100倍以上を連発して的中させている競馬予想サイトをご存知ですか?

まずは日本ダービーの無料買い目がコチラ↓

日本ダービー(G1)
3連複24.8倍×600円→1万4880円獲得◎
3着は10人気穴馬ヴェルトライゼンテ!
こういう穴馬を拾うのが上手いんですよね!

皐月賞や天皇賞春のの無料買い目がコチラ↓

◎天皇賞10点500円5000円
→67500円獲得!回収率1350%
単勝11番人気スティッフェリオを入れて万馬券的中!

3連複はすべて10点前後の買い目で、さらに万馬券も狙いやすく、少額でも十分に高い回収率が期待出来るのもホライズンの人気の秘密です。

今週の重賞無料予想はレパードSを公開!

無料予想は土日で4鞍公開!

これまで春G1シリーズ8戦6勝と圧倒的な結果を出してきたここの無料予想は頼りになりますからレパードSの無料予想で天皇賞春の回収率1350%以上を期待して見て下さい!

ジャパンカップ2019関連記事

ジャパンカップ2019出走各馬血統分析

ワグネリアン牡4

ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
2002年度産
主な勝ち鞍:
06’ 有馬記念
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア
(Lyphard系)
Alzao
Burghclere
ミスアンコール
(Mr. Prospector系)
2006年度産
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Kingmambo
マンファス
ブロードアピール
(Himyar系)
Broad Brush
Valid Allure

祖母は、芝・ダート合わせて短距離重賞6勝を挙げた名牝。あの追い込みの鋭さを今でも覚えているファンの方も多いのではないでしょうか。

全姉は、テンダリーヴォイス。アネモネS勝ち馬。近親に米G1フリゼットS(ダ1600m)勝ち馬sutraがいる。

基本的にダート色の強い一族ですからワグネリアン自身もダートで活躍出来ることは言うまでもないですが父ダービー馬×母の父ダービー馬、サンデーサイレンス系×ミスプロ系という構成からして芝2000m前後が適正距離かなと。

スタミナ面から持久力を問われると大阪杯3着があったように分が悪いですが、スローペースになればその切れ味が物を言いそうな血統構成ですね。

[ad]

レイデオロ牡5

キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
2001年度産
主な勝ち鞍:
04’ 東京優駿
Kingmambo
(Mr. Prospector系)
Mr. Prospector
Miesque
マンファス
(Northern Dancer系)
Last Tycoon
Pilot Bird
ラドラーダ
(Roberto系)
2006年度産
シンボリクリスエス
(Roberto系)
Kris S.
Tee Kay
レディブロンド
(Mr. Prospector系)
Seeking the Gold
Wind In Her Hair

良血馬に輪をかけたような良血馬。

母は、芝1400m~1600mでJRA4勝を挙げ、全弟のレイエンダは、エプソムカップ優勝など活躍中。

叔父には帝王賞を勝ったゴルドブリッツがおり、祖母の半弟には、G1・7勝馬のディープインパクトがいます。

一族から見れば、スタミナとスピードを持った中距離が得意な血統ですが、スタミナも豊富で牝馬系血統から推測すれば、長距離でこそ、その血筋が躍動するような背景を持っています。

また、クラシックディスタンスにも強い血統背景ですから東京芝2400mは一番合う舞台かもしれませんね。

ユーキャンスマイル牡3

キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
2001年度産
主な勝ち鞍:
04’ 東京優駿
Kingmambo
(Mr. Prospector系)
Mr. Prospector
Miesque
マンファス
(Northern Dancer系)
Last Tycoon
Pilot Bird
ムードインディゴ
(サンデーサイレンス系)
2005年度産
主な勝ち鞍:
09’ 府中牝馬S
ダンスインザダーク
(サンデーサイレンス系)
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
リープフォージョイ
(Native Dancer系)
Sharpo
Humble Pie

ここの牝系が凄すぎて説明するのに時間がかかりそうですが、簡単に説明すると、母は府中牝馬S勝ち馬で秋華賞2着に叔母は、オークス2着のチャペルコンサート。

血統は完全に中長距離向きで持久力がありパワー型の血統。

一瞬の切れ味はないものの、長距離であれば、なかなかバテにくいのが一族の傾向から見てもわかりますね。

日本では、G1ウイナーが出ていないだけにG1好走止まりが多い血統というのが気になりますが、それでもこの血統なら好走してもおかしくないかなと考えています。

[ad]

カレンブーケドール牝3

ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
2002年度産
主な勝ち鞍:
06’ 有馬記念
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア
(Lyphard系)
Alzao
Burghclere
ソラリア
(Storm Bird系)
2010年度産
Scat Daddy
(Storm Bird系)
Johannesburg
Love Style
So Linda
(Mr. Prospector系)
Seeker’s Reward
So Posh

ラブズオンリーユーを狙っていた私にとっては、オークス2着だったカレンブーケドールが現時点では一番気になる馬かなと。

母はチリのエルダービー(芝2400m)などG1を3勝をしていますが、牝系からはこれ以上の活躍馬は出ていない状況。

母のスタミナに父ディープインパクトの切れ味が混ざったことでその末脚長い走りが構築されたようなもので、ここに来てもその切れ味は、健在かなと。

ただ、過去5年のデータ的が、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系[1-1-0-17]と苦戦傾向にありますからこのあたりは、血統データを取るのか?過去総合データを取るのか?の2択になりそうですね。

エタリオウ牡4

ステイゴールド
(サンデーサイレンス系)
1994年度産
主な勝ち鞍:
01’ 日経新春杯
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ
(Fine Top系)
デイクタス
ダイナサツシユ
ホットチャチャ
(Storm Bird系)
2006年度産
Cactus Ridge
(Storm Bird系)
Hennessy
Double Park
Reduced Sentence
(Himyar系)
Broad Brush
Long Term

最強の1勝馬と言われてから4歳もこれが最後のレースになりつつあるエタリオウ。

母は米G1クイーンエリザベス2世チャレンジカップ(芝1800m)を優勝も、近親にこれ以上の活躍馬がおらず、言ってしまえば、連続2着だった結果も頷けるかなと。

それでも父ステイゴールドですから成長力を加味すれば、このあとの活躍が見込めるはず。

父譲りの走りは、長距離戦でジリジリと脚を伸ばし最後までバテない走りが特徴。

そうなるとスローペースでも先行しながらの走りになり、後方からでは届かないパターンも。また、母の父ノーザンダンサー系の種牡馬は[0-1-0-22]と凡走。

これからの成長力に期待したい1頭ですね。

[ad]

ムイトオブリガード牡5

ルーラーシップ
(Mr. Prospector系)
2007年度産
主な勝ち鞍:
12’ AJCC
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ
(Grey Sovereign系)
トニービン
ダイナカール
ピサノグラフ
(サンデーサイレンス系)
2002年度産
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
Halo
Wishing Well
シンコウラブリイ
(Nijinsky系)
Caerleon
Happy Trails

祖母は、マイルCSなど重賞6勝を挙げた名牝。母は、JRA4勝に叔父は、目黒記念2着など重賞戦線で活躍したトレジャーなど。

一族の戦績や走りからして広いコースが絶対的に合うのは確かで、逆に言えば、4大馬場以外は、凡走が多くなりやすいのが特徴。

スタミナも豊富で昨年のジャパンカップ2着と似たような血統もプラス。

ただし、過去データから言えば、重賞2勝以上が無いと厳しい結果になりやすいレースですから、この馬も血統を取るのか?過去データを取るのか?の2択になりますね。

【単複競馬】MOSTYCORRECT無料メールマガジンのご案内

【単複競馬】MOSTYCORRECTでは、無料メールマガジンを配信しております。

予想内容は、中央競馬の厳選単複予想です。

参考予想として5月1日の厳選単複予想を紹介しますと、

福島11R福島放送賞/ラストヌードル3着
東京9R秩父特別/クインズサン3着
的中率100%
回収率128%

サイトで公開している予想記事から自信のある予想をメルマガで紹介したり、サイトで公開していない予想をメルマガ限定の厳選単複予想として紹介しています。

夏競馬期間中は、3着以内軸馬推奨馬を公開しています。

JRAの予想は、レース当日のお昼12時までの配信です。

また、その他、有益な情報を不定期で配信しています。

只今、足立裕二の無料メルマガにご登録して頂くと、期間限定で「重賞レースで単勝1番人気の信頼度を簡単に見抜く方法」をプレゼントしています。

※メール内の件名には『足立祐二』の名前で送らせて頂いています。

無料メールマガジンはいつでも配信解除が出来ます。
配信解除をご希望の場合は、メルマガ内に配信解除フォームを設置しております。また、以下の配信解除フォームからも簡単に配信解除が出来ます。
おすすめの記事