ジュニアカップ2020予想/逃げ先行馬が揃ったここは好位中団の出番・狙い目は5枠

ジュニアカップ2020の予想を紹介します。(2020年1月6日中山競馬3歳オープンリステッド/芝1600m)

多頭数でも少頭数でも過去10年、単勝1番人気が[5-3-2-0]と3着内率100%の成績。さらに前走4着以内が好走しており前走東京・中山組が狙い目。

近走内容が良く当日単勝人気上位馬が馬券になりやすい比較的硬めのレースになりやすいのが特徴です。

今年の人気上位馬は、サクセッション、サクラトゥジュール、ドゥーベの3頭で、特に前走ひいらぎ組のサクラトゥジュールが狙い目中心になってきます。

それでは予想です。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

ジュニアカップ2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ミャゴラーレ 牡3 56.0 野中 悠太郎
2 2 ドゥーベ 牡3 56.0 北村 友一
2 3 カップッチョ 牡3 56.0 江田 照男
3 4 シコウ 牡3 56.0 木幡 巧也
3 5 ダリル 牡3 56.0 津村 明秀
4 6 サクセッション 牡3 56.0 O.マーフィー
4 7 ゼンノジャスタ 牡3 56.0 田中 健
5 8 ハーモニーマゼラン 牡3 56.0 大野 拓弥
5 9 サクラトゥジュール 牡3 56.0 石橋 脩
6 10 スリリングドリーム 牝3 54.0 丹内 祐次
6 11 アイスシェルフ 牡3 56.0 丸山 元気
7 12 ハニーリン 牝3 54.0 北村 宏司
7 13 デンタルバルーン 牝3 54.0 田辺 裕信
8 14 マイネルテナシャス 牡3 56.0 松岡 正海
8 15 ラッシュアップ 牡3 56.0 M.デムーロ

ペース予測

逃げ先行馬が揃ったことや、人気中心も逃げ先行ということでテンの入りからガツガツ行く形。

逃げ集団と先行集団。中団、後方と3分割のような縦長の展開になりミドルペース以上の競馬を想定。

3コーナー手前から馬群が凝縮しだし、4コーナーを回るあたりから逃げ集団の離脱が始まり、内ラチから横3列目以内は、ごちゃつく展開。

その中でも脚を溜めた好位先行~中団馬が抜け出す形の中、最後の最後で差し馬がG前を強襲出来るかどうかでゴール。

スポンサーリンク

ジュニアカップ2020予想

展開ひとつでガラッと着順が変わりそうな雰囲気のあるメンバーで、3歳オープンの15頭立てに加え、あの中山のコーナーですから4角から直線に向いての追い出しでごちゃつくのは目に見えているかなと。

そうなると差し馬でも横3列目以内を回った場合はほぼ厳しい結果で差すにしても外差しがメインになりますからよほどの展開の助けが必要。

また4角7番手以下から差して3着以内なった馬はすべて単勝3番人気以内だったことを考えると、狙うにしても実績を評価された人気差し馬のみ。

イメージとしては4角4番手~6番手以内を通過出来る位置取りをスタートから取れる馬。先行馬で中山の坂道を最後までしっかりと走れる、そんな実績がある馬を狙います。

本命◎:複勝

サクラトゥジュール

過去10年、前走東京・中山組が優秀な成績を残しており、近4年は必ず1頭以上が馬券に絡む活躍。

前走ひいらぎ賞は、単勝1番人気に支持されるも2着。

4コーナーでごちゃつく煽りを受けて追い出しが遅くなった部分や逃げ馬に上手く乗られた感じでの2着ですから悲観することもなく、上がり3F最速34.1も際立っていたかなと。

新馬戦が2000mだったことも影響してか、スタートからの行き脚が遅いですから少し心配ですが、今回はミドルペース以上を想定していますからかえって好都合かなと。

このあたりは、良いように解釈をしています。

前が飛ばすことによって、おのずと好位先行馬の出番になりやすく、5枠を引いたことで最後の直線に向くための一番良い位置取りは確保出来る見立て。

そして何よりもG前の坂道でもしっかりと脚を伸ばせていたことが今回の展開に活きてくると考えています。

期待したい1頭ですね。

◎サクラトゥジュール
◯シコウ
▲ゼンノジャスタ
△ラッシュアップ
×ハーモニーマゼラン

ワイド◎=◯▲△×4点

毎年硬めの決着となりやすいレースですが脚質からの展開を考えると、どうしても逃げ集団が買いづらく結果的に4角4番手以下が馬券になりそうで。

そうなると、おのずと人気薄に印がついてしまう予想になっています。

スポンサーリンク

万葉ステークス2020予想

万葉ステークス2020予想/トリッキーな騎手参戦でさらに期待高まる軽ハンデ馬を狙う

カーバンクルS2020最終予想

カーバンクルステークス2020予想/枠順的にスムーズにハナを取れそうな内枠は絶好

 

タイトルとURLをコピーしました