金鯱賞2020予想や過去データ傾向/サートゥルナーリア鉄板も面白いのは重賞2勝馬の覚醒

金鯱賞2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年3月15日中京競馬第56回金鯱賞G2/4歳以上オープン/芝2,000m別定)

2017年から3月にレースが移行されてから、それまでの12月でおこなわれていた結果から見たデータが少し変わって来ている点。

特に馬体重と前走レース別には、注目したいところで、馬体重は500キロ以上が好走。前走別は、有馬記念組が他G1レースからの臨戦馬が好走しています。(過去データ傾向で詳細)

今年は、サートゥルナーリアが有馬記念2着後に金鯱賞から始動するとあって、注目の1頭になります。過去データから見ても軸馬に相応しいのは明らかで、あとは陣営の本気度がどこまでなのか?さらには、地力の違いであっさりと勝ってしまうのか?

サートゥルナーリアに関しては、このあたりが取り捨てのポイントになってくると思います。

金鯱賞はスローペースの決めて勝負になりやすいコースでも、上がり3F34秒台と時計を要するパワー型コース。

緩急あるコース形体がそうさせていますから、出来るだけインを走り、ロスなく立ち回り、最後はしぶとく伸びる競馬が出来そうな馬が活躍をしています。

このあたりも予想に取り入れたいところです。

ハイセイコー記念的中!24日は浦和記念の無料予想を公開!

無料予想ハイセイコー記念的中!
24日は浦和記念の無料予想を公開します!

■ハイセイコー記念

1着⑨アランバローズ
2着⑧ランリョウオー
3着⑤ジョーロノ
3連複12.3×700円=8610円獲得!

実際に公開された買い目がコチラ⬇

9番アランバローズがスタートで逃げれなかった時は本当に焦りましたが、2番手に控えた競馬で直線では後続馬を引き離す競馬。

本当に強かったですね。

それにしても、馬単1点予想は1着ー3着で本当に惜しかったです!
ワイドなら取れていたのに・・・。
地方競馬でも3連複6点で的中はさすがでしたね。

【地方競馬無料予想公開レース】

中央無料情報も連休いい感じで、
11/22 東京09R赤松賞
3連複:4-5-7/13.9倍×800円
計4800円→11120円(232%)

浦和記念の無料予想を公開!

地方競馬の無料予想で、馬単1点、3連複6点を公開しているのは珍しく、それでいて的中させてきますので、少額でも回収率300%前後が期待出来ます!

中央競馬なら回収率900%以上がメインになってきますので、地方競馬無料予想2回目の公開になる浦和記念は、高回収率の期待大です!

秋の地方競馬で確実に稼ぐなら、ここの無料買い目が1番稼げます!

⬆今すぐ厳選無料予想を受取るから無料アドレス登録→無料メルマガで浦和記念の無料買い目をゲット!

中央競馬・白菊賞・カトレア賞も無料公開します!

金鯱賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

金鯱賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ケイデンスコール 牡4 56.0 中谷雄 [栗]安田隆
2 2 ラストドラフト 牡4 56.0 吉田隼 [美]戸田博
3 3 ニシノデイジー 牡4 56.0 田辺裕 [美]高木登
4 4 ダイワキャグニー 牡6 56.0 内田博 [美]菊沢隆
5 5 サトノガーネット 牝5 54.0 岩田望 [栗]矢作芳
5 6 サートゥルナーリア 牡4 58.0 Cルメ [栗]角居勝
6 7 ギベオン 牡5 56.0 福永祐 [栗]藤原英
6 8 サトノソルタス 牡5 56.0 藤岡康 [美]堀宣行
7 9 ブレスジャーニー 牡6 56.0 松若風 [栗]佐々木
7 10 ロードマイウェイ 牡4 56.0 川田将 [栗]杉山晴
8 11 ジュンヴァルカン 牡7 56.0 柴山雄 [栗]友道康
8 12 マイネルファンロン 牡5 56.0 丹内祐 [美]手塚貴

金鯱賞2020予想

◎本命:単勝

サートゥルナーリア

楽観的な考え方で話すと「ここであっさり負けるとかってありえる?」という感じで。予想でもなんでもないイメージの考え方ですが。

中山コースと中京コースは、回り方や最後の直線での坂道などの違いはありますが、コース体形は似ており、緩急のあるコースに小回りコースは、リンクする部分が多いです。

有馬記念2着に好走する以前の皐月賞1着や、ホープフルS1着の走りを見る限り、最後まで伸びきれる脚質タイプのサートゥルナーリアなら、初の中京コースでも問題なく、むしろ得意のコースに入るかなと。

今年は少頭数での競馬。スローペースを予測しており、5枠に入ったことでストレスなく好位先団を追走出来る可能性が高く、あとは持ち前の先行力で抜け出す競馬がハマるイメージです。

昨年のダノンプレミアムのような感じです。

そして最後に最終追い切りですが、栗東/坂路/重/4F49.8/3F36.4/2F24.2/1F12.3としっかりと走れており、十分な時計です。1週間前には11秒台を出していますので、申し分ないと思います。

ここは期待出来る1頭です。

◯対抗

ブレスジャーニー

過去データなら、買いづらい1頭なのは確かなのですが、以前から注目していた馬で、そんなブレスジャーニーが前走初ダートを使ったことで、状態面が上向きになって来ているかなと。

2歳時は、重賞を2連勝するなど強い競馬も、そこから長期休養に入り、復帰戦だった菊花賞は12着に敗退。ただ、敗因が距離の部分だったことを考えれば問題なく、次戦チャレンジCを3着に好走していますので、地力はあります。

昨年は、勝鞍こそ無いものの、勝ち馬からコンマ5秒以内にすべてまとめており、ここでも安定した走り。そして前走アルデバランで3着になったことを気に「いよいよ狙ってみますか」といった感じで。

最終追い切りは、栗東/CW/6F80.8/5F65.4/4F50.8/3F38.1/1F12.0と良く走れており、状態面は絶好調のように見えます。

今回、スローペースで好位先行馬が活躍する流れになると予測していますので、そうなれば、ブレスジャーニーの得意な展開。

先行馬が少ないここは、楽に好位を取れそうですから、あとは息の長い脚でサートゥルナーリアと一緒に抜け出す競馬が見られるかなと。

2018年の金鯱賞より着順は上がって来ると考えています。期待したいですね。

◎サートゥルナーリア
◯ブレスジャーニー
▲ダイワギャグニー
△ロードマイウェイ
×ラストドラフト
×ニシノデイジー

馬単◎⇒◯▲△××

3連単
1着◎
2着◯▲△
3着◯▲△××

金鯱賞2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。

  1. 単勝1番人気は、前走G1だった場合[2-1-0-0]と好走。また、有馬記念組が優秀。さらに3月に開催時期が変更となった近3年も、前走G1組の単勝1番・2番人気は優秀な結果
  2. 単勝10番人気以下[0-0-1-33]と苦戦傾向にある反面、単勝7番人気~9番人気が[1-5-2-24]と好走。上位人気馬同士の決着が少なく、紐馬は人気薄が絡む傾向
  3. 人気薄の狙い方としては、前走重賞5着以内が好走している点は強いデータ
  4. 2017年の4歳以上になってからは、6歳以上が[0-1-1-15]と苦戦。4歳5歳が[3-2-2-14]と断然の結果
  5. 2017年以降は、休養明け初戦馬が好走。逆に今年の1月~3月に出走していた場合は苦戦
  6. 連対馬16頭中13頭が芝2000mで優勝実績。残りの3頭は芝1800mで勝鞍あり
  7. サンデーサイレンス系・ミスプロ系が強いレース。近年は特にその傾向が強いです
  8. 2017年以降の3着以内9頭中8頭が馬体重500キロ以上となっており、優勝馬全4頭はすべて馬体重500キロ以上でした。最軽体重はリスグラシューの458キロもグランプリホースだったことを考えると規格外と考えたほうが無難かなと思います
タイトルとURLをコピーしました