カトレア賞2019予想オッズや過去データ/前走好内容!大外から差す人気薄を狙う

カトレア賞2019予想オッズや過去データ傾向、展開予想などを紹介します。(2019年11月23日東京競馬/カトレア賞2歳500万下/ダート1600m)

馬柱を見るだけでニヤニヤしてしまうのは完全に危ない人みたいになっていそうですが、それだけ競馬予想が好きなので仕方がないかなと。

時間の許す限り競馬予想をしていたい人なので、何なら馬券を買わなくても「よっしゃー!」とか言える人なので衛生的には問題ないと思っています。

ほんと、競馬は面白いです。

この時期の2歳500万は、貴重な番組でダート馬にとっては1勝と賞金加算が大切なのはもちろん、経験という部分が大きく、各陣営は、わりと本気で仕上げてくるかなと。

過去4年の結果を見てもわかるように単勝1番人気~3番人気で4勝と上位馬が活躍しているレース。ただ、頭数が増えると人気薄も3着以内に入ってますからこのあたりも含め、予想をおこなっていきたいですね。

カトレア賞2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

カトレア賞2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 オーロラテソーロ 牡2 55.0 大野 拓弥
1 2 クレパト 牝2 54.0 坂井 瑠星
2 3 デュードヴァン 牡2 55.0 L.デットーリ
2 4 コスモインペリウム 牡2 55.0 柴田 大知
3 5 ラブリーエンジェル 牝2 54.0 武士沢 友治
3 6 タイキルークス 牡2 55.0 菊沢 一樹
4 7 アメリカンベイビー 牡2 55.0 M.デムーロ
4 8 マティアス 牡2 55.0 津村 明秀
5 9 セラン 牝2 54.0 横山 典弘
5 10 ダイメイコリーダ 牡2 55.0 松岡 正海
6 11 ハルプモント 牡2 55.0 北村 宏司
6 12 アスターマリンバ 牡2 55.0 R.ムーア
7 13 ショウナンマリオ 牡2 55.0 菅原 明良
7 14 トーセンタイミング 牡2 55.0 横山 和生
8 15 キョウエイゴー 牡2 55.0 丸山 元気
8 16 ダノンファラオ 牡2 55.0 三浦 皇成

展開予測

全体的に速くなるコース形体のためミドルペース以上は必至の東京1600mダート。

最初に1枠~3枠の成績がなぜ悪いのかを私の見解で説明すると、芝からのスタートで外枠が先手を取りやすく内枠が窮屈になり、そのまま下げざるおえない状況になるのが1つ。

そして、隊列が8馬身以内といったひと塊の競馬になりやすく、そのまま4角から直線まで進むことが多い。

そして、その塊が内ラチ沿いに集中することで、内枠勢が抜け出したくても抜け出せない競馬が残り200mくらいまで続き、さらに外から差す馬いるため、脚を余らすか折り合いをかいて馬券にならない。

こういったことが言えます。

今年の1枠~3枠は逃げ先行馬でかたまりましたが7枠8枠も逃げ先行馬。さらに中枠も先行勢がいますので内枠馬はよほどのスタートを切らない限り、先手を取るのは難しいかなと。

それでも1番5番16番あたりが果敢にハナに行き、外から中枠へ順番に先行勢~差し馬勢が一団にある競馬。

テンの1ハロンは12秒丁度くらいの入りからそのままペースが落ちずに前半3Fを35秒切る超ハイペースで進むと思います。

そうなると逃げ、先行勢には最後の直線が厳しく、中団よりやや後ろで競馬をしていた馬にチャンスが出てくるような展開を予測しています。

カトレア賞2019予想

不良馬場を想定すれば、ハイペースは完全に避けれない状態。

そうなると足抜きの良い馬場となり逃げ馬にとってはプラスに思える馬場状態も、足抜きの良さは何も逃げ馬だけに与えられるアドバンテージではなく、差し脚質も同等の条件になります。

逃げ馬が数頭いることや足抜きの良さから最後の直線残り300mあたりには脚が上がっていそうで、そうなるとやはり差し馬の出番になるかなと。

本命◎:複勝

トーセンタイミング

前走未勝利戦東京1600mダートが強い内容。

スタートこそまずまずもスッと控えて外の9番手を追走。

道中はじっくりと構える競馬もペースが上がりだす3角手前からもしっかりと追走が出来、そのまま大外を回って最後の直線へ。

4角通過9番手からでもその伸び脚は鋭く、最後までしっかりと競馬が出来ていた内容。

強かったのひとこと。

稍重で1:38:9は平均を上回るタイムで、上がり3F36.4も立派。

決して展開が向いたような内容ではなく、自分から仕掛けて前を捕らえた競馬でしたからフロックではないと感じています。

今回も前走と似たような枠順。

前が飛ばす中、前走同様の走りさえ出来れば勝ち負けかなと考えています。

カトレア賞過去データ傾向

  1. キャリア4戦以上[0-1-0-14]
  2. 前走1400m以下は[0-0-0-6]
  3. 前走ローカル組は[0-0-0-5]
  4. 1枠~3枠馬は[0-0-0-15]3着内率0%
  5. 単勝4番人気以内の関西馬[1-2-0-1]
  6. 前走新馬戦組が優秀
  7. 昨年こそ牝馬が1着も残りの11頭はすべて牡馬・牝馬[10-0-8]
  8. ミスプロ系がダントツで優秀
  9. 前走5番手以内が優秀

セラン
ダンノファラオ
アメリカンベイビー

ジャパンカップ最終予想・キャピタルS最終予想・京都2歳S最終予想

ジャパンカップ2019予想オッズや過去データ/展開予想なら断然5歳牡馬が狙い目
ジャパンカップ2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予想などを紹介していきます。(2019年11月24日東京競馬場/第39回ジャパンカップ3歳以上オープンG1芝2400m)脚質の並びから最高の枠に入った5歳牡馬。昨年のリベンジ
京都2歳ステークス2019予想や過去データ・展開予想/自在性ある叩き2戦目が狙い目
京都2歳ステークス2019の予想や過去データ・展開予想を紹介していきます。(2019年11月23日京都競馬場/第6回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス歳2歳オープンG3芝2000m)マイラプソディ中心も自在性ある叩き2戦目が狙い目。その理由とは
キャピタルステークス2019予想オッズや過去データ/インから抜け出す競馬がハマる4歳
キャピタルステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予想などを紹介していきます。(2019年11月13日東京競馬場/キャピタルステークス/3歳以上オープンリステッド競走/芝1600m)内で脚をためサトノアーサーの追撃を交わす
タイトルとURLをコピーしました