JBCスプリント2019出走予定馬や騎手!予想オッズや注目馬考察

JBCスプリント2019の出走予定馬や騎手、枠順や予想オッズを中心に注目馬考察なども紹介していきます。(2019年11月4日振月/浦和競馬場/第19回JBCスプリント/3歳以上オープンjpn1/ダート1,400m左回り)

今年のJBCスプリントは、初の浦和競馬場で開催されます。JBCスプリントは毎年違う競馬場で行われ昨年は京都競馬場で開催されました。

JBCスプリント2019の注目馬といえば何と言っても藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキング。

藤田菜七子騎手は、年間&第3回新潟競馬のリーディングを獲得。JRA女性騎手の競馬場別開催リーディングは史上初の快挙ですから本当に凄いですし今なら乗れている騎手ベスト5には入るかなと。

そんなコパノキッキングと藤田菜七子騎手の枠順はすでに発表されており、7枠10番。外枠に入ったことでスタートしてからの位置取りが気になるところです。

今年のJBCスプリントは本当に楽しみなメンバーが揃いそうで、中央からはファンタジストにミスターメロディの2頭。そしてノブワイルド。

個人的にはノブワイルドの出方次第では、コパノキッキングの優勝は無いと見ていますので今からソワソワしっぱなしですね。

それでは各注目馬の考察を紹介していきます。

JBCスプリント2019出走予定馬や騎手

JRA所属馬
(栗東)コパノキッキング/騙馬4/藤田菜七子
(栗東)サクセスエナジー/牡5/松山弘平
(栗東)ノボバカラ/牡7/藤本現暉
(栗東)ファンタジスト/牡3/武豊
(栗東)ミスターメロディ/牡4/福永祐一

地方所属馬
(浦和)ジョーストリクトリ/牡5/
(大井)ショコラブラン/牡7/吉原寛人
(浦和)ドリームドルチェ/牡7/
(大井)トロヴァオ/牡6/
(浦和)ノブワイルド/牡7/
(浦和)ブルドッグボス/牡7/
(北海道)メイショウアイアン/牡9/森泰斗

JBCスプリント2019枠順

1-1 ミスターメロディ(牡4、福永祐一・藤原英昭)
2-2 ノブワイルド(牡7、左海誠二・小久保智)
3-3 ショコラブラン(牡7、吉原寛人・藤田輝信)
4-4 サクセスエナジー(牡5、松山弘平・北出成人)
5-5 ブルドッグボス(牡7、御神本訓史・小久保智)
5-6 ドリームドルチェ(牡7、戸崎圭太・小久保智)
6-7 トロヴァオ(牡6、矢野貴之・荒山勝徳)
6-8 ファンタジスト(牡3、武豊・梅田智之)
7-9 ジョーストリクトリ(牡5、橋本直哉・小久保智)
7-10 コパノキッキング(セ4、藤田菜七子・村山明)
8-11 メイショウアイアン(牡9、森泰斗・田中淳司)
8-12 ノボバカラ(牡7、藤本現暉・森秀行)

ノブワイルドが好枠2枠2番でハナをスムーズに取れる形。

人気上位馬コパノキッキングは7枠10番で逃げでも差しでも両方行ける枠。このあたりは展開予測が難しくなる部分。

初ダートのファンタジストが6枠は、本来であれば問題ない枠でも初ダートで砂を被ると嫌がる可能性もあるだけに外枠が良かったかなと。

全体的に見て一番良い枠に入ったように思えるのは、ノブワイルドとサクセスエナジーの2頭。

コパノキッキング騎乗の藤田菜七子騎手が控える競馬を選択すれば、思わぬ配当が釣れる可能性も十分にある枠順ですね。

JBCクラシック2019予想/JBCスプリント2019予想/JBCレディスクラシック2019予想

JBCスプリント2019予想や過去データ傾向/力がまったく違う次世代ダート王を狙う
JBCスプリント2019の予想や過去データ傾向を紹介していきます。(2019年11月4日振月/浦和競馬場/第19回JBCスプリント/3歳以上オープンjpn1/ダート1,400m左回り)今回ほど脚質の並びで結果が左右されそうなレースは無いかなと。
JBCクラシック2019予想!4角先頭で後続馬を引き離すチュウワウィザードが狙い目
JBCクラシック2019の予想や過去データ傾向を紹介していきます。(2019年11月4日振月/浦和競馬場/第19回JBCクラシック/3歳以上オープンjpn1/ダート2,000m左回り)最終的にこの2頭のうちから1頭の単勝予想を紹介していますが、予想の組み立て方のヒントは、ダイオライト記念の走りにありました。
JBCクラシック2019出走予定馬や騎手!予想オッズや注目馬考察
JBCクラシックス2019の出走予定馬や騎手、枠順や予想オッズを中心に注目馬考察なども紹介していきます。(2019年11月4日振月/浦和競馬場/第16回JBCクラシック/3歳以上オープンjpn1/ダート2,000m左回り)今年のJBCクラシックは、初の浦和競馬場で開催されます。JBCクラシックは毎年違う競馬場で行われ昨年は京都競馬場で開催されました。
JBCスプリント2019出走予定馬や騎手!予想オッズや注目馬考察
JBCスプリント2019の出走予定馬や騎手、枠順や予想オッズを中心に注目馬考察なども紹介していきます。(2019年11月4日振月/浦和競馬場/第19回JBCスプリント/3歳以上オープンjpn1/ダート1,400m左回り)
JBCレディスクラシック2019出走予定馬や騎手!予想オッズや注目馬考察
JBCレディスクラシック2019の出走予定馬や騎手を中心に予想オッズや注目馬考察なども紹介していきます。(2019年11月4日振月/浦和競馬場/第19回JBCレディスクラシック/3歳以上牝馬オープンjpn1/ダート1,400m左回り)JBCレディスクラシックは、JBCクラシックやJBCスプリントと違ってJRA所属牝馬ダート路線組にとっては、貴重なダート牝馬限定jpn1。
JBCクラシック2019過去10年データ傾向や成績・新しくなった浦和コースを解説!
JBCクラシックス2019の過去10年のデータ傾向を分析し紹介していきます。(2019年11月4日振月/浦和競馬場/第16回JBCクラシック/3歳以上オープンjpn1/ダート2,000m左回り)過去データから特に重要なデータと推奨馬を紹介!

JBCスプリント2019出走予定注目馬考察

コパノキッキング騙馬4歳

調教師/村山 明(栗東)
馬主/小林 祥晃
生産者/産地Reiley McDonald/米
中央獲得賞金1億5937万2000円
通算成績13戦8勝[8-2-1-2] 主な勝鞍19’東京盃
父Spring At Last
母Celadon

↓東京盃・黒い帽子2番がコパノキッキングです

イメージで言えば、交流重賞を何度も走っているイメージが強いですが意外と地方出走は3レースのみ。それでも地方交流重賞でここまで高い注目を集めているのは藤田菜七子騎手の存在も大きいでしょうね。

前走東京盃は完璧な騎乗。スタートして果敢にハナを奪いに行き後は息を入れながらの逃亡劇。これまでの差し脚から逃げた藤田騎手も凄いですがそれに応えたコパノキッキングの素直な気性には敬意すら覚えましたね。(元は逃げ馬だったとしてもです)

今回は小回り浦和競馬場ですから差し届かずは十分に考えられますので逃げる可能性は高いです。しかし、逃げで強力な馬ノブワイルドがいますのでどこまでいけるか?

さらに窮屈だった3コーナー付近の改修工事を済ませたコースですから高速馬場も想像出来ますので息を入れるポイントがなく、逃げ先行争いが激化すれば「差し届く」シーンもあるかもしれません。

そして距離。根岸Sを優勝した騎手コメントでは1400mは長いということでしたから、1ハロン伸びるここをどういった騎乗をするのか?このあたりも不安になってきます。

これまで大井2戦、盛岡1戦を消化した感じから見て、厩舎も騎手も浦和コースは難題コースになると思っています。

ファンタジスト牡3歳

調教師/梅田 智之(栗東)
馬主/廣崎 利洋
生産者/産地/Shall Farm/日高町
中央獲得賞金/1億3438万7000円
通算成績/10戦3勝[3-2-0-5] 主な勝鞍/18’京王杯2歳ステークス
父ロードカナロア
母ディープインアスク

↓セントウルS・黄色い帽子6番がファンタジストです

いよいよダートに矛先を向けてきたファンタジスト。

これまで、体型や血統から見てスプリント色が強いと思ってきた馬だけに北九州記念では走ってくるだろうなと思っていましたが結果は14着と大敗。

休養明け初戦に初のスプリントですから戸惑いかあったかもしれません。そして次走セントウルS。ここではタワーオブロンドンからコンマ5秒離されましたがしっかりと2着を確保。やはりスプリントが合うんだなと確信したレースでした。

で、ダートが初出走だけど大丈夫なのか?ですよね。

ファンタジストの母系が米国血統で完全にダート筋。その血筋は米ダート重賞を勝利する近親がほどですからここでも十分に対応が出来るはず。

というか、ダートでこそのファンタジストだと思います。

3歳の夏までであれば能力の差で芝でも結果を残してこれましたがひと夏を越した3歳となるとその成長力はケタが違ってきますから能力のあるファンタジストでも分が悪くのは当然。

今回も4番手以内を追走する競馬になると思いますが距離さえ適応出来れば、上位馬を喰ってしまうことは十分可能だと思います。

ミスターメロディ牡4歳

調教師/藤原 英昭(栗東)
馬主/グリーンフィールズ 株式会社
生産者/産地Bell Tower Thoroughbreds/米
中央獲得賞金2億3734万3000円
通算成績12戦4勝[4-3-0-5] 主な勝鞍19’高松宮記念
父Scat Daddy
母Trusty Lady

↓高松宮記念・黒い帽子3番がミスターメロディです

これまで、この血統で良く芝のG1を勝てたなとそっちのほうが驚きですが。

新馬戦だった東京ダート1300mを1:17.4で2着馬に1.3秒差をつけて圧勝。逃げて上がり3F1位ですから、これだけでその能力の高さはわかります。

前走スプリンターズステークスは完全に力と血統の部分が出ようなレースで悲観するどころかこれでダートに出走するメドがたったと思いますので個人的には良かったかなと。

1400mは芝になりますが重賞実績も十分で距離も心配いらない状態。

最終的には仕上がり具合がどの程度になるのか?気になるのはこの1点ですね。

ノブワイルド

調教師/小久保智(浦和)
馬主/前田亘輝
生産者/産地/城地清満/日高町
中央獲得賞金890万円地方1億573万
通算成績29戦12勝[12-3-1-14] 主な勝鞍19’テレ玉杯オーバルスプリント
父ヴァーミリアン
母コウエイベスト

↓オーバルスプリント・黒い帽子2番がノブワイルドです

前走テレ玉杯オーバルスプリントは昨年に続き優勝と2連覇を達成。やはり地元は走ってきますしそのスピードも大したもの。

JBCスプリントに出走予定をしているJRA所属馬、ノボバカラ、サクセスエナジー、ブルドックボスにコンマ7秒差以上をつけて圧勝していますのでライバルにはやはりJRA上位3頭になります。

ノブワイルドの1400mダートは浦和で6勝を挙げているのを考えれば、地元開催はプラス材料になることは間違いない。

あとはノブワイルドがハナを主張するのかどうか?これでこのレースの行方が決まってしまいますので枠順と脚質の並びはしっかりとチェックしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました