柏の葉オープン2020の予想を紹介します。(2020年3月31日船橋競馬かしわ記念TR4歳以上オープン/ダート1600m)

かしわ記念の優先出走権が与えられる柏の葉オープン2020。今年もメンバーが揃い楽しみな1戦です。

人気の中心は、グリードパルフェ、 ベンテンコゾウの2頭。ベンテンコウゾウの船橋コースでの成績は軍を抜いており、連覇してもおかしくない状況も、

脚質の並びから、先行勢でのある程度のオーバースピードが最後の直線で脚を止める要因になりそうで。

ベンテンコウゾウけではなく、これは先行勢全体に言えることかなと。

予想の入り方は、展開から一番スムーズに競馬が出来そうな馬に本命。イメージとしては、先行1頭に差し2頭が馬券になる。そんな予想になっています。

8月は土日毎週どちらか的中!好調の無料情報
やりました!支笏湖特別で無料情報がまた当たり
━━━━━━━━━━
◎8月30日(日)支笏湖特別
3連複1-2-6/28.2倍
1点500円/5000円投資
1万4100円獲得
回収率282%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

◆高配当連発の無料情報
8/23小倉8R:316.4倍
→回収率1758%
8/16札幌6R:40.3倍
→回収率1008%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

■これまでの無料情報的中・回収率
8/23小倉08R 1758%
8/15新潟04R 353%
8/16札幌06R 1008%
8/08札幌03R 713%
8/01札幌09R 335%
7/26新潟09R 183%
7/25新潟08R 515%
7/19新潟09R 822%
7/05函館10R 628%
6/28東京06R 1160%
6/27阪神10R 123%
6/21東京06R 302%
6/20阪神05R 868%
6/13函館07R 1267%
6/06阪神06R 680%
5/30東京08R 333%
5/31東京04R 138%

今週の無料情報は【オールカマー】です!

ここの無料予想は本当に良く当たります。

8月は毎週土日のどちらかは的中。5月からの無料情報の回収率平均が500%を越えていますので、レース選定や軸馬選定、穴馬選定までが上手いのは確かです。

もちろん「競馬に絶対的中する!」といった予想は無いのですが、その絶対に限りなく近づいていると感じる買い目になっていますので、無料情報が公開されると、本当に心踊るというか、小躍りするというか。

良く当たる無料情報。試す価値は十分にあります。

無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。


柏の葉オープン2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 サダムリスペクト 牡8 56 真島大輔
2 2 グリードパルフェ 牡4 56 本橋孝太
3 3 ハクサンルドルフ 牡7 56 石崎駿
4 4 コパノチャーリー 牡8 56 笹川翼
4 5 プロトコル 牡9 56 酒井忍
5 6 アルタイル 牡8 56 矢野貴之
5 7 シュテルングランツ 牡9 57 藤田凌
6 8 ラブミークン 牡8 56 本田正重
6 9 ベンテンコゾウ 牡6 57 御神本訓史
7 10 トーセンデューク 牡9 57 張田昂
7 11 バンドオンザラン 牡6 57 町田直希
8 12 ワンパーセント 牡7 56 左海誠二
8 13 グレンツェント 牡7 58 森泰斗

柏の葉オープン2020予想

昨年の柏の葉オープンの本命はラブミークン。

◎2番ラブミークン3着
◯11番ベンテンコゾウ1着
▲4番ストロングハート5着
△7番ヒガシウィルウィン2着

逃げたラブミークンが粘る形で3着に好走。

今年はベンテンコウゾウと同枠の6枠を引いたことで昨年と同様か、2番手、3番手からレースをするかなと。ただ、スタート次第の馬ですから、ここの判断は難しいところ。

逃げたいのは、シュテルングランツも、テンの入りが遅いですから、交わされて1番サダムリスペクトか、コパノチャーリーが行く形。

たぶん、1枠1番を引いたサダムリスペクトはハナを叩かない限り、6枠~8枠に先行勢が偏っている関係から最後のコーナーで被される展開になり、追い出しが遅れる可能性もあるので、たぶん逃げるかなと。

そして番手集団にシュテルングランツやグリードパルフェ、ベンテンコウゾウの上位人気組が追走する形。

先行勢の揃った1戦でスローペースに落ち着くことは無く、逃げ3頭の出方次第では、ミドルペースからハイペースを想定。

スタートしてから最初のコーナーまでの距離が短いため、位置取り争いが激化するなら、少し後ろからの競馬がハマりそうかなと。

イメージとしては、先行馬1頭・差し馬2頭で決まりそうな1戦。

◎本命:複勝

グレンツェント

移籍してから大井重賞3連戦を使い、ある程度は地方の砂とスピードに慣れたかなといった感じで、今回の相手関係や、初船橋コース、そして大外8枠を引いたことすべてが上手く絡み合う競馬になるかなと。

移籍しての重賞初戦だったマイルグランプリは単勝2番人気で2着。その後のレース距離を見れば、マイルが一番合っている形で、特に差す競馬で上がり3F38.2は、なかなかの切れ味。

今回、逃げ先行勢が揃ったことで8枠でも横2列目の中団外目に付けることが出来、ストレスなくスムーズに追走出来そうなのもプラス。

前が飛ばす中、中団よりやや前に位置していたベンテンコウゾウを目標に最後の最後で差せる競馬が出来るかなと。

前走から叩き2戦目に加え、距離延長で追走も楽に。適正距離で脚も十分に使えそうですから期待出来る1頭です。

仮に内枠なら完全にアウトで中枠でも苦戦傾向。大外枠というのがこの馬には絶好のチャンスかなと考えています。

◎グレンツェント
◯ベンテンコウゾウ
▲ラブミークン
△サダムリスペクト
×コパノチャーリー
×ワンパーセント

馬連◎=◯▲△××5点

関連キーワード
おすすめの記事