きさらぎ賞2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価/横一線のメンバー混戦必至

LINE限定『厳選軸馬』を無料配信中

当サイト【競馬単複】MOSTLY CORRECTではLINE限定『厳選軸馬』を無料配信中です。

配信内容は、《重賞版》と《平場版》の◎本命軸馬を配信、重賞は、軸馬に加え、単勝・複勝・馬連・馬単で公開します。

直近『厳選軸馬』結果

2024年2月17日(土曜)
厳選軸馬[平場版]

小倉9R◎1メイショウウネビ1着
(参考)1-3.5.4.6
小倉11R◎6プリンスミノル1着
(参考)6-5.1.3.4.15/59.8倍
京都1R◎12ミルミナーヴァ2着
(参考)12-4.5.7.13.14

参考は、お好きな馬券種で。
推奨は単勝/馬単です。

東京11RダイヤモンドS◎8サリエラ2着
京都11R京都牝馬S◎12ナムラクレア2着

日曜日限定公開が基本で、10時~11時ごろに配信。不定期ですが土曜日の公開もありますので、ぜひ、LINEお友だち追加をお願い致します。

LINEお友だち追加はこちら

きさらぎ賞2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価を紹介します。(2020年2月9日京都競馬第60回きさらぎ賞3歳オープンG3芝1600m)

出走予定各馬の近走内容を確認すると、そこまで突起した「何か」があるわけでもなく、横一線に見えるメンバー構成かなと。

朝日杯FS2着グランレイが実績では最上位でも、脚質の部分でどうか?という感じにも見え、新馬戦勝ち組もそこまで推せる材料がないかなと。

京都芝1600mはパワーを要する馬場で、実績はともかく血統背景が重要になってくると思います。

特にサンデーサイレンス系が優秀も母父がミスプロ系や ViceRegent系といった重めの血統が好走していますのでこのあたりから予想に入るのも面白いと思います。

それでは、出走予定各馬と注目馬評価を紹介していきます。

きさらぎ賞2020出走予定馬

※出走予定馬や騎手は随時更新しています

馬名性齢斤量騎手調教師
アルジャンナ牡356.0池江泰寿
ギベルティ牡356.0小島茂之
クリノプレミアム牝354.0伊藤伸一
グランレイ牡356.0池添学
コルテジア牡356.0鈴木孝志
サイモンルモンドセ356.0松田国英
サトノゴールド牡356.0須貝尚介
ストーンリッジ牡356.0藤原英昭
デアリングタクト牝354.0杉山晴紀
トゥルーヴィル牡356.0斉藤崇史

きさらぎ賞2020枠順

馬名性齢斤量騎手調教師
11コルテジア牡356.0松山弘[栗]鈴木孝
22サイモンルモンドセ356.0和田竜[栗]松田国
33トゥルーヴィル牡356.0北村友[栗]斉藤崇
44ギベルティ牡356.0武豊[美]小島茂
55グランレイ牡356.0池添謙[栗]池添学
66サトノゴールド牡356.0幸英明[栗]須貝尚
77ストーンリッジ牡356.0Aシュ[栗]藤原英
88アルジャンナ牡356.0川田将[栗]池江泰

きさらぎ賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

きさらぎ賞2020注目馬評価

アルジャンナ

生年月日2017年01月23日 (牡3歳)
調教師池江 泰寿(栗東)
馬主 吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
中央獲得賞金2008万6000円
通算成績2戦1勝[1-1-0-0]
主な勝鞍19’サラ2歳新馬
ディープインパクト
コンドコマンド
系統サンデーサイレンス系

ディープインパクト産駒らしい切れ味鋭いアルジャンナ。

前走東スポ2歳Sと新馬戦の上がり3Fは33.6秒。共にスローペースの上がり勝負だったため、展開が向いたように思えるレースも、新馬戦がなかなかの走り。

先行しながら折り合いをつけ、4角では3番手に進出。あとはしっかりと伸びて差すあたりは、並の馬ではない証拠かなと。

ただし、今回は、時計のかかる京都1600m外回りコースですから、切れ味よりパワーの要るコース。このあたりがどっちに転ぶのか?そこが予想のポイントになってくると思います。

コルテジア

生年月日2017年02月23日 (牡3歳)
調教師鈴木 孝志(栗東)
馬主 前田 幸治
生産者株式会社 ノースヒルズ
中央獲得賞金1725万2000円
通算成績5戦1勝[1-1-1-2]
主な勝鞍19’サラ2歳未勝利
兄弟馬エールショー
ハイエストポイント
シンボリクリスエス
シェルエメール
系統Roberto系

前走シンザン記念はミドルペースを5番手で追走。スタートもよく好位追走。

最後の直線でも最後までしっかりと伸びていた分、3着を自動的に確保したようなレースでした。

切れる脚より最後まで伸びる息の長いタイプ。なおかつマイルは少し忙しいが、もしくは短距離向きかといった走りに見えます。

未勝利戦は1800mで勝っていますが、この距離の部分が少し不安になるかなと。

母シェルエメールがスプリント色が強いですから、父シンボリクリスエスでも短距離向きで、ダート路線の可能性もありえますね。

今回は、馬場の良い京都平坦コースですから先行して流れに上手く乗れれば、前残りで3着以内はあるかも?といった見立てです。

グランレイ

生年月日2017年03月21日 (牡3歳)
調教師池添 学(栗東)
馬主名古屋友豊 株式会社
生産者前谷 武志
中央獲得賞金2496万2000円
通算成績3戦1勝[1-0-2-0]
主な勝鞍19’サラ2歳未勝利
ルーラーシップ
ミラクルベリー
系統Mr. Prospector系

前走朝日杯FSは、ハイペースを上がり3F34.9秒で追い込んで3着と好走。タイムだけ見れば、2018年優勝馬アドマイヤーズより速いタイムですから勝ったサリオスを褒めるべきでしょうか。

中山マイルを好走している時点でパワー型なのは言うまでもなく、今回の京都コースは合うはず。

ただし、過去10年のきさらぎ賞3着以内15頭中13頭が逃げ、先行馬によるものですから、これまで通りの前での競馬が出来るかどうか?

また、先行出来たとしても、前走のような上がりが使えるかどうか?ここは試金石の1戦になりそうです。

ギベルティ

生年月日2017年02月21日 (牡3歳)
調教師小島 茂之(美浦)
馬主ゴドルフィン
生産者/産地ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
中央獲得賞金700万0000円
通算成績1戦1勝[1-0-0-0]
主な勝鞍19’サラ2歳新馬
オルフェーヴル
スプリングレイン
系統サンデーサイレンス系

前走中山芝1600mは、単勝2番人気で1着。タイム1:37.8秒は平均を少し下回るタイムも、スローペースを先行しながら折り合えた部分は、距離短縮のここが少し心配かなと。

3角手前から逃げる格好で競馬を展開。最終的には押し切る競馬でしたが、今回は同型馬もいますし、パワーの要る京都コースですからやすやすとは逃げ切れないのも事実。

血統背景的にこの手のコースは問題ないように見えますが、最後はやはり同型と距離短縮によるかかり方。

これさえ克服出来れば、良い勝負はすると思います。

サトノゴールド

生年月日2017年02月04日 (牡3歳)
調教師須貝 尚介(栗東)
馬主株式会社 サトミホースカンパニー
生産者/産地社台ファーム
中央獲得賞金1912万2000円
通算成績2戦1勝[1-1-0-0]
主な勝鞍19’サラ2歳新馬
ゴールドシップ
マイジェン
系統サンデーサイレンス系

個人的には、この手のタイプが好きで血統背景も申し分ないかなと。

前走札幌2歳Sは、よく2着に入ったなといった走り。札幌1800mを4角11番手からは、ほぼ難しい位置取りですが、それを上がり最速で追い込んで来たのは立派。

今回、距離短縮になる分、長距離血統のサトノゴールドにとっては荷が重い可能性も、前走内容は高く評価したいですね。

東京新聞杯2020出走予定馬や予想オッズ

[getpost id=”10060″]

LINE限定『厳選軸馬』を無料配信中

当サイト【競馬単複】MOSTLY CORRECTではLINE限定『厳選軸馬』を無料配信中です。

配信内容は、《重賞版》と《平場版》の◎本命軸馬を配信、重賞は、軸馬に加え、単勝・複勝・馬連・馬単で公開します。

直近『厳選軸馬』結果

2024年2月17日(土曜)
厳選軸馬[平場版]

小倉9R◎1メイショウウネビ1着
(参考)1-3.5.4.6
小倉11R◎6プリンスミノル1着
(参考)6-5.1.3.4.15/59.8倍
京都1R◎12ミルミナーヴァ2着
(参考)12-4.5.7.13.14

参考は、お好きな馬券種で。
推奨は単勝/馬単です。

東京11RダイヤモンドS◎8サリエラ2着
京都11R京都牝馬S◎12ナムラクレア2着

日曜日限定公開が基本で、10時~11時ごろに配信。不定期ですが土曜日の公開もありますので、ぜひ、LINEお友だち追加をお願い致します。

LINEお友だち追加はこちら