各馬評価

北九州記念2019ラブカンプーの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?

北九州記念2019に出走予定のラブカンプーの追い切り調教や血統・過去データ、また予想オッズや北九州記念の過去データから予想をし、その評価なども紹介していきます。

昨年は、何かとお世話になったラブカンプーです。

葵ステークスから始まった快進撃は、スプリンターSを最後に終焉を迎え「使いすぎではないか?」という懸念が的中してしまったように休養明け初戦から惨敗。

何度か立て直すも、結果が出ていない中での叩き2戦目。

本来なら、走っても良い小倉平坦ですから、どこまで盛り返すことが出来るのか?このあたりを調べていきたいと思います。

北九州記念2019予想!ラブカンプーの評価は?

予想

アンヴァルの北九州記念2019は紐馬候補

その理由は?

昨年のスプリンターSから休養を挟んでの初戦から、まったく良いところがないラブカンプ。

「ローテーションがキツすぎで走りすぎ」という懸念はあったのですが、それでも結果を出して来ていたので、そこまで心配もないかなと思った矢先に「完全燃焼」。

陣営も「気持ちのスイッチが入っていない状態」と言うほど、走る気になっていないようです。

それでも、ラブカンプーの過去データを見る限り、「北九州記念は1着になってもおかしくないデータ」となっていますので、あとはやる気スイッチがどこにあるか探すだけでしょうか。

調教のほうは、イマイチで、1着を狙うには厳しい内容になっています。

それでも紐馬に上げた理由に「スイッチなんてんもんは、いつ入るかわからんから」という、ベタな理由からです。

予想としては、切らないといけない内容なんですが、個人的には、それでも追いかけたい1頭という気持ちでの紐馬指定です。

[insert page=’anken1′ display=’content’]

北九州記念2019に出走予定のラブカンプーの過去レースデータは?

  1. 中2週[1-3-1-0]
  2. 右回り[2-7-1-4]
  3. 7月~9月[0-6-1-1]
  4. 逃げ[2-4-0-2]
  5. 先行[0-3-1-3]
  6. 1000m~1300m[2-6-1-4]
  7. 51.5kg~53kg[0-2-0-0]

データからの結論を先に言えば「1着になっても良いデータ」

小倉も1200mも、展開も脚質も、夏競馬も斤量も、すべてクリアをしています。

今走の斤量53キロも◎。

とにかく、データだけなら、いつ走ってもおかしくないデータです。

で、

近走の大敗の理由を色々と考えた結果「斤量」じゃないかなと。

たしかに、陣営が言うように「気持ちが入っていない」というのもありますが、古馬になってからは、斤量54キロで大敗しています。

ラブカンプーは、420キロ~430キロ台の小柄な牝馬ですから、この1キロは、意外と、かなりの負担とストレスになっていたのでは?と。

2歳、3歳ならまだしも、古馬になると他馬との力関係も大きく変わってきます。

そう考えると、今走の53キロは、もしかしたら走ってくる可能性も?という仮説が立ちますね。

基本、私は最後まで狙い続けますけどね^^

[ad]

北九州記念2019に出走予定のラブカンプーの追い切りは?

栗東)坂路)良)53.7)39.2)13.1)単走強め

まったく動いていない内容ですね。

前走より悪い調教タイムですから、走ってこれる状態ではないですね。

北九州記念2019に出走予定のラブカンプーの血統背景は?

生年月日2015年04月11日(牝4歳)
毛色黒鹿毛
調教師森田 直行(栗東)
馬主増田 陽一
生産者/産地奥山 博/日高町
中央獲得賞金1億3756万4000円
通算成績17戦2勝[2-8-1-6] 主な勝鞍18’かささぎ賞
兄弟馬キングハート、ボールドハート
系統Princely Gift系

北九州記念2019予想オッズ

1ディアンドル3.0
2モズスーパーフレア3.4
3ファンタジスト4.4
4アレスバローズ7.3
5ミラアイトーン12.6
6カラクレナイ13.9
7エイシンデネブ25.7
8ダイメイプリンセス28.8
9アンヴァル29.7
10ラブカンプー35.6
11ディープダイバー45.5
12メイソンジュニア98.5
13クインズサリナ112.1
14ラインスピリット142.3
15イエローマリンバ165.0
16シャドウノエル169.3
17キングハート190.9
18エントリーチケット199.4
19ナインテイルズ224.2
20メイショウケイメイ247.1
21タマモブリリアン259.8
22ラインシュナイダー865.9

北九州記念2019斤量

アレスバローズ57.5
アンヴァル54.0
イエローマリンバ53.0
エイシンデネブ52.0
エントリーチケット54.0
カラクレナイ55.0
キングハート56.0
クインズサリナ51.0
シャドウノエル52.0
ダイメイプリンセス55.0
タマモブリリアン52.0
ディアンドル52.0
ディープダイバー53.0
ナインテイルズ55.0
ファンタジスト54.0
ミラアイトーン56.5
メイショウケイメイ50.0
メイソンジュニア54.0
モズスーパーフレア55.0
ラインシュナイダー55.0
ラインスピリット56.0
ラブカンプー53.0

北九州記念2019過去10年のデータ傾向

毎年、面白いように荒れる北九州記念ですが、その理由はどれなのか?どこにあるのか?

このあたりも含めて、過去10年の結果を見ながら、傾向を探っていきたいと思います。

  1. 単勝1番人気[0-2-2-6]と1着は無し
  2. 単勝8番人気が5勝でトップ
  3. 枠順の偏りは無し
  4. 先行・差しが有利、逃げ、追い込みは大不振
  5. 4歳5歳6歳が優秀、特に4歳牝馬は破格の数字
  6. 乗り替わり騎手が優秀
  7. 馬体重マイナスは割引
  8. 斤量56.5kg以上馬は大不振で切ってもいいくらい
  9. 斤量増は狙い目、斤量減は2キロ以上減する馬が狙い目
  10. 前走4角5番手以下が優秀
  11. 前走G1G2組み不振
  12. 前走距離1200m、1400mが優秀

荒れる重賞ということもあり、普段の重賞よりデータが多いですね。

すべて重要なデータですが、必ず予想に入れてほしいデータが、赤文字のデータです。

8番9番12番から予想に入り、最後は、7番の馬体重で最後の取捨てを決める感じでしょうか。

ただ、これでも、なかな決めかねない可能性もありますので、逆に、この条件の場合は、買わないほうが良いよ!っていうデータを紹介します。

母父ノーザンダンサー系が買えない

母父ノーザンダンサー系はアンヴァル、イエローマリンバ、エイシンデネブ、タマモブリリアン、ナインテイルズ、モズスーパーフレア、ラインシュナイダーの7頭。

北九州記念が荒れる理由の1つに血統があるのかなと。

今回、この7頭は、個人的には見送りにしようかと思っています。

そういえば、モズスーパーフレアがいますね(ニヤリ)

あと、逃げ馬。これが[0-0-0-10]。

逃げ馬は枠順次第になりますし、逃げたい馬が多いので、実際にはスタートを切らないとわからないですから、基本的には、先行馬を軸にしたほうが良さそうですね。

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。