ジャパンカップ2019消去法データ推奨馬/今年も3歳4歳優勢の消去法結果

ジャパンカップ2019の消去法データ推奨馬を紹介します。(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)

海外招待馬が0頭と言うことで何やらざわざわしていますが、出走騎手を見ると欧州トップの面々がズラッと揃い、意外とジャパンカップの果たすべき役割が継続しているように思います。

今年は、出走馬も物足りないといった「ざわざわ感」が目立ちますが、競馬ファンと馬券ファンの認識の違いだけであって、いざスタートしてゴールをしてしまえば、気持ちはチャンピンオンズカップに向いているはず。

で、この記事では、ジャパンカップ2019の過去データ推奨馬と消去法データ推奨馬の2種類に加え過去単勝オッズを参考に穴推奨馬を紹介しています。

過去データ推奨馬は、私の考えが入った推奨馬で消去法データ推奨馬は、そのままの結果を紹介しています。

ジャパンカップ2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 カレンブーケドール 牝3 53.0 津村 明秀
2 2 ワグネリアン 牡4 57.0 川田 将雅
2 3 ウインテンダネス 牡6 57.0 田辺 裕信
3 4 ムイトオブリガード 牡5 57.0 C.ルメール
3 5 スワーヴリチャード 牡5 57.0 O.マーフィー
4 6 ユーキャンスマイル 牡4 57.0 岩田 康誠
4 7 ダイワキャグニー 牡5 57.0 石橋 脩
5 8 レイデオロ 牡5 57.0 W.ビュイック
5 9 ルックトゥワイス 牡6 57.0 L.デットーリ
6 10 ダンビュライト 牡5 57.0 松若 風馬
6 11 シュヴァルグラン 牡7 57.0 C.スミヨン
7 12 タイセイトレイル 牡4 57.0 M.デムーロ
7 13 エタリオウ 牡4 57.0 横山 典弘
8 14 マカヒキ 牡6 57.0 武 豊
8 15 ジナンボー 牡4 57.0 R.ムーア

ジャパンカップ2019最終予想や血統分析

ジャパンカップ2019予想オッズや過去データ/展開予想なら断然5歳牡馬が狙い目
ジャパンカップ2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予想などを紹介していきます。(2019年11月24日東京競馬場/第39回ジャパンカップ3歳以上オープンG1芝2400m)脚質の並びから最高の枠に入った5歳牡馬。昨年のリベンジ
ジャパンカップ2019血統分析/近年はタフなコース・長距離もこなす血統が優勢
ジャパンカップ2019出走各馬の血統分析やジャパンカップに最も適している血統背景馬を紹介します。(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)スピードやスタミナ、持久性やパワーといった総合的な材料すべてが必要とされる東京芝2400m。過去5年の結果を見てもそれは顕著に現れており、近4年ではラスト1ハロンが12秒台とかなりタフな馬場となっていることがわかります。

京阪杯2019出走予定馬や消去法データ推奨馬

京阪杯2019消去法データ推奨馬/G1で2着が光る結果も面白いのがライトオンキュー
京阪杯2019の消去法データ推奨馬を予想して紹介していきます。(2019年11月24日京都競馬場/第64回京阪杯3歳以上オープンG3芝1200m)過去10年の連対馬20頭の内、重賞優勝経験のあった馬は3頭という結果。この結果と比例するように単勝1番人気が[2-2-0-6]勝率20%連対率40%3着内率40%と苦戦。変わって4番人気~12番人気で6勝を挙げるなど荒れたレースになりやすいのが京阪杯です。今年も荒れるレースになるのかどうか?消去法データでそのあたりを探ってみたいと思います。
京阪杯2019予想オッズや出走予定馬!注目馬や穴馬/先行力を活かせる高齢馬が狙い目
京阪杯2019の予想オッズや出走予定馬、注目馬や穴馬を紹介していきます。(2019年11月24日京都競馬場/第64回京阪杯3歳以上オープンG3芝1200m)穴党にはとっておきのレースのような京阪杯。今年は特に高齢馬を狙ってみたいと思います

ジャパンカップ2019消去法

人気 着別度数 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-2-2-2 40.0% 60.0% 80.0%
2番人気 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
3番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
4番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
5番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
6番人気 0-1-3-6 0.0% 10.0% 40.0%
7番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
8番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気以下 0-0-2-88 0.0% 0.0% 2.2%
枠番 着別度数 勝率 連対率 3着内率
1枠 4-2-3-10 21.1% 31.6% 47.4%
2枠 1-0-1-17 5.3% 5.3% 10.5%
3枠 2-1-2-15 10.0% 15.0% 25.0%
4枠 1-0-0-19 5.0% 5.0% 5.0%
5枠 0-3-0-17 0.0% 15.0% 15.0%
6枠 0-1-0-19 0.0% 5.0% 5.0%
7枠 1-0-3-20 4.2% 4.2% 16.7%
8枠 1-3-1-23 3.6% 14.3% 17.9%
条件 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
3歳 3 2 2 20 11.1 18.5 25.9
4歳 4 3 2 40 8.2 14.3 18.4
5歳 3 4 4 34 6.7 15.6 24.4
6歳 0 0 0 25 0 0 0
7歳 0 0 2 11 0 0 15.4
8歳 0 0 0 9 0 0 0
美浦 1 1 2 34 2.6 5.3 10.5
栗東 9 8 8 64 10.1 19.1 28.1
その他 0 0 0 41 0 0 0
牡・セ 4-8-9-125 2.7% 8.2% 14.4% 40.0% 70.0%
6-2-1-15 25.0% 33.3% 37.5% 60.0% 30.0%
枠順
条件 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1 4 2 3 10 21.1 31.6 47.4
2 1 0 1 17 5.3 5.3 10.5
3 2 1 2 15 10 15 25
4 1 0 0 19 5 5 5
5 0 3 0 17 0 15 15
6 0 1 0 19 0 5 5
7 1 0 3 20 4.2 4.2 16.7
8 1 2 1 22 3.8 11.5 15.4
脚質・上り 着別度数 勝率 連対率 3着率
逃げ 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
先行 4-1-3-28 11.1% 13.9% 22.2%
中団 5-5-4-61 6.7% 13.3% 18.7%
後方 0-2-2-43 0.0% 4.3% 8.5%
前走レース 着別度数 勝率 連対率 3着率
天皇賞秋 5-5-7-44 8.2% 16.4% 27.9%
京都大賞典 2-1-0-13 12.5% 18.8% 18.8%
秋華賞 2-0-1-2 40.0% 40.0% 60.0%
菊花賞 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
凱旋門 0-2-1-7 0.0% 20.0% 30.0%
エリザベス 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
神戸新聞杯 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
アルゼンチ 0-0-1-13 0.0% 0.0% 7.1%
その他 0-0-0-53 0.0% 0.0% 0.0%
前走距離 着別度数 勝率 連対率 3着内率
同距離 2-4-1-45 3.8% 11.5% 13.5%
今回延長 7-6-8-67 8.0% 14.8% 23.9%
今回短縮 1-0-1-28 3.3% 3.3% 6.7%
前走着順 着別度数 勝率 連対率 3着内率
前走1着 3-3-5-24 8.6% 17.1% 31.4%
前走2着 2-1-0-25 7.1% 10.7% 10.7%
前走3着 2-1-1-7 18.2% 27.3% 36.4%
前走4着 2-2-0-14 11.1% 22.2% 22.2%
前走5着 0-1-0-12 0.0% 7.7% 7.7%

ジャパンカップ2019消去法データ

  1. 単勝30倍以上~は連対無し[0-0-0-96]
  2. 単勝10番人気以下は3着2回[0-0-2-78]
  3. 6歳以上は3着2回[0-0-2-45]
  4. 牝馬[6-2-1-15]G1好走馬に限る
  5. 関東馬・関東所属騎手
  6. 1枠[4-2-3-10]3枠[2-1-2-15]8枠[1-3-1-23]
  7. 前走負け1.0秒以上[0-0-3-42]
  8. 前走10着以下[0-1-2-26]
  9. 中10週以上[0-0-0-11]
  10. 中3週以内[0-1-1-30]

消去法データ推奨

ワグネリアン
スワーブリチャード
ユーキャンスマイル
レイデオロ

総合的なデータ推奨馬

◎本命ワグネリアン

勝ち馬9頭を含めた連対馬16頭がG1優勝経験馬で、前走天皇賞秋からのレースであれば、最連対10頭と他レースを圧倒している点。

そして前走天皇賞秋に出走して5着以内の4歳は[2-3-0-6]。さらに国内G1勝ちに絞れば[2-3-0-1]と好走。

着外となった1頭も4着と惜しいレースだったことを踏まえると、本命はワグネリアン。

◯対抗カレンブーケドール

前走国内G1組の3歳牝馬が[2-1-1-3]と好走。同5着以内に限れば[2-1-1-1]と活躍をしており関東所属3歳馬が2年連続連対している点もプラス材料。

カレンブーケドールの場合、消去法で行けば、関東馬・関東所属騎手[0-0-1-18]と苦戦傾向ですがその他のデータが良いので◯扱いにしています。

▲スワーブリチャード
△ユーキャンスマイル
×シュヴァルグラン

ジャパンカップ2019消去法穴馬考察

過去10年の単勝1番人気の成績が[4-2-2-2]連対率60%に対して3着内率が80%と一応の支持を裏切らない結果となっていますが、単勝1番人気が牝馬の場合[3-1-0-2]で牡馬が[1-1-2-0]と牡馬がやや有利な状況です。

単勝2番人気は、[1-2-2-5]連対率30%で3着内率50%。3番人気は[1-1-0-8]連対率20%で3着内率20%。

数字を見れば、単勝2番人気が活躍する一方、3番人気は、2015年から3着以内にすら入っていない状況。

それなら過去5年で単勝4番人気[2-1-0-2]の4歳限定なら[2-1-0-0]。こちらを軸にするほうがオッズ的にも旨味があるかなと。

優勝馬10頭を含めた連対馬17頭が5番人気以内から出ていますが、2着馬3頭は、6番人気7番人気。その3頭共に前走G1に出走、すべて関西馬。そして重賞2勝以上を挙げていた点。

引用先:ネット競馬

予想オッズで話しを進めると、実オッズとの差を前後取ったとして、5番人気カレンブーケドールから8番人気エタリオウまでが対象馬。

そして、前走G1に出走していて重賞2勝以上は、シュヴァルグラン1頭のみ。

この1頭は紐でも押さえておかないといけない存在かなと。

その他、前走G1に出走して重賞2勝以上の関西馬を確認すると、

  1. スワーブリチャード
  2. マカヒキ
  3. ユーキャンスマイル
  4. ワグネリアン

の4頭。

ここに4歳馬を加味すると、

  1. ユーキャンスマイル
  2. ワグネリアン

の2頭が残る形。

やはり消去法でおこなった場合、実力や実績上位馬が絡んで来るのは致し方無いですが、それでもこのあたりで決まる可能性が大きいとなると馬券の買い方も考えないといけませんね。

まとめ

消去法で行くと、近年の傾向と過去10年の傾向を上手く取りれての結果ですから信頼性も強いほうかなと考えています。

特に4歳牡馬勢と3歳牝馬の3頭は要チェックでしょう。

消去法でおこなった場合、重賞未勝利馬の出番は無く、最低でも1勝以上はしておかないと厳しい結果になりやすいです。

穴馬も単勝7番人気までが想定範囲でそれを越えるとデータ消去法ではカバー出来ない領域になります。

過去データから推奨馬を選定する場合は、特に強いデータから入っていくのがおすすめ。データの入り方次第では、ゴール地点である推奨馬が変わってきますのでこのあたりは個人の考え方や感覚次第ですね。

タイトルとURLをコピーしました