無料情報・中山金杯回収率1525%!
今週は中山記念を無料公開します!

昨年は、有馬記念526%+ホープフルS158%ダブル的中となり、今年最初の重賞無料予想だった中山金杯で回収率1525%と中山重賞抜群にうまい無料情報です!

◎中山金杯
1着:09ヒシイグアス1人気
3着:16ウインイクシード11人気と穴もドンピシャ!
3連複12点900円→73,200円獲得
回収率1525%

中山金杯の無料買い目画像↓

◎中山巧者は去年からです
有馬記念 1着:09クロノジェネシス1人気
2着:14サラキア11人気を2列目に入れてました!
1-3-4人気と堅めのホープフルSもガミらずOK!
2レース合わせた獲得額&収支額は↓↓
37,080円獲得/+26,680円

■2020年G1無料情報実績
◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額277,890円
◎収支額169,490円
◎回収率256%

<<直近無料予想結果>>

春菜賞/3連複33.3倍
[払戻金]13,320円[回収率]278%
東雲賞/3連複10倍
[回収率]200%
クイーンC/3連複23.2倍
[払戻金]13,920円[回収率]258%

土曜+中山記念の無料買い目はコチラ↓↓

↑無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。

関東オークス2020予想や過去データ傾向分析/その血統が覚醒するオークスを見逃すな!

地方競馬最終予想

関東オークス2020の予想や過去データ傾向分析を紹介します。(2020年6月10日川崎競馬/第56回関東オークス【指定交流】JpnII3歳牝馬オープン/ダート2100m左回り)

過去10年、JRA組が15連対と活躍を見せる一方で、JRA組の3着以内独占は1回のみ。地方勢も3着以内に2頭入線した年もあり、地方所属馬も応戦している関東オークス。

また、JRA組で単勝1番人気が3着外になった年は3回あり、その内2回が3角3番手以内の先行馬だったと言うのが、個人的には興味深い過去データです。

今年は、前走UAEオークスで3着だったセランが人気を集めそうですが、セランも先行馬で、休養明け初戦ですから、ひと波乱あってもおかしくない見立て。

それでは、関東オークスの予想を紹介します。

東京新聞杯455.6倍・京都牝馬S133.9倍
2月無料情報ですでに万馬券的中が2本
今週は仁川S+中山記念を無料開放します!

2月はすでに重賞無料予想で万馬券2本的中と勢いあります。

◎2/20 阪神11R 京都牝馬S(G3)
着順:4-15-14(3-5-9人気)
3連複133.9倍×500円
[払戻金]66,950円[回収率]1339%

◎2/07 東京11R 東京新聞杯(G3)
着順:10-4-11(5-12-3人気)
3連複455.6倍×500円
[払戻金]227,800円[回収率]4556%

さらに先々週京都記念的中!回収率168%!
京都記念の無料買い目画像↓

厳選された5頭は本命2頭+穴3頭が主流ですから高配当狙いの買い目になりやすく、時に本命3頭+穴2頭なら京都記念のような堅い決着を想定。

今週は、仁川ステークス+中山記念の無料買い目公開

高配当が期待出来る買い目は、無料メルアド登録のみで即確認できます。

こちらからご確認ください↓↓

↑気になる方はまずは土曜日の無料情報を様子見してください。

関東オークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ミナミン 牝3 54 水野翔
2 2 ルイドフィーネ 牝3 54 笹川翼
3 3 ミリミリ 牝3 54 藤本現暉
3 4 バブルガムダンサー 牝3 54 今野忠成
4 5 コエミ 牝3 54 的場文男
4 6 ミステリーベルン 牝3 54 町田直希
5 7 レーヌブランシュ 牝3 54 松山弘平
5 8 ノラ 牝3 54 福原杏
6 9 セラン 牝3 54 武豊
6 10 アールクインダム 牝3 54 三浦皇成
7 11 アクアリーブル 牝3 54 矢野貴之
7 12 クリスティ 牝3 54 M.デムーロ
8 13 テーオーブルベリー 牝3 54 森泰斗
8 14 レイチェルウーズ 牝3 54 本田正重

関東オークス2020予想

◎本命:複勝

アクアリーブル

例えば、セランがJRAの強い牡馬と対等にやりあって来た内容や、海外遠征で3着と結果を出したとしても、母子制覇と南関東牝馬3冠が懸かるアクアリーブルに期待したくて仕方が無い感じで。

東京プリンセス賞も桜花賞も、単勝3番人気で1着と評価以上の走りで2冠を達成。残るは関東オークスのみとなりましたが、

これまでの2戦は先行力を活かした競馬で、特に前走東京プリンセス賞は、逃げ先行馬が揃った1戦でも、しっかりと最後まで脚を出しており、

関東オークスでもその先行力が決めてになるかなと。

昨年の関東オークス3着トーセンガーネットの東京プリンセス賞が1:55:6。重馬場だったアクアリーブルは1:54.4と、馬場状態でのタイム誤差はありますが、それでも好タイムなのは確か。

今回は、7枠を引いたことで、中団か、やや後ろの外めを追走。そこから徐々に位置取りを上げて、最終コーナーでは5番手以内を想定。

人気馬中心に逃げ先行馬が多数いますので、前の脚が止まる可能性も高い。そうなれば、好位追走のアクアリーブルに出番が回って来る形。

父パイロという部分が少し気になりますが、昨年の優勝馬ラインカリーナもパイロ産駒ですから、なんとか距離は持ってくれるかなといった見解です。

母子制覇を狙う血統が覚醒するレースを見たいですね。

◎アクアリーブル
○クリスティ
▲セラン
△レーヌブランシュ
△アールクインダム
×テーオーブルベリー
×レイチェルウーズ

馬連◎=○▲△△×6点
馬連○=▲△△3点

関東オークス2020過去データ傾向分析

過去データ傾向を分析した中で、特に重要なデータを紹介します。

  1. JRAが15連対(栗東6・美浦9)と好走
  2. JRA組の連対馬20頭中13頭が単勝4番人気以内
  3. 地方組は、昨年3着ギンガセブンが単勝10番人気で3着に好走していますが、基本は単勝8番人気以内まで
  4. 単勝1番人気[4-2-1-3]単勝2番人気[3-1-3-3]単勝3番人気[1-1-2-6]と好走しており、軸は人気馬から。単勝5番人気以下[1-4-4-80]と軽視出来ない存在ですから、紐荒れにも要注目
  5. 前走は重賞か、JRAのオープン特別が優秀で、今年は伏竜ステークス組レーヌブランシュが該当
  6. 地方組の前走は、東京プリンセス賞組が優秀で、1着馬が出走してきた場合、1着1回、3着2回の成績。今年は、アクアリーブルが該当
  7. 連対馬20頭中全頭が、2週目4角5番手以内を通過しており、先行力はもとより、道中である程度のいち取りまで上げられる脚が必要になるレース
タイトルとURLをコピーしました