京阪杯2019予想や過去データ/最高の枠順に絶好の展開!最後は赤い帽子が突き抜ける

京阪杯2019の予想や過去データ・展開予想を紹介していきます。(2019年11月24日京都競馬場/第64回京阪杯3歳以上オープンG3芝1200m)

毎年荒れやすいレースですが過去の結果を参考にすれば、単勝100倍以上が馬券になったのは1頭のみ。予想を行う上で過度な人気薄を狙うのは無謀な結果。

穴で狙えるとすれば30.049.9倍あたり。ここが一番好走率が高い穴ゾーン。

それでも今年は、過去10年のデータ傾向から言えば、モズスーパーフレア、リナーテ、アウィルアウェイ、カラクレナイ、エイシンデネブ、そしてライトオンキューの6頭が狙い馬となります。

この6頭から展開面で一番有利にレースを運べそうな馬に本命◎を打ちたいと思います。

ジャパンカップ2019最終予想や消去法データ推奨馬・血統分析

ジャパンカップ2019予想オッズや過去データ/展開予想なら断然5歳牡馬が狙い目
ジャパンカップ2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予想などを紹介していきます。(2019年11月24日東京競馬場/第39回ジャパンカップ3歳以上オープンG1芝2400m)脚質の並びから最高の枠に入った5歳牡馬。昨年のリベンジ
ジャパンカップ2019消去法データ推奨馬/今年も3歳4歳優勢の消去法結果
ジャパンカップ2019の消去法データ推奨馬を紹介します(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)今年も昨年同様に3歳4歳馬が優勢の消去法データ。そこに古馬が3着の椅子を狙うが今年も牝馬が活躍
ジャパンカップ2019血統分析/近年はタフなコース・長距離もこなす血統が優勢
ジャパンカップ2019出走各馬の血統分析やジャパンカップに最も適している血統背景馬を紹介します。(11月24日日曜日東京競馬場11R第39回ジャパンカップ3歳上オープンG1芝2,400m)スピードやスタミナ、持久性やパワーといった総合的な材料すべてが必要とされる東京芝2400m。過去5年の結果を見てもそれは顕著に現れており、近4年ではラスト1ハロンが12秒台とかなりタフな馬場となっていることがわかります。

京阪杯2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

京阪杯2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
× 1 1 ラブカンプー 牝4 55.0 西村 淳也
1 2 アポロノシンザン 牡7 57.0 横山 武史
2 3 パラダイスガーデン 牝7 54.0 坂井 瑠星
2 4 フミノムーン 牡7 56.0 国分 優作
3 5 ビップライブリー 牡6 56.0 松岡 正海
3 6 ライトオンキュー 牡4 56.0 古川 吉洋
× 4 7 カラクレナイ 牝5 54.0 大野 拓弥
4 8 ダイメイフジ 牡5 56.0 池添 謙一
5 9 エメラルエナジー 牡7 56.0 吉田 隼人
5 10 エントリーチケット 牝5 54.0 丹内 祐次
× 6 11 アウィルアウェイ 牝3 53.0 北村 友一
6 12 アイラブテーラー 牝3 53.0 和田 竜二
7 13 リナーテ 牝5 55.0 三浦 皇成
7 14 モズスーパーフレア 牝4 56.0 松山 弘平
7 15 エイシンデネブ 牝4 54.0 藤岡 康太
8 16 ニシノラッシュ 牡7 56.0 幸 英明
8 17 ファンタジスト 牡3 56.0 浜中 俊
8 18 ダイシンバルカン 牡7 56.0 勝浦 正樹

展開予測

荒れやすい理由のひとつがペース。

過去10年、スローペースからハイペースでも先行馬が強い展開となっていますが道中のラップの変化によって差し馬も届く競馬。

これが荒れる理由のひとつかなと。

今年の脚質の並びを見る限り、ハナに立つのはモズスーパーフレア。外からのハナですから1枠2頭にけしかけれられる可能性もありますがそれでもテンの速さでハナへ。

2番手3番手には、好枠ラブカンプーにアポロノシンザン。大外からニシノラッシュ。

4番手以下には、ファンタジストやダイシンバルカンがつけ、続いてパラダイスガーデン、アイラブテーラー、リナーテ、ビップライブリーなどが追走。中団から後ろへは、アウィルアウェイ、パラダイスガーデンなど。

今年も先行勢が揃っていますし1枠2頭の新人騎手2人が持ち前のガッツで勢い勇んで前を突くかハナを取り合うかでハイペースの予感も。

ただモズスーパーフレアのテンの入りは速いですから早々に番手に下げることも考えられますからミドルペース以上を想定。

縦長の展開から3角通過から徐々にペースがあがり、4角をすぎるころにはトップスピードに持っていく馬も出てくる形。

ミドルペース以上ならモズスーパーフレアが押し切る内容も番手追走馬の力量を考えれば、4番手以降からの抜け出しや差し馬が台頭する可能性も十分にあります。

イメージとしては、2012年2017年2018年の展開ですね。

京阪杯2019予想

モズスーパーフレアが逃げるとミドルペース以上が主流でスローペースは1度も無いのが現状。

ミドルペース以上になると想定し、過去3年のレースを確認すれば、大外一気を決めたのが2016年2017年で2頭いますが3着止まり。このあたりを考えれば追い込み馬は、大きな信用は得られない脚質かなと。

基本的には中程から抜け出す競馬が王道ですから2枠3枠4枠に好走馬が集中しているのも頷ける結果です。

単純にモズスーパーフレアが逃げ切るのはほぼ確のような展開になりそうな中、それでも絶好の枠に入った馬を狙います。

本命:複勝

ライトオンキュー

馬柱を見た瞬間に笑けてきたほどに最高すぎる3枠。

過去データで好走している3枠というだけでなく、7枠8枠に人気上位先行馬が揃ったこと。近隣枠で先行する馬が手薄なこと。

これらがインのポケットを先行するライトオンキューにとっては「抜け出しやすい位置取りをスムーズに取れ走れる」という有利が生まれます。

2017年のビップライブリーや2018年のダノンスマッシュのようなレース展開ですね。

ちなみにダノンスマッシュは、最後の直線で一瞬窮屈になりましたがライトオンキューの場合だと、先行勢が内から中程にバラけ出したタイミングからトップスピードに入りますから前が開いた状態になると思います

あとは、前走キーンランドCの内容からすれば、ここは頭もあるかなと。

スタートは行き脚つかず後方から。

道中は終始、大きな距離ロスとなる横4列目を走り、4角も大外を回ってのもの。

それでも最後はコンマ2秒差まで迫る差し脚を見せていますから、負けて強しの内容でした。

さらに1着2着馬がダノンスマッシュにタワーオブロンドンですからレースレベルも高ったのは言うまでもないかなと。

行き脚が鈍い分、3枠からスタートを決めればスムーズに好位を取れるはず。

期待出来る1頭ですね。

京阪杯過去データ傾向

  1. ノーザンダンサー系やミスプロ系
  2. 関西馬[9-9-9-9]と優勢
  3. 重賞未勝利馬は重賞5着以内の実績、または、オープン特別で3着以内
  4. 単勝オッズ100倍以上[0-0-1-28]
  5. 6歳以上[2-1-5-45]苦戦傾向
  6. 牝馬で当日9番人気以下[0-0-3-27]
  7. 関東馬で関東所属騎手騎乗[0-0-2-12]
  8. 前走京都組or中山組が優秀
  9. 前走1200mか1400m組が優秀
  10. 前走オープンなら単勝3番人気以内
  11. 前走重賞10着以下[0-0-3-26]と苦戦傾向
  12. 前走1200m戦で4角3番手以内通過の関西馬

さらに詳しい過去データ傾向は下記を参考にしてください

京阪杯2019消去法データ推奨馬/G1で2着が光る結果も面白いのがライトオンキュー
京阪杯2019の消去法データ推奨馬を予想して紹介していきます。(2019年11月24日京都競馬場/第64回京阪杯3歳以上オープンG3芝1200m)過去10年の連対馬20頭の内、重賞優勝経験のあった馬は3頭という結果。この結果と比例するように単勝1番人気が[2-2-0-6]勝率20%連対率40%3着内率40%と苦戦。変わって4番人気~12番人気で6勝を挙げるなど荒れたレースになりやすいのが京阪杯です。今年も荒れるレースになるのかどうか?消去法データでそのあたりを探ってみたいと思います。

【1週間前】京阪杯2019出走予定注目馬考察

ファンタジスト牡3

調教師/梅田 智之(栗東)
馬主/廣崎 利洋
生産者/産地/Shall Farm/日高町
中央獲得賞金1億3438万7000円
通算成績11戦3勝[3-2-0-6] 主な勝鞍18’京王杯2歳ステークス
父ロードカナロア
母ディープインアスク

↓セントウルS・黄色い帽子6番ファンタジスト

前走JBCスプリントは、ダートということで度返ししたとして、3走前のセントウルSが2着と好走。

血統背景からスプリント路線でも走れる可能性が十分にあったため、セントウルS2着の結果は驚かないのですが先行策で結果を出したのが大きかったと思います。

京阪杯は4角通過5番手以内が優秀ですから先行脚質である以上、スタートを決めて好位を取れる行き脚の良さが必要になります。

そのあたりを考えた時にセントウルSでの走りは着順以上に濃い内容だったかなと。

期待したい1頭ですね。

モズスーパーフレア牝4

調教師/音無 秀孝(栗東)
馬主/株式会社 キャピタル・システム
生産者/産地/Alpha Delta Stables, LLC/米
中央獲得賞金/1億8897万7000円
通算成績/17戦6勝[6-2-1-8] 主な勝鞍/19’夕刊フジオーシャンS
父Speightstown
母Christies Treasure

↓スプリンターズS2着・青い帽子7番

前走スプリンターズSは、単勝3番人気で2着。1着タワーオブロンドンからコンマ1秒差でタイムが1:07:2ですから、例年であれば優勝していてもおかしくない内容でした。

スタートしてからテンの入りが非常に速く、同型馬がいても同型馬が諦めてしまうほどの行き脚で、その脚が最後まで伸びていますからスプリンターズSで優勝したタワーオブロンドンは、前に目標があった分勝てたかなと。

そう思ってしまうモズスーパーフレアの走りでした。

今回は休養明け2戦目でこのあとのローテーションがどうかですが、仕上がりが6割程度も3着以内は確保すると思います。

不安があるとすれば、前走スプリンターズS組が[1-0-1-17]3着内率10.5%という過去データが気になるところでしょうか。

アウィルアウェイ牝3

調教師/高野 友和(栗東)
馬主/吉田 勝己
生産者/産地/ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金7320万2000円
通算成績8戦3勝[3-1-1-3] 主な勝鞍19’夕刊フジ杯オパールS
父ジャスタウェイ
母ウィパワー

↓オパールS1着・白い帽子1番

偉大な兄インディチャンプの妹として注目が集まっていますね。

前走オパールSは、ドンピシャの展開から差す競馬で北村友一騎手の騎乗が完璧だったかなと。

タイムは1:09:2と平均より少し遅いくらいですがハイペースの京都1200mを差して優勝したことは内容的にも大きかったかなと思います。

血統背景的に1200mは忙しいと考えていますのでメンバーが上がるここはなかなか厳しいかなと。

逃げ馬が多数出走してきますが、差し馬を狙うならアウィルアウェイではなく他の差し馬を狙いたいですね。

【1週間前】京阪杯2019穴注目馬

人気
条件 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2 2 0 6 20 40 40
2番人気 2 0 0 7 22.2 22.2 22.2
3番人気 0 3 0 7 0 30 30
4~6番人気 2 1 4 23 6.7 10 23.3
7~9番人気 3 1 0 26 10 13.3 13.3
10~12番人気 1 2 4 23 3.3 10 23.3
13~15番人気 0 1 2 27 0 3.3 10
16~18番人気 0 0 1 20 0 0 4.8

過去10年、単勝4番人気~12番人気までが好走しているレースで、そのほとんどが先行or差し馬という結果。

このあたりを参考にすれば、今年は逃げるモズスーパーフレアと同じように最後まで粘れそうな馬を数頭拾っておいくのが回収率を跳ね上げるポイントになるのかなと。

ニシノラッシュ牡6

調教師/宮本 博(栗東)
馬主/西山 茂行
生産者/産地/村上 欽哉/新冠町
中央獲得賞金1億1525万6000円
通算成績20戦5勝[5-2-3-10] 主な勝鞍15’クロッカスステークス
父サクラバクシンオー
母キャッスルブラウン

このレースに出て来るなら長期休養明け初戦からでも狙っていきたいなと。

脚下の不安から1年半以上ぶりの復帰戦となりますがこれまでの実績から言えば、まだまだ走れる力は十分にあるかなと。

もちろん最終追い切りと枠順を参考にしながら最終的な印を付けたいと思っていますが、京都1200mなら先行しながら最後まで伸びてもおかしくない脚質に持ちタイムですから、個人的には買いたい1頭ですね。

結果的に出走するだけの可能性もありますが穴馬ということで、いきなりから走れる馬体であれば、おすすめです。

チャンピンオンズカップ2019出走予定馬や騎手・注目馬穴馬評価

チャンピオンズカップ2019予想オッズや出走予定馬/4歳主役も条件揃えば5歳が狙い目
チャンピオンズカップ2019の予想オッズや出走予定馬。枠順や予定騎手。注目馬・穴馬を紹介します。(12月1日日曜日中京競馬場11R第20回チャンピオンズカップ3歳上オープンG1ダート1,800m)4歳が主役も条件さえ揃えば5歳が狙い目その馬とは?
タイトルとURLをコピーしました