スポンサーリンク

きさらぎ賞2019最終予想!人気馬に逆らう予想は止めておきました

この記事は約2分で読めます。

きさらぎ賞2019最終予想を中心に複勝推奨馬を紹介します。

2019/2/3(日) 2回京都4日目
京都11Rきさらぎ賞(G3)(NHK賞)
サラ系3歳オープン (国)(特) 別定
芝1800m 8頭 15:35発走

2月2日土曜日の複勝推奨馬は、狙いに行きすぎたかなと反省をしつつも、コースバイアスの利を貰える馬を狙っていくのには変わりないかなと。
ただ、久しぶりに本命◎が5戦2勝ですから、地道に回収していく予想に変えないといけませんね。複勝推奨馬の結果は、まとめたものを公開していきますので、興味のある方はご覧にってください。

さて、きさらぎ賞ですが、毎年、上位人気で決まりやすいレースです。

20時現在の上位オッズが、

1ヴァンドギャルド2.1
2アガラス4.1
3エングレーバー5.3
4ダノンチェイサー5.7

となっています。

週初めからお伝えしていたダノンチェイサーの複勝が1.2~からとアガラスより人気をしており、穴っぽい感じで選んでいましたので、これなら単純にアガラスを買ってるほうがいいかなと。

複勝推奨馬7番アンガス

1800mは、[1-2-0-0]の100%連対。逃げても、先行しても、差しても結果を残しており、前走東スポ杯は上がり最速の2着。人並みの予想になりますが、このメンバーであれば、3着以内は堅いかなと思っています。

ただ、これは、いつも「やんわり」と書いていることですが、騎手変更+テン乗り+戸崎騎手は、イマイチなんですよね。個人的な見解なんですがイマイチなんです。

不安材料はこの辺だけでしょうか。

ヴァンドギャルドは、ここでは問題なく3着以内には入ってくるでしょうね。実績面はともかく、折り合い面にまったく不安の無い馬らしいので、スローペースのここは楽に追走しながら溜めた脚を最後に出してくるでしょうね。

ホープフルステークスは最後の直線で不利があっての6着。スムーズなら馬券になっていてもおかしくない競馬だったと思います。

2月3日は、ゆりかもめ賞で、懲りずにコースバイアスの利と展開面で有利な人気薄を複勝推奨馬にしていますので、ここは堅くても取りに行くスタイルで。

タイトルとURLをコピーしました