ジュライステークス2020予想や過去データ/

ジュライステークス2020の予想や過去データを紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・種牡馬・馬体重・前走・脚質・種牡馬)や、展開を予測して予想を組み立てています。

ジュライステークス2020レース概要

開催日 2020年7月18日(土)
開催場所 阪神競馬場
レース名 ジュライステークス(L)
条件 3歳以上オープン/別定
距離 ダート1800m・右回り
本賞金1着 2300万円

ジュライステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

ジュライステークス2020/1週間前推奨馬

8枠が有利とされる阪神ダート1800mですが、摩耶Sの過去成績を見れば、苦戦している点。

これは、阪神ダート1800m3勝クラス以上過去10年を見ても8枠は苦戦しており、過去データのほとんどが使えないジュライステークス2020に限れば強いデータになるのかなと。

登録メンバーの脚質を見る限り、スローペースでの競馬で、逃げ先行馬に展開が向きそうな中、当日の馬場状態では先行馬が有利になる展開を予測。

最終的には枠順発表後に展開を読みながらの予想を公開します。

枠順発表前の予想は、狙い馬を紹介します。

  1. ウインユニファイド
  2. オーヴェルニュ
  3. クリンチャー
  4. グレートタイム
  5. ゴルトマイスター
  6. マイネルユキツバキ

ジュライステークス2020予想

◎本命:単勝

クリンチャー

ダート未勝利でも、このメンバーならあっさりと勝ってもおかしくない近走内容かなと。

今回は8枠を引いたことで、徐々に上がって行き、4角では先頭から3馬身以内で最後の直線へ向かい、抜け出す競馬がハマるかなと。

あえて不安要素を上げるなら、ゴルトマイスター、オーヴェルニュの2頭が気持ちよく前を走った場合、詰めの甘いクリンチャーですから捕らえることが出来るかどうか。

前走三宮ステークスは、7番手からマクって2着。勝ち馬がヴェンジェンスだったことを考えれば負けて強しの内容。最後はダート実績が着順を分けたようなレースだったと思います。

今回は叩いた上積みも見込め、外から上がって行きやすい8枠。斤量58キロでもここはすんなりと勝って欲しいところです。

◎クリンチャー
○グレートタイム
▲ゴルトマイスター
△オーヴェルニュ

馬単◎=○▲△3点

[common_content id=”10677″]

ジュライステークス2020過去データ傾向分析

今年は阪神開催ということで、過去データは、3勝クラス摩耶Sを参考にしています。

枠順別成績

7枠[0-0-0-16]8枠[0-1-2-13]と苦戦しており、1枠~5枠までが好走。特に1枠は[2-1-2-8]3着内率38.5%と高い数字。

脚質別成績

逃げ馬の好走率は高いものの、全体的には先行~追い込みが中心。

1枠~5枠が好走していますが、脚質は先行~追い込みが中心。

血統・種牡馬別成績

キングカメハメハ産駒[4-0-0-6]と好走していますが、全体的にはサンデーサイレンス系が優秀。

馬体重データ

馬体重479キロ以下[1-0-0-28]と苦戦している一方で、馬体重480キロ以上の馬格がある馬が9勝と中心。

騎手データ

阪神ダート1800m3勝クラス以上過去10年

[common_content id=”9807″]
タイトルとURLをコピーしました