ジャパンカップ2019予想オッズや出走予定馬や騎手・とっておきの注目馬や穴馬を紹介

ジャパンカップ2019の予想オッズや出走予定馬。枠順や騎手、とっておきの注目馬や穴馬を紹介します。また1週間前追い切りも評価付きで紹介!(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)

今年は、昨年の優勝馬アーモンドアイが香港Cに出走することが濃厚となり、菊花賞2019優勝馬ワールドプレミアや、先日豪コックスプレートを優勝したリスグラシュー、皐月賞馬サートゥルナーリアなども有馬記念に出走予定ということ。

さらにジャパンカップが開催されて初の招待外国馬が不出走ということで、今年のジャパンカップは、寂しいメンンバーになりそうだという話しがネットで出回っていますが

個人的には、それだけ美味しい配当にありつけるチャンスですから、それはそれで良いかなと思っているんですけどね。

ある意味、楽しみな1戦です。

ジャパンカップ2019関連記事

ジャパンカップ2019予想オッズや過去データ/展開予想なら断然5歳牡馬が狙い目
ジャパンカップ2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予想などを紹介していきます。(2019年11月24日東京競馬場/第39回ジャパンカップ3歳以上オープンG1芝2400m)脚質の並びから最高の枠に入った5歳牡馬。昨年のリベンジ
ジャパンカップ2019消去法データ推奨馬/今年も3歳4歳優勢の消去法結果
ジャパンカップ2019の消去法データ推奨馬を紹介します(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)今年も昨年同様に3歳4歳馬が優勢の消去法データ。そこに古馬が3着の椅子を狙うが今年も牝馬が活躍
ジャパンカップ2019血統分析/近年はタフなコース・長距離もこなす血統が優勢
ジャパンカップ2019出走各馬の血統分析やジャパンカップに最も適している血統背景馬を紹介します。(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)スピードやスタミナ、持久性やパワーといった総合的な材料すべてが必要とされる東京芝2400m。過去5年の結果を見てもそれは顕著に現れており、近4年ではラスト1ハロンが12秒台とかなりタフな馬場となっていることがわかります。

ジャパンカップ2019出走予定馬や騎手

ウインテンダネス57.0/田辺
エタリオウ57.0/横山典弘
カレンブーケドール53.0/津村明秀
ジナンボー57.0/
シュヴァルグラン57.0/Cスミヨン
スワーヴリチャード57.0/Oマーフィー
タイセイトレイル57.0/Mデムーロ
ダイワキャグニー57.0/内田博幸
ダンビュライト57.0/松若風馬
マカヒキ57.0/武豊
ムイトオブリガード57.0C/ルメール
ユーキャンスマイル57.0/岩田康誠
ラヴズオンリーユー53.0/
ルックトゥワイス57.0/Lデットーリ
レイデオロ57.0/Wビュイック
ワグネリアン57.0/川田

ジャパンカップ2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 カレンブーケドール 牝3 53.0 津村 明秀
2 2 ワグネリアン 牡4 57.0 川田 将雅
2 3 ウインテンダネス 牡6 57.0 田辺 裕信
3 4 ムイトオブリガード 牡5 57.0 C.ルメール
3 5 スワーヴリチャード 牡5 57.0 O.マーフィー
4 6 ユーキャンスマイル 牡4 57.0 岩田 康誠
4 7 ダイワキャグニー 牡5 57.0 石橋 脩
5 8 レイデオロ 牡5 57.0 W.ビュイック
5 9 ルックトゥワイス 牡6 57.0 L.デットーリ
6 10 ダンビュライト 牡5 57.0 松若 風馬
6 11 シュヴァルグラン 牡7 57.0 C.スミヨン
7 12 タイセイトレイル 牡4 57.0 M.デムーロ
7 13 エタリオウ 牡4 57.0 横山 典弘
8 14 マカヒキ 牡6 57.0 武 豊
8 15 ジナンボー 牡4 57.0 R.ムーア

ジャパンカップ2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

ジャパンカップ2019とっておきの注目馬3頭

まず始めに過去10年の優勝馬と単勝人気を確認すると、

ジャパンカップ優勝馬と人気

  • 2009年 1番人気 ウオッカ
  • 2010年 4番人気 ローズキングダム
  • 2011年 2番人気 ブエナビスタ
  • 2012年 3番人気 ジェンティルドンナ
  • 2013年 1番人気 ジェンティルドンナ
  • 2014年 4番人気 エピファネイア
  • 2015年 4番人気 ショウナンパンドラ
  • 2016年 1番人気 キタサンブラック
  • 2017年 5番人気 シュヴァルグラン
  • 2018年 1番人気 アーモンドアイ

優勝馬は単勝5番人気以内となっている点。

個人的には、メンバーが例年に比べると弱いと言われていようがこの傾向は変わらないかなと。

さらに優勝馬は、前走6番人気以下だった馬は[0-3-2-46]というデータを踏まえると、おのずと狙い馬は浮かび上がってくるかなと。

予想オッズ上位5頭は、

  1. ワグネリアン
  2. ユーキャンスマイル
  3. レイデオロ
  4. ラヴズオンリーユー
  5. スワーブリチャード
  6. カレンブーケドール

たぶん、スワーブリチャードが6番人気でカレンブーケドールが5番人気以内に入るかなと。

そして前走単勝5番人気以内だった馬が

  1. ワグネリアン
  2. レイデオロ
  3. ラヴズオンリーユー
  4. スワーブリチャード
  5. カレンブーケドール

以上5頭になります。

そして、ここからとっておきの注目馬を3頭紹介しますね。

レイデオロ牡5

調教師/藤沢 和雄(美浦)
馬主/有限会社 キャロットファーム
生産者/産地/ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金8億8155万0000円
通算成績15戦7勝[7-2-1-5] 主な勝鞍18’天皇賞(秋)
父キングカメハメハ
母ラドラーダ

↓17年ジャパンカップ・白い帽子2番

一昨年のジャパンカップ優勝馬で昨年の天皇賞秋1着馬が予想オッズ単勝3番人気の5.7倍と言う時点で「いやいや、舐められたもんやね」というのが第一印象です。

これまでのレイデオロの負ける要因が「気難しい面」だったことを踏まえると、今年は特に前走オールカマーは、テン乗りの福永騎手が位置取りで手間取った分、スムーズに競馬が出来ずに凡走。

そう考えると気難しい面があるために広い東京コースで上がり勝負なら好走してきたという点も頷ける話しです。

今年は、Wビュイック騎手が騎乗。2018年の東京コースの成績が[1-4-1-7]ですから問題なく周って来ると思います。

休養明けから一度叩いた前走から間隔はあきましたが狙い目十分ですね。

ラヴズオンリーユー牝3:回避見込み

調教師/矢作 芳人(栗東)
馬主/DMMドリームクラブ 株式会社
生産者/産地/ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金/1億9949万5000円
通算成績/5戦4勝[4-0-1-0] 主な勝鞍/19’優駿牝馬
父ディープインパクト
母ラヴズオンリーミー

↓オークス・オレンジの帽子13番ラヴズオンリーユー


競馬予想の中でそこまで意識していなかった「格」というものを最近は意識するようになってきて、なんて言うんですかね?

例えば、前走同条件で同タイムの2頭が次のレースでまた走った場合、展開理論でどちらかを選ぶことになりますが、あるところから理論どうこうの話しではない説明のつかない「安心感」というのが一方の馬に出てきます。

それが俗に言う「格」というものなのかなと。

それまで強いという認識のなかったラヴズオンリーユーの前走エリザベス女王杯でその格というものに触れた感覚で、言って見ればその格だけで3着に入ったとうなレース見えました。

エリザベス女王杯は、休養明け初戦にスタートが良すぎたための先行で、ラップ的に動きたくても動けない状況の中、クロコスミアのペースに合わせてしまった。

本来ならその時点で失速してもおかしくない位置取りでしたが3着を確保したあたりは、オークス馬は伊達ではないという証拠。

そして何よりもオークスで出した2:22:8は、かなり速いタイムで上がりも最速。

今回中1週ということで実際に出走してくるかどうかもわかりませんが、出走してくれば、この馬も勝ち負けに入ると思います。

カレンブーケドール牝3

調教師/国枝 栄(美浦)
馬主/鈴木 隆司
生産者/産地/社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金1億3593万5000円
通算成績8戦2勝[2-3-2-1] 主な勝鞍19’スイートピーS
父ディープインパクト
母ソラリア

↓秋華賞・青い帽子4番カレンブーケドール

ラヴズオンリーユーが注目馬になるならこのカレンブーケドールも間違いなく走って来る逸材。

上がり3F勝負になると分が悪く思われがちですがこれまでの戦績から言えば、上がり4位5位を繰り出してきた同馬ですからそこまで切れ負けするような馬ではないかなと。

息の長い脚が魅力的な同馬ですがオークスや秋華賞の走りを見る限り、展開ひとつで引き離す競馬も出来そうかなと。

そして前走秋華賞がハイペースの中でも最後まで伸びてきたあたり、ラヴズオンリーユーとのワンツーも十分にあり得る話しだと思います。

ジャパンカップ2019穴注目馬

外国招待馬が0頭ということで何やら「ざわざわ」していますが、そんなことにはお構い無しで、的中馬券をゲット出来るように今から準備をしていきたいところですね。

タイセイトレイル牡4

調教師/矢作 芳人(栗東)
馬主/田中 成奉
生産者/産地/ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金/1億0738万6000円
通算成績/20戦4勝[4-4-4-8] 主な勝鞍/19’グリーンステークス
父ハーツクライ
母マザーウェル

↓アルゼンチン共和国杯・黒い帽子2番

重賞未勝利以前にオープンクラスで1勝すらしていないタイセイトレイルですが前走アルゼンチン共和国はなかなかの競馬。

4角通過の時点で「届かないか。」と思っていましたが直線に向くと前ががら空きの状況を迷わず進み、最後まで粘り強い走りでした。

上がり3Fもそこまでかな?と思っていましたが上がり最速33.5で上がっていましたから地味ながら強かったなと。

アルゼンチン共和国は、2:31:7で2着でしたがタイムも歴代に比べれば好タイムで最後まで伸び切る走りは重賞未勝利馬でも魅力たっぷりですね。

現在、騎手が決定していない状況ですがリーディング10位までの騎手が乗ってくれるなら本当に面白い存在になると思います。追記:Mデムーロ騎手が騎乗予定

ジャパンカップ2019中間追い切り

エタリオウ

栗東P 併せ遅れ
77.2-63.3-49.8-37.2-12.1

ポリトラックで意識的に時計を出す。

3頭併せの最内で、
横山典騎手のムチに
しっかりとこたえて素早く反応。

鞍上との息も合っており
操縦性も良化した。

カレンブーケドール

美浦坂路 併せ先着
52.1-37.8-24.6-12.3

前走が馬なり中心の調教から
今回は、3頭併せで前走より攻めの調教。

それでも気迫や状態の良さは
前走が上のように見えますので
最終追いきりを確認してからになるでしょうか。

ジナンボー

美浦南W 併せ遅れ
82.0-66.3-51.4-37.5-12.4

併せの内側を馬なりから強めに追う。

追い切りで負荷をかけた内容でも最後まで走り抜き
見た目以上に気迫のあった内容。

状態は良さそうです。

シュヴァルグラン

栗東P 併せ先着
77.6-63.8-50.1-37.5-12.2

豪華3頭併せの中、一番イマイチだったかなと。

馬なりから強めに追いましたが
手応えが感じられないように見えただけに
最終追い切りが重要。

年齢的なものがあるかもしれませんね。

スワーヴリチャード

栗東坂路 併せ先着
52.0-37.7-23.912.0

併せ馬なりから強めに追うことで
良い時のスワーブリチャードに
戻ってきた感じの走り。

追い出してからの反応も良く
12.0が物語るように状態は良さそうです。

タイセイトレイル

栗東坂路 単走
64.1-45.8-29.5-14.1

間隔が詰まっていることで
馬なりでリラックスさせるような走り。

時計を見ればまだまだな状態も
最終追い切りでどこまで持ってこれるか鍵。

ダイワキャグニー

美浦南W 併せ同入
68.6-53.3-39.5-12.5

併せの外から馬なりで12.5。

走りじたいはスムーズなフォームで
走り抜き、状態は良さそう。

最終追い切りでどこまでこの状態を
維持出来るかがポイントでしょう。

ダンビュライト

栗東坂路 併せ遅れ
52.3-38.1-24.7-12.3

マカヒキ

栗東P 併せ先着
77.9-64.0-50.3-37.7-12.1

ユーキャンスマイル

栗東CW 併せ遅れ
95.9-79.1-64.0-49.9-37.3-13.0

ルックトゥワイス

栗東坂路 単走
54.7-38.8-25.7-13.0

レイデオロ

美浦南W 併せ遅れ
84.4-68.1-53.6-39.3-13.4

序盤は行きたがるところを見せるが、
落ち着かせると折り合いはスムーズ。

直線ハミをかけてからの反応も良く、
走りっぷりの豪快さを取り戻した。

前走以上内容は確か。

ワグネリアン

栗東CW 単走
82.5-65.9-51.1-37.0-12.0

藤岡康太騎手(レースは川田将雅騎手)を背に
ウッドで単走。

全体にスムーズな走りで
ラストも鞍上の体重移動だけでスンナリと
速力を上げて伸びてくる。

引き続き高い状態を維持している。

競馬本!展開理論を覚えるなら迷わずおすすめ出来るベスト3

【1位】競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

展開理論を覚えたい方にはおすすめの良書です。
特に注目したいのは「馬場と展開についての解説」と「データの見方の解説」の2点。
スローペースになるか、ハイペースになるかを出走表から予測するための解説がされており、初心者でも何度か練習をすれば展開予測が出来るはずです。

また、「データの見方の解説」に至っては、◯◯距離+コースなら回収率100%を越えるといったデータのみの公開は一般的に良く見られる情報ですが、それが正しいかどうかの見方についても解説しているのが他の競馬本とは一線を画する内容です。

展開理論で予想をして、その馬が展開予測通りに走り1着でゴールする。
競馬予想の醍醐味を十分に楽しめる。そんな1冊に仕上がっています。

【2位】馬券術_人間の条件—「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」

私が展開理論で競馬予想をするきっかけとなった伝説の競馬書籍です。

競馬予想をする上で、馬主と厩舎の関係。騎手と馬主との関係。厩舎と騎手との関係といった「人」を見た予想は、ごく当たり前になっていますが20年前までは「人」を見た競馬予想は確立されていませんでした。
そういった時代に突如現れたのが「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」という予想。

当時の競馬予想に革命的な理論を叩き出し、一躍その「人を見る競馬理論」が一世を風靡しました。
内容は当時のデータなどを掲載しながらの解説になっていますので現在は使えないですが、その理論は今なお健在。
私もこの1冊に出会ってから的中率や回収率が飛躍的に伸びたのを今でも鮮明に記憶しています。
中古でしか手に入らないですが一読価値は十分にあります。

【3位】1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

競走馬は、コースや距離によって好走出来るタイプが異なってきます。その異なる部分を見極めるためには何をどうすれば良いのか?という所にフォーカスし「血統と馬体を見れば特徴が分かる」という独自の観点を解説した内容です。
「距離短縮」で走るのか?「距離延長」で走るのか?などを種牡馬別に具体的に例題を出しながら解説しています。
作者である双馬毅が某キャッシングの5万円を原資に馬券生活をスタートし、わずか数年で1000万単位で勝つまでになった双馬毅の核となる理論。
主要種牡馬&クセの強い種牡馬だけをピックアップした、最も馬券に直結する種牡馬事典と言っても過言ではありません

タイトルとURLをコピーしました