京成杯オータムハンデ2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬

京成杯オータムハンデ2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬を紹介します。2020年9月13日(日)4回中山競馬2日/サマーマイルシリーズ第65回 京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)3歳以上オープン/芝1600m3歳以上ハンデ

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

京成杯オータムハンデ2020予想オッズ

1 スマイルカナ 4.0
2 ルフトシュトローム 4.5
3 トロワゼトワル 5.0
4 シゲルピンクダイヤ 7.5
5 ストーミーシー 14.6
6 アンドラステ 15.4
7 エントシャイデン 16.2
8 ラセット 17.1
9 ジャンダルム 19.4
10 アルーシャ 20.7
11 ボンセルヴィーソ 28.7
12 スイープセレリタス 28.7
13 ミッキーブリランテ 37.8
14 アフランシール 37.8
15 アストラエンブレム 43.3
16 メイケイダイハード 50.6
17 ノーワン 55.3
18 ディープダイバー 67.9
19 フィリアプーラ 67.9

京成杯オータムハンデ2020出走予定馬

京成杯オータムハンデ2020注目馬

ルフトシュトローム

前走NHKマイルCは、単勝4番人気で5着に好走。勝ち馬からコンマ5以内と善戦した内容だったと思います。

これまで馬体に緩さやトモの状態が悪い中でもレースが多く、馬体面に不安がつきまとっていたルフトシュトローム。

まだ、このあたりは完調には至っていないようですから、個人的には不安要素として残る形です。

それでも、NZTまで無敗の3連勝をした素質馬ですから、軽視出来ない存在なのは確かです。

生年月日 2017年01月31日 (牡3歳)
調教師 堀宣行(美浦)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 7894万8000円
通算成績 4戦3勝[3-0-0-1]
主な勝鞍 20’ニュージーランドT
系統 Sunday Silence系

トロワゼトワル

2連覇を目指して出走を予定しているトロワゼトワル。

昨年の京成杯オータムハンデは斤量52キロを活かして逃げ切り。タイム1:30.3はレコードタイムですから、本当に強いレースだったと思います。

前走関屋記念は、単勝8番人気の低評価を覆しての2着に好走。

逃げ馬ですから、同型馬の存在や前有利の馬場など、ある程度の条件が揃って初めて戦えるタイプなだけに、当日の馬場状態やコースバイアスを確認したいところです。

生年月日 2015年02月28日 (牝5歳)
調教師 安田 隆行(栗東)
馬主 有限会社 社台レースホース
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 1億5336万7000円
通算成績 19戦5勝[5-5-0-9]
主な勝鞍 19’京成杯オータムハンデ
系統 Mr. Prospector系

ラセット

今年は、2走前米子S、前走中京記念を人気以上の走りで2着に好走。マイルなら、これぐらい走れて当然と言える内容だったかなと。

今回、初の中山芝1600mになり、トリッキーなコースへの適正があるのかないのか気になるところですが、脚質が追い込みですので、ある程度の展開の助けが必要になってくるのは確かかなと。

また、枠順にも大きく左右されるコースですから、枠順とメンバーの脚質の並びには要注目したいですね。

個人的には連下止まりの評価です。

生年月日 2015年03月02日 (牡5歳)
調教師 庄野 靖志(栗東)
馬主 桂土地株式会社
生産者 三好牧場
中央獲得賞金 9233万2000円
通算成績 17戦4勝[4-4-3-6]
主な勝鞍 20’彦根ステークス
系統 Mr. Prospector系

アンドラステ

中内田調教師のとこは、良い馬が多いなと思いながら、アンドラステもまた、素質馬で。

パールSまでは順調に駆け上がり、初重賞挑戦だったエプソムCは、単勝4番人気で4着。不良馬場を4角7番手から上がり3F最速で抜け出す競馬も、前が止まらない競馬。

結果的に負けはしたものの、強い競馬だったと思います。

これまでの戦績から見て、高速馬場よりも、時計のかかる馬場が得意のように見え、開幕週の中山コースでどこまで前に迫れるか?このあたりがポイントになってくるはず。

このあたりは騎手の位置取りがすべてだと思います。

生年月日 2016年03月17日 (牝4歳)
調教師 中内田 充正(栗東)
馬主 有限会社 社台レースホース
生産者 白老ファーム
中央獲得賞金 6979万6000円
通算成績 8戦4勝[4-1-2-1]
主な勝鞍 20’パールステークス
系統 サンデーサイレンス系

シゲルピンクダイヤ

生年月日 2016年02月12日 (牝4歳)
調教師 渡辺 薫彦(栗東)
馬主  森中 蕃
生産者 天羽牧場
中央獲得賞金 1億1959万7000円
通算成績 11戦1勝[1-2-3-5]
主な勝鞍 18’サラ2歳未勝利
系統 サンデーサイレンス系
[common_content id=”15513″] [common_content id=”15555″]
タイトルとURLをコピーしました