2019門松ステークス予想!極端な枠を活かす競馬が出来る2頭の逃げ脚

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019門松ステークスの予想を紹介します。京都1200mダートは、とにかくテンの入りが速い馬の活躍が目立つコース。今年の門松ステークスは1200ダート。1600万クラスまでなら、行ってしまえば何とかなるコースだけに普段、前に行かない馬も果敢に位置取りを求め、激化しやすいです。

人気の中心は、9番ヤマニンアンプリメ。これまで京都1200ダートの通算成績の悪い鮫島騎手が跨っても安定した成績。ここから、京都200ダートが得意の岩田騎手へ。

血統背景も◎。父が京都1200ダートでは、複勝率30%超えるほど、得意のコース。ヤマニンアンプリメの持ち時計は、1:11.4と平均を少し下回る程度。

距離良し、血統良し、騎手良しとなれば、現在の単勝2倍台は逆に美味しい配当かなと思いますが、枠順と脚質ですね。

岩田騎手が前を意識して逃げ、先行策に出るならまず、この馬で堅いと思います。ただ、近走の位置取りだと、抜けるのが困難な状況になる可能性が強いです。

最内と大外に強力な逃げ馬がいる以上、展開はこの2頭のペース。多少のオーバーペース気味でも、前は止まらないと思いますし、この2頭以外の先行馬は、そこまで多くない状況この頭数で、差す競馬が出来れば、それはそれで本物になりますが。

個人的に狙いたいのは、その最内と大外に強力な逃げ馬。

1番ゼンノサーベイヤー
12番スズカコーズライン

コースバイアスは、クラスが上がるに連れて外枠が優秀で特に逃げ馬が外枠に入った場合の複勝率は上位。

1番ゼンノサーベイヤー

このメンバーでは、持ちタイムが優秀の1:11.2。
3走前からルメール騎手が騎乗して逃げを覚えさすような走り。
2年前から1600万の壁が高く、なかなか勝ちきれない部分もありますが
前走で好タイムを出した枠順と同じ1枠1番。
スムーズに走れれば、今回は前回以上も見込めます。

12番スズカコーズライン

久々になる今走。それでも、実績面ではメンバートップクラス。
大外に入ったことで、逃げるには絶好枠。
スズカコーズラインも逃げることで成績が安定しだし、
前走1000万クラスも楽勝。
今回は格上になるんでしょうか。
それでも期待したい1頭ですね。

予想 単勝2点

1番ゼンノサーベイヤー
12番スズカコーズライン

以下、本日のJRA競馬予想記事の一覧です。

2019京都金杯予想!開幕週と内枠でグアンチャーレともう1頭の刺客

中山金杯2019予想!高齢馬で軽視されているなら狙い目のあの1頭

招福ステークス2019予想!最後まで諦めない騎手の内枠先行が魅力の1頭

カーバンクルS2019予想!前走から馬体良化のセン馬が狙い目!

タイトルとURLをコピーしました