ジャパンカップ2019の予想オッズや出走予定馬。枠順や騎手、とっておきの注目馬や穴馬を紹介します。また1週間前追い切りも評価付きで紹介!(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)

今年は、昨年の優勝馬アーモンドアイが香港Cに出走することが濃厚となり、菊花賞2019優勝馬ワールドプレミアや、先日豪コックスプレートを優勝したリスグラシュー、皐月賞馬サートゥルナーリアなども有馬記念に出走予定ということ。

さらにジャパンカップが開催されて初の招待外国馬が不出走ということで、今年のジャパンカップは、寂しいメンンバーになりそうだという話しがネットで出回っていますが

個人的には、それだけ美味しい配当にありつけるチャンスですから、それはそれで良いかなと思っているんですけどね。

ある意味、楽しみな1戦です。

8月は土日毎週どちらか的中!好調の無料情報
やりました!支笏湖特別で無料情報がまた当たり
━━━━━━━━━━
◎8月30日(日)支笏湖特別
3連複1-2-6/28.2倍
1点500円/5000円投資
1万4100円獲得
回収率282%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

◆高配当連発の無料情報
8/23小倉8R:316.4倍
→回収率1758%
8/16札幌6R:40.3倍
→回収率1008%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

■これまでの無料情報的中・回収率
8/23小倉08R 1758%
8/15新潟04R 353%
8/16札幌06R 1008%
8/08札幌03R 713%
8/01札幌09R 335%
7/26新潟09R 183%
7/25新潟08R 515%
7/19新潟09R 822%
7/05函館10R 628%
6/28東京06R 1160%
6/27阪神10R 123%
6/21東京06R 302%
6/20阪神05R 868%
6/13函館07R 1267%
6/06阪神06R 680%
5/30東京08R 333%
5/31東京04R 138%

今週の無料情報はオールカマーです!

ここの無料予想は本当に良く当たります。

8月は毎週土日のどちらかは的中。5月からの無料情報の回収率平均が500%を越えていますので、レース選定や軸馬選定、穴馬選定までが上手いのは確かです。

もちろん「競馬に絶対的中する!」といった予想は無いのですが、その絶対に限りなく近づいていると感じる買い目になっていますので、無料情報が公開されると、本当に心踊るというか、小躍りするというか。

良く当たる無料情報。試す価値は十分にあります。

無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。

ジャパンカップ2019関連記事

ジャパンカップ2019出走予定馬や騎手

ウインテンダネス57.0/田辺
エタリオウ57.0/横山典弘
カレンブーケドール53.0/津村明秀
ジナンボー57.0/
シュヴァルグラン57.0/Cスミヨン
スワーヴリチャード57.0/Oマーフィー
タイセイトレイル57.0/Mデムーロ
ダイワキャグニー57.0/内田博幸
ダンビュライト57.0/松若風馬
マカヒキ57.0/武豊
ムイトオブリガード57.0C/ルメール
ユーキャンスマイル57.0/岩田康誠
ラヴズオンリーユー53.0/
ルックトゥワイス57.0/Lデットーリ
レイデオロ57.0/Wビュイック
ワグネリアン57.0/川田

【無料情報】9月19日~21日3日間で23万5200円獲得

◎3日間3連勝の無料情報
9月19日20日21日の3日間で23万5200円獲得

●21日(月)中山12R
3連単77.2倍◎3万1680円獲得
●20日(日)中山3R
3連単106.4倍◎19万1520円獲得
●19日(土)中京5R
3連単30倍◎1万2000円獲得

実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

夏競馬無料情報結果

この3日間の無料情報が連続的中。
3連単2点で万馬券106.4倍的中にはマジで痺れました。

ココの無料情報の買い目には
資金分配が記載されており、

本線2点と高配当から人気までを押さえた買い目に分けての提供。

また、3連単フォーメーションですから、
馬単や馬連にも応用が利きます。

しかも、3連単本線2点情報が激アツですから、ライトユーザーにも参考にしやすい無料情報です。

無料メールアドレス登録で即買い目が確認出来ます。

ジャパンカップ2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 カレンブーケドール 牝3 53.0 津村 明秀
2 2 ワグネリアン 牡4 57.0 川田 将雅
2 3 ウインテンダネス 牡6 57.0 田辺 裕信
3 4 ムイトオブリガード 牡5 57.0 C.ルメール
3 5 スワーヴリチャード 牡5 57.0 O.マーフィー
4 6 ユーキャンスマイル 牡4 57.0 岩田 康誠
4 7 ダイワキャグニー 牡5 57.0 石橋 脩
5 8 レイデオロ 牡5 57.0 W.ビュイック
5 9 ルックトゥワイス 牡6 57.0 L.デットーリ
6 10 ダンビュライト 牡5 57.0 松若 風馬
6 11 シュヴァルグラン 牡7 57.0 C.スミヨン
7 12 タイセイトレイル 牡4 57.0 M.デムーロ
7 13 エタリオウ 牡4 57.0 横山 典弘
8 14 マカヒキ 牡6 57.0 武 豊
8 15 ジナンボー 牡4 57.0 R.ムーア
[ad]

ジャパンカップ2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

ジャパンカップ2019とっておきの注目馬3頭

まず始めに過去10年の優勝馬と単勝人気を確認すると、

ジャパンカップ優勝馬と人気

  • 2009年 1番人気 ウオッカ
  • 2010年 4番人気 ローズキングダム
  • 2011年 2番人気 ブエナビスタ
  • 2012年 3番人気 ジェンティルドンナ
  • 2013年 1番人気 ジェンティルドンナ
  • 2014年 4番人気 エピファネイア
  • 2015年 4番人気 ショウナンパンドラ
  • 2016年 1番人気 キタサンブラック
  • 2017年 5番人気 シュヴァルグラン
  • 2018年 1番人気 アーモンドアイ

優勝馬は単勝5番人気以内となっている点。

個人的には、メンバーが例年に比べると弱いと言われていようがこの傾向は変わらないかなと。

さらに優勝馬は、前走6番人気以下だった馬は[0-3-2-46]というデータを踏まえると、おのずと狙い馬は浮かび上がってくるかなと。

予想オッズ上位5頭は、

  1. ワグネリアン
  2. ユーキャンスマイル
  3. レイデオロ
  4. ラヴズオンリーユー
  5. スワーブリチャード
  6. カレンブーケドール

たぶん、スワーブリチャードが6番人気でカレンブーケドールが5番人気以内に入るかなと。

そして前走単勝5番人気以内だった馬が

  1. ワグネリアン
  2. レイデオロ
  3. ラヴズオンリーユー
  4. スワーブリチャード
  5. カレンブーケドール

以上5頭になります。

そして、ここからとっておきの注目馬を3頭紹介しますね。

レイデオロ牡5

調教師/藤沢 和雄(美浦)
馬主/有限会社 キャロットファーム
生産者/産地/ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金8億8155万0000円
通算成績15戦7勝[7-2-1-5] 主な勝鞍18'天皇賞(秋)
父キングカメハメハ
母ラドラーダ

↓17年ジャパンカップ・白い帽子2番

一昨年のジャパンカップ優勝馬で昨年の天皇賞秋1着馬が予想オッズ単勝3番人気の5.7倍と言う時点で「いやいや、舐められたもんやね」というのが第一印象です。

これまでのレイデオロの負ける要因が「気難しい面」だったことを踏まえると、今年は特に前走オールカマーは、テン乗りの福永騎手が位置取りで手間取った分、スムーズに競馬が出来ずに凡走。

そう考えると気難しい面があるために広い東京コースで上がり勝負なら好走してきたという点も頷ける話しです。

今年は、Wビュイック騎手が騎乗。2018年の東京コースの成績が[1-4-1-7]ですから問題なく周って来ると思います。

休養明けから一度叩いた前走から間隔はあきましたが狙い目十分ですね。

[ad]

ラヴズオンリーユー牝3:回避見込み

調教師/矢作 芳人(栗東)
馬主/DMMドリームクラブ 株式会社
生産者/産地/ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金/1億9949万5000円
通算成績/5戦4勝[4-0-1-0] 主な勝鞍/19'優駿牝馬
父ディープインパクト
母ラヴズオンリーミー

↓オークス・オレンジの帽子13番ラヴズオンリーユー


競馬予想の中でそこまで意識していなかった「格」というものを最近は意識するようになってきて、なんて言うんですかね?

例えば、前走同条件で同タイムの2頭が次のレースでまた走った場合、展開理論でどちらかを選ぶことになりますが、あるところから理論どうこうの話しではない説明のつかない「安心感」というのが一方の馬に出てきます。

それが俗に言う「格」というものなのかなと。

それまで強いという認識のなかったラヴズオンリーユーの前走エリザベス女王杯でその格というものに触れた感覚で、言って見ればその格だけで3着に入ったとうなレース見えました。

エリザベス女王杯は、休養明け初戦にスタートが良すぎたための先行で、ラップ的に動きたくても動けない状況の中、クロコスミアのペースに合わせてしまった。

本来ならその時点で失速してもおかしくない位置取りでしたが3着を確保したあたりは、オークス馬は伊達ではないという証拠。

そして何よりもオークスで出した2:22:8は、かなり速いタイムで上がりも最速。

今回中1週ということで実際に出走してくるかどうかもわかりませんが、出走してくれば、この馬も勝ち負けに入ると思います。

[ad]

カレンブーケドール牝3

調教師/国枝 栄(美浦)
馬主/鈴木 隆司
生産者/産地/社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金1億3593万5000円
通算成績8戦2勝[2-3-2-1] 主な勝鞍19'スイートピーS
父ディープインパクト
母ソラリア

↓秋華賞・青い帽子4番カレンブーケドール

ラヴズオンリーユーが注目馬になるならこのカレンブーケドールも間違いなく走って来る逸材。

上がり3F勝負になると分が悪く思われがちですがこれまでの戦績から言えば、上がり4位5位を繰り出してきた同馬ですからそこまで切れ負けするような馬ではないかなと。

息の長い脚が魅力的な同馬ですがオークスや秋華賞の走りを見る限り、展開ひとつで引き離す競馬も出来そうかなと。

そして前走秋華賞がハイペースの中でも最後まで伸びてきたあたり、ラヴズオンリーユーとのワンツーも十分にあり得る話しだと思います。

[ad]

ジャパンカップ2019穴注目馬

外国招待馬が0頭ということで何やら「ざわざわ」していますが、そんなことにはお構い無しで、的中馬券をゲット出来るように今から準備をしていきたいところですね。

タイセイトレイル牡4

調教師/矢作 芳人(栗東)
馬主/田中 成奉
生産者/産地/ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金/1億0738万6000円
通算成績/20戦4勝[4-4-4-8] 主な勝鞍/19'グリーンステークス
父ハーツクライ
母マザーウェル

↓アルゼンチン共和国杯・黒い帽子2番

重賞未勝利以前にオープンクラスで1勝すらしていないタイセイトレイルですが前走アルゼンチン共和国はなかなかの競馬。

4角通過の時点で「届かないか。」と思っていましたが直線に向くと前ががら空きの状況を迷わず進み、最後まで粘り強い走りでした。

上がり3Fもそこまでかな?と思っていましたが上がり最速33.5で上がっていましたから地味ながら強かったなと。

アルゼンチン共和国は、2:31:7で2着でしたがタイムも歴代に比べれば好タイムで最後まで伸び切る走りは重賞未勝利馬でも魅力たっぷりですね。

現在、騎手が決定していない状況ですがリーディング10位までの騎手が乗ってくれるなら本当に面白い存在になると思います。追記:Mデムーロ騎手が騎乗予定

[ad]

ジャパンカップ2019中間追い切り

エタリオウ

栗東P 併せ遅れ
77.2-63.3-49.8-37.2-12.1

ポリトラックで意識的に時計を出す。

3頭併せの最内で、
横山典騎手のムチに
しっかりとこたえて素早く反応。

鞍上との息も合っており
操縦性も良化した。

カレンブーケドール

美浦坂路 併せ先着
52.1-37.8-24.6-12.3

前走が馬なり中心の調教から
今回は、3頭併せで前走より攻めの調教。

それでも気迫や状態の良さは
前走が上のように見えますので
最終追いきりを確認してからになるでしょうか。

ジナンボー

美浦南W 併せ遅れ
82.0-66.3-51.4-37.5-12.4

併せの内側を馬なりから強めに追う。

追い切りで負荷をかけた内容でも最後まで走り抜き
見た目以上に気迫のあった内容。

状態は良さそうです。

シュヴァルグラン

栗東P 併せ先着
77.6-63.8-50.1-37.5-12.2

豪華3頭併せの中、一番イマイチだったかなと。

馬なりから強めに追いましたが
手応えが感じられないように見えただけに
最終追い切りが重要。

年齢的なものがあるかもしれませんね。

スワーヴリチャード

栗東坂路 併せ先着
52.0-37.7-23.912.0

併せ馬なりから強めに追うことで
良い時のスワーブリチャードに
戻ってきた感じの走り。

追い出してからの反応も良く
12.0が物語るように状態は良さそうです。

タイセイトレイル

栗東坂路 単走
64.1-45.8-29.5-14.1

間隔が詰まっていることで
馬なりでリラックスさせるような走り。

時計を見ればまだまだな状態も
最終追い切りでどこまで持ってこれるか鍵。

ダイワキャグニー

美浦南W 併せ同入
68.6-53.3-39.5-12.5

併せの外から馬なりで12.5。

走りじたいはスムーズなフォームで
走り抜き、状態は良さそう。

最終追い切りでどこまでこの状態を
維持出来るかがポイントでしょう。

ダンビュライト

栗東坂路 併せ遅れ
52.3-38.1-24.7-12.3

マカヒキ

栗東P 併せ先着
77.9-64.0-50.3-37.7-12.1

ユーキャンスマイル

栗東CW 併せ遅れ
95.9-79.1-64.0-49.9-37.3-13.0

ルックトゥワイス

栗東坂路 単走
54.7-38.8-25.7-13.0

レイデオロ

美浦南W 併せ遅れ
84.4-68.1-53.6-39.3-13.4

序盤は行きたがるところを見せるが、
落ち着かせると折り合いはスムーズ。

直線ハミをかけてからの反応も良く、
走りっぷりの豪快さを取り戻した。

前走以上内容は確か。

ワグネリアン

栗東CW 単走
82.5-65.9-51.1-37.0-12.0

藤岡康太騎手(レースは川田将雅騎手)を背に
ウッドで単走。

全体にスムーズな走りで
ラストも鞍上の体重移動だけでスンナリと
速力を上げて伸びてくる。

引き続き高い状態を維持している。

競馬本!展開理論を覚えるなら迷わずおすすめ出来るベスト3

[rank id=1]
おすすめの記事