競馬ニュース

JBCクラシック2019過去10年データ傾向や成績・新しくなった浦和コースを解説!

JBCクラシックス2019の過去10年のデータ傾向を分析し紹介していきます。(2019年11月4日振月/浦和競馬場/第16回JBCクラシック/3歳以上オープンjpn1/ダート2,000m左回り)

念願のJBC浦和競馬開催に個人的にも嬉しく、本当に楽しみな3戦です。その中でもJBCクラシックは、クラシックディスタンスである2000mでのレース。

浦和コースの改修工事も完了し、不利と言われていたコーナー付近もスムーズに競馬がおこなえるため各馬の力が出し切れるコースになったかなと。

その中でも過去データは非常に重要ですから結果からデータ推奨馬まで紹介していきます。

京都大賞典的中情報!マカヒキ軸からズドーン!

京都大賞典は、まさかの9番人気から流して
ヒートオンビート2人気を軽視。
大外なら買い目にいれない!みたいな展開予測で180,510円的中!

スプリンターズSは 、
1番人気ダノンスマッシュ買い目にいれず。
ダノンスマッシュも外の方。
でもマカヒキからはいくとはお見事すぎです!

今週ステラヴェローチェは一列目なのか?!
そして朗報は菊花賞無料情報もあり!

◎無料予想戦績抜粋◎
鳴尾記念     8901%
阿武隈ステークス 10550%
越後ステークス  4689%
レパードステークス1604%
北九州記念    810%
新潟記念     2838%
キーンランドカップ6535%
※3連複BOX10点500円推奨

新サイト無料予想
6~9月・24レースの検証結果がこちら↓↓
払戻計2,466,100円/収支計+2,346,100円
(無料予想・集計表の画像)

無料情報が有料情報級なんです!

今週は、菊花賞の無料買い目を公開!

こちらからご確認ください↓↓
菊花賞2021予想はこちら
↑から無料メルマガ登録
確認メールきたらクリックしてログイン。
前日夜買い目は絶対見ておいてください(激推奨)

JBCクラシック浦和コース解説

JBC浦和開催ということで大幅な改修工事が施された浦和競馬場。

JBC浦和開催をおこなうために11頭から12頭へ増枠するための拡幅改修工事。そして一番ネックとなっていた3コーナー付近。

ここは事故が多発していた箇所であり騎手からも度々クレームが出ていましたが、今回の改修工事でスムーズにコーナーを回れるようになったようです。

これで問題は解決したみたいですが今度はその改修工事後の傾向が変わったという部分の説明をしていきますね。

浦和2000mコース解説

2コーナーからスタートして最初のコーナーが3コーナーですから以前であれば、ここで急ブレーキがかかるようなコース形態でした。

なおかつコーナーを6回通過するコースですから3コーナーを回るたびに急に狭くなり、息の入りやすいコースだったのがスムーズに競馬が進むことで「高速馬場」になりやすくなってきています。

これまで逃げ先行馬が有利なコースでしたが差し馬も決まるようになってきており、一概に逃げ先行馬有利とはいかなくなってきています。

ただし、浦和コース自体の特徴である「減速と加速を繰り返すコース」には変わっていないだけに騎手の手腕と折り合い、気性面での素直さがポイントになってきます。

[ad]

JBCクラシック過去10年データ傾向

年齢・性別・所属

性別・年齢・所属 1着 2着 3着
3歳 0 1 0
4歳 2 2 1
5歳 3 3 1
6歳 3 1 5
7歳 2 3 2
8歳 0 0 1
JRA 10 9 10
地方 0 1 0
牡馬・セン馬 10 10 10
牝馬 0 0 0

5歳6歳7歳が強く、近5年は、4歳5歳6歳7歳5歳が勝利。

JRA組がダントツの結果ですから地方所属馬には厳しいレース。

牡馬絶対有利な状況です。

人気傾向

人気 1着 2着 3着
1番人気 3 2 3
2番人気 1 4 1
3番人気 3 3 2
4番人気 2 1 0
5番人気 1 0 2
6番人気以降 0 0 2

単勝1番人気と3番人気の数字が良く狙うなら単勝3番人気まで。

単勝平均530円・馬連平均960円

[ad]

前走レース別

前走レース 1着 2着 3着
日本TV盃 6 6 2
帝王賞 2 0 2
マイルC南部杯 1 2 0
東海S 1 0 0
シリウスS 0 1 3

前走クラス別

前走クラス 1着 2着 3着
G1 0 0 1
G2 1 0 0
G3 0 1 4
Jpn1 3 2 2
Jpn2 6 7 2
Jpn3 0 0 1

前走距離別

前走距離 1着 2着 3着
ダ1600m 1 2 0
ダ1700m 0 0 1
ダ1800m 6 6 2
ダ1900m 1 0 0
ダ2000m 2 2 6
ダ2100m 0 0 1
[ad]

前走の人気別

前走の人気 1着 2着 3着
前走1番人気 8 5 2
前走2番人気 0 3 3
前走3番人気 2 1 4
前走4番人気 0 1 0
前走5番人気 0 0 0

前走単勝1番人気が8勝とダントツの結果。今年もこの傾向は変わらない可能性が大きいですが、1着には前走3番人気も絡んでいますので目安は、単勝3番人気まで。

前走の着順別

前走着順 1着 2着 3着
前走1着 4 8 3
前走2着 3 0 1
前走3着 2 2 2
前走4着 0 0 0
前走5着 0 0 2
前走6着以下 1 0 2

ここでも前走1着馬はダントツの成績。巻き返しを期待したい前走4着以下はイマイチで近走調子の良い馬が中心。

[ad]

無料予想で勝ちたい人!菊花賞~天皇賞秋おすすめ
昨年から追いかけてますが・・・
クラシック戦線は現在5戦4勝!
そして天皇賞も現在3連勝中です♪
━━━━━━━━━━━━━━
【無料予想】菊花賞2020年
着順3-9-10(1,4,5人気)的中
3連複38.1倍×600円
獲得額:22,860円
回収率:423%
点数上手く絞り高回収率です!
━━━━━━━━━━━━━━
◎実際に無料で配信された買い目

天皇賞も現在3連勝中です!
・天皇賞春2020→67,500円/回収率1350%
・天皇賞秋2020→5,760円/回収率107%
・天皇賞春2021→6,120円/回収率128%

◎実際に無料で配信された買い目

樋口一葉1人が福沢諭吉3人に変わる瞬間は快感♪
先週のスプリンターズSはお見事でしたね!
軸馬選び&穴馬入れ込みが絶妙に上手なので
秋のG1戦線…勝ちたい人だけ見てください!

今週は菊花賞の無料買い目を公開!

こちらからご確認ください↓↓
今週の無料買い目はコチラ

JBC過去データ傾向で特に重要なデータ詳細

  1. 連対全20頭が単勝5番人気以内での決着
  2. 勝ち馬全10頭を含む連対19頭がJRA所属組(栗東16・美浦3)
  3. 連対14頭がG1勝ち馬。残る6頭にはダート重賞勝ちがあり、うち2頭は重賞2勝以上
  4. 連対馬20頭の前走がダートのG1かG2で、うち9頭はそこで1着
  5. 前走4角4番手以内が優秀

データ推奨馬

チュウワウィザード

調教師/大久保 龍志(栗東)
馬主/中西 忍
生産者/産地/ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金/1億2066万1000円
通算成績/12戦7勝[7-3-2-0] 主な勝鞍/19’ダイオライト記念
父キングカメハメハ
母チュウワブロッサム

どこまで3着内率100%を維持するのか?これまで12戦7勝[7-3-2-0]という結果ですから本当に強いというか安定感抜群のチュウワウィザードですね。

左回りは[2-1-1-0]と問題無く、先行~差しと脚質の幅もあります。個人的には中京東海Sの走りがここで再現される形になると思っています。

そうなるとこの馬の単独的なレースになるかなと。

期待したいですね。

[ad] [insert page=’jbcsiri-zu2019′ display=’content’]

【競馬単複】LINE限定『期待値の高い馬』公開中
サイトや無料メルマガでは、
過去データや展開予測での予想を公開していますが、

LINE限定公開では、
独自指数を朝オッズで照らし合わせた中から、
特に期待値の高い馬をLINEで公開しています。

基本的に日曜限定となっていますが、
期待値の高い馬が該当すれば、地方競馬なども公開しています。

友だち追加はこちら↓↓

馬単が良く当たる無料予想・キーランドカップで67200円獲得!

重賞&メイン無料予想~連勝中はココです↓
────────────────────────
直近無料公開買い目結果
セントウルS    8900円
札幌二歳S     14700円
キーンランドカップ67200円
札幌記念      10000円
稲妻ステークス   20200円
函館二歳S     35400円
エプソムカップ   89360円

9/15川崎1R 150200円獲得
8/04大井2R 109500円獲得
7/08川崎3R 276900円
的中率もいいですが 月1馬単跳ねまくります!
─────────────────
中央は重賞もOKですが 土曜からいいんです!
ケフェウスステークス 65600円獲得
最近圧巻は・・難解キーンランドカップ
67200円獲得はガチでした!!
気になる方は前夜無料公開なのでまずは買い目をチェック↓
平日地方厳選公開あり!

今週の無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

↑無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます!
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。