上総ステークス2019の予想を中心に複勝推奨馬を紹介します。

2019/3/2(土) 2回中山3日目
中山10R上総ステークス
サラ系4歳上1600万(混)[指]ハンデ
ダ1800m 14頭 15:10発走

昨年こそ人気上位馬3頭での決着となりましたがそれまでの過去成績は荒れた結果が多い上総ステークス。

ハンデ戦になってから今年で5年目を迎えますが、定量戦だった過去5年も荒れた成績になっています。

コースバイアスは、中枠~外枠が有利。

脚質は逃げ~先行馬が有利も、向正面から徐々にマクって行く馬も馬券になっていますから脚質傾向は自在。

ただ過去10年、4角10番手以下から馬券になった馬は出ておらず、追い込み馬はには厳しいコースです。

◎8月の的中総額5,000万円突破!
◎昨年の重賞無料予想を当てまくった競馬学会がローズステークスを無料公開をします!

まずは、昨年の無料予想結果を紹介すれば↓



◎有馬記念/3連複53750円
◎阪神C/3連複60300円
◎阪神JF/3連複42,800円
◎ながつきS回収率1500%
◎ダービー回収率1205%
◎小倉記念回収率803%
◎クイーンS回収率1231%、
◎ヴィクトリアM回収率3549%

などなど2019年無料予想の的中率と回収率は眼を見張ります。

そして今年2020年春の重賞無料情報的中が↓
◎安田記念 3連複4200円獲得
◎東京優駿 3連複12400円獲得
◎Vマイル 3連複14800円獲得
◎青葉賞  3連複10950円獲得
◎フローラS3連複62300円獲得
◎日経賞  3連複39900円獲得

夏競馬も好調で↓
9/05札幌11R札幌2歳S→1万5300円獲得
8/22札幌11R札幌記念→6950円獲得
8/09札幌11RエルムS→1万3400円獲得
実際に無料で公開された買い目がコチラ↓

あまりの的中率の良さに無料会員が殺到!

数多くの無料会員が浮足だったことは言うまでもない話しです。

そんな競馬学会が満を持して無料公開に踏み切るレースがローズステークスです。

厳選された5頭ボックスの買い目は、これまでの結果を見て頂ければ、
安心とワクワク感が止まらないと思います!

厳選5頭の推奨馬。

ローズステークスの無料予想でフローラSを超える回収率1246%以上を期待してみてください!

↑名前もニックネームもいらないメールアドレス登録のみで即買い目が確認出来るのも人気の秘密ですね

上総ステークス2019上位人気馬評価

良いメンバーが揃いましたね。その中でも上位人気馬はレッドオルバース、ショームあたりでしょうか。

レッドオルバース

生年月日2012年04月26日 (牡7歳)
毛色栗毛
調教師国枝 栄(美浦)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金9418万9000円
通算成績28戦3勝[3-8-6-11] 主な勝17'サラ4上1000万
兄弟馬ダイワダンディ、レッドラーザム
系統サンデーサイレンス系

中山ダートコースは今回が初出走。

この2年間、1600万クラスを何度も勝ち負けをするほど惜しい内容が続く同馬。1600万クラスは実に11戦。

詰めの甘さや展開面、力の関係での結果だと思いますが、これまでのレースが東京コースが中心だったことを考えると中山コースに変わってあっさりもありえます。

近走は逃げで結果を出していますが先行でも馬券になっていますので、同型馬が多いここは少し控えた形の競馬になるかもしれません。

不安材料を上げるなら距離。1800mの勝ち星はありますが、それでも血統背景から見て1800mは長い可能性もあります。

ショーム

生年月日2015年05月17日 (牡4歳)
毛色栗毛
調教師鈴木 伸尋(美浦)
馬主西森 鶴
生産者/産地隆栄牧場/新冠町
中央獲得賞金4250万4000円
通算成8戦3勝[3-4-0-1] 主な勝鞍19'サラ4上1000万
兄弟馬パイルーチェ、パイメイメイ
系統サンデーサイレンス系

休養明けだった前走4歳上1000万はプラス22キロの馬体重で1着。

単純に成長分と思ったら良いのか悩むところですが、レース内容も良く、差し馬らしい競馬でセンスのある内容です。

ただし、自己条件はハナ差の勝利でしたから、前評判の高かった割には?と言う感じにも見えます。

ひと叩きされた分の上積みはあるでしょうし、人気どころが牝馬中心なら負けられないところでしょうか。

上総ステークス2019複勝推奨馬

ショーム

そこまでガツガツと前に行くタイプではないので外枠も問題ないかなと。

脚質の並びを見ても絶対ハナに拘る馬がいない状況でも先行勢が揃ったここはミドルペース以上かなと。

そうなると、マクってくる中団以降の馬よりもある程度前で競馬をしている馬が有利。

過去3年を見てもすべてミドルペースの競馬。4角6番手以内の馬が活躍しており、ここでも例外はないかなと。

全8戦の中でスローペースからハイペースで結果を出しているのも後押し材料。

中山ダート1800mは2戦2連対の相性の良いコース。

ここは前走からの上積みも期待したい1頭ですね。

おすすめの記事