テレビ西日本賞北九州記念2020予想や過去データ傾向を紹介します。

北九州記念過去10年の結果からデータ傾向を分析。厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から、展開予測や主観を組み合わせた結果、最終予想として印を紹介します。

無料情報→菊花賞トライアル2週連続的中に期待大!

神戸新聞杯[無料提供]

まずは先週のおさらい!
菊花賞トライアル…4人気バビットでしっかり的中です!

★セントライト記念(無料情報)
1着:バビット
2着:サトノフラッグ
3着:ガロアクリーク
3連複20倍×500円
◎10,000円獲得/回収率182%

↓↓買い目画像

そして現在公開の買い目は菊花賞トライアル…神戸新聞杯!


春は天皇賞1350%に加えダービー275%,皐月賞653%など

■無料情報・春G1シリーズ8戦6勝

◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)

やはりコントレイルは外せない?

先週に引き続き、菊花賞トライアル2週連続的中に期待大ですね。

メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。

北九州記念2020出走予定馬

北九州記念2020予想オッズ

1 モズスーパーフレア 2.5
2 ジョーカナチャン 5.0
3 アウィルアウェイ 7.0
4 レッドアンシェル 9.2
5 ダイメイプリンセス 11.4
6 タイセイアベニール 11.4
7 アンヴァル 13.5
8 ラブカンプー 17.4
9 カリオストロ 21.9
10 エイシンデネブ 29.3
11 トゥラヴェスーラ 32.9
12 メイショウキョウジ 62.6
13 メイショウカズヒメ 77.8
14 ゴールドクイーン 93.5
15 ジョイフル 107.6
16 マイネルグリット 135.9
17 プリディカメント 151.5
18 ビアイ 154.0
19 ブライティアレディ 156.6
20 クライムメジャー 177.5
21 メジェールスー 188.4
22 イエローマリンバ 219.5

5月末から検証してる無料情報
回収率300%は当たり前
今週はオールカマーの無料予想を公開!

【各月の高回収率:無料情報】
■8/23小倉8R
3連複316.4倍的中(10-2-7人気)
→9万4290円◎回収率1758%
実際に無料で公開された買い目がコチラ↓

■8/16札幌6R
3連複40.3倍的中(3-2-6人気)
→4万8360円◎回収率1008%
■7/19函館9R
3連複49.3倍的中(1-3-9人気)
→3万9440円◎回収率821%
■6/13函館7R
3連複76倍的中(3-2-9人気)
→6万800円◎回収率1267%
集計一覧↓↓

■8月の的中・回収率一覧
8/23小倉08R 1758%
8/15新潟04R 353%
8/16札幌06R 1008%
8/08札幌03R 713%
8/01札幌09R 335%

本命きっちり抑えながらの穴馬選びが秀逸。

8月は毎週土日のどちらかは的中。

レース選定や軸馬選定、穴馬選定までが上手いのは確かです。

良く当たる無料情報。試す価値は十分にあります。

しかも今回はオールカマーの無料情報を公開中です。

↑無料メルアド登録で即買い目が確認できます。

北九州記念2020予想

全体的に何が来てもおかしくない前日単勝オッズですが、今年も差す競馬がハマるようなイメージで。

特にモズスーパーフレアがハナを何が何でも取ると言う話しですから、そうなれば超の付くハイペースが想定出来、前いいる馬が根こそぎ残り100mで失速する可能性があるかなと。粘っても4角2番手3番手が3着に来るかどうか。

心の本命がジョーカナチャンで、前走アイビスサマーダッシュ組の牝馬が強いですから必然とそうなりましたが、展開を考えれば、ラブカンプーやモズスーパーフレアと一緒に馬群に沈むイメージ。

むちゃくちゃ軸で行きたいですけどね。

で、外差しがズバッと決まりそうな馬を狙ってみます。

◎本命:複勝

アンヴァル

7枠を引いたことで、前走CBC賞の良いイメージ通りの好位先団を取るのは止めて、これまで通りの差し脚質で勝負をするだろうなと。

そんな前走CBC賞は、勝ち馬ラブカンプーからコンマ3の2着に好走。完全に前有利なコースバイアスでしたから、展開がハマりましたが、それでも4番手から抜け出した上がりは、なかなかのものだったかなと思います。

今回、7枠を引いたことで、最後の直線での不利を受けにくい外めが取れ、最悪でも7番手以内を追走。そこから、差す競馬がハマるイメージです。

小倉は勝ち星や、昨年の北九州記念で3着の実績もあり問題の無いコース。引き続き斤量54キロを背負えますので、ここは期待したい1頭ですね。

◎5番アンヴァル
○18番トゥラヴェスーラ
▲12番マイネルグリット
△15番ジョーカナチャン
△11番アウィルアウェイ
×6番クライムメジャー
×7番カリオストロ

馬連◎○=◎○▲△△××11点

キーンランドC前に見ておくべき頼りになる無料情報!
春のG1連勝街道の無料情報。
実は一緒に公開しているワイド情報もかなり激アツなんです!

◎ワイド実績(無料)
■8/23小倉01R
ワイド8-10的中/2.9倍×3500円
→1万150円獲得!回収率203%
■8/22新潟06R
ワイド4-10的中/3.5倍×3000円
→1万500円獲得!回収率210%
■8/15札幌04R
ワイド4-6的中/4.3倍×4000円
→1万7200円獲得!回収率344%
【ワイド的中一覧】

春も稼がせてもらいました!
【G1-無料予想戦績】
◎安田記念→6720円
◎ダービー→1万4800円
◎Vマイル→1万1840円
◎天皇賞→6万7500円
◎皐月賞→3万6600円
◎桜花賞→5万360円
※オール3連複
天皇賞春は10人気おさえ回収率1300%超え!
的確でありながら高配当を見込めます。

今週はキーンランドCの3連複と他ワイドを無料公開なので、ここは期待出来ます!

 

北九州記念2020過去10年データ傾向分析

単勝人気データ

  • 1番人気 [0- 2- 1- 7]
  • 2番人気 [1- 1- 1- 7]
  • 3番人気 [1- 2- 1- 6]
  • 4番人気 [0- 1- 1- 8]
  • 5番人気 [1- 1- 1- 7]
  • 6番人気 [2- 0- 2- 6]
  • 7番人気 [0- 0- 1- 9]
  • 8番人気 [4- 0- 0- 6]
  • 9番人気 [1- 0- 0- 9]
  • 10番人気 [0- 0- 0- 10]
  • 11番人気 [0- 0- 0- 10]
  • 12番人気 [0- 1- 0- 9]
  • 13番人気 [0- 1- 0- 8]
  • 14番人気 [0- 1- 0- 8]
  • 15番人気 [0- 0- 1- 8]
  • 16番人気 [0- 0- 0- 8]
  • 17番人気 [0- 0- 1- 6]
  • 18番人気 [0- 0- 0- 6]

単勝1番人気[0-2-1-7]と苦戦しており勝率は0%。

単勝1番人気の単勝オッズは以下の通りで

  • 1.5~ 1.9 [0- 1- 0- 0]
  • 2.0~ 2.9 [0- 1- 0- 1]
  • 3.0~ 3.9 [0- 0- 1- 3]
  • 4.0~ 4.9 [0- 0- 0- 1]
  • 5.0~ 6.9 [0- 0- 0- 2]

単勝3倍以上が苦戦している結果です。モズスーパーフレアの当日単勝人気とオッズには注目したいところです。

単勝10番人気以下からの勝ち馬は出ていないですが[0-3-2-73]と穴馬として好走している結果です。

また、単勝8番人気が4勝と好走している点にも注目したいですね。

単勝オッズデータ

  • 1.0~ 1.4 [0- 0- 0- 0]
  • 1.5~ 1.9 [0- 1- 0- 0]
  • 2.0~ 2.9 [0- 1- 0- 1]
  • 3.0~ 3.9 [0- 0- 1- 3]
  • 4.0~ 4.9 [0- 1- 0- 2]
  • 5.0~ 6.9 [2- 1- 1- 9]
  • 7.0~ 9.9 [1- 3- 4- 14]
  • 10.0~14.9 [3- 0- 2- 15]
  • 15.0~19.9 [2- 0- 0- 12]
  • 20.0~29.9 [1- 0- 0- 20 ]
  • 30.0~49.9 [1- 3- 0- 21]
  • 50.0~99.9 [0- 0- 1- 15]
  • 100.0~ [0- 0- 1- 26]

荒れやすい北九州記念ですが、単勝50倍以上に連対以上が無い結果で、荒れやすいレースですが過度な人気薄への期待は軽視すべき点かなと。

全体的に狙いやすいのが単勝5倍~49.9倍と幅広いオッズ帯ですが、ここが好走しやすいオッズです。毎年、人気割れをしやすいレースですので、ここまで広めの好走結果になっています。

ただし、単勝1.5倍~4.9倍が[0-3-1-6]と勝ち星は無いものの好走している点。さらに単勝2.9倍以内に至っては[0-2-0-1]とさらに好走していますので、このあたりも要チェックが必要かと思います。

枠順データ

  • 1枠 [1- 0- 0-17]
  • 2枠 [2- 0- 0-17]
  • 3枠 [1- 2- 2-14]
  • 4枠 [1- 4- 1-14]
  • 5枠 [1- 0- 1-18]
  • 6枠 [1- 2- 2-15]
  • 7枠 [0- 1- 1-23]
  • 8枠 [3- 1- 3-20]

4枠[1-4-1-14]勝率5%、連対率25%、3着内率30%と全体ではトップの成績。脚質傾向は先行~差し馬で、追い込み馬は苦戦。

1枠が[1-0-0-17]と苦戦しており、これは単勝3番人気以下に当てはまる結果ですから、ある程度は信頼出来る数字かなと思います。ゆいつの1勝は単勝8番人気。

全体的には2枠より外枠が勝ち負け出来ている結果です。

間隔データ

  • 連闘 [0- 0- 0- 2]
  • 2週 [0- 1- 0- 0]
  • 3週 [5- 6- 3- 29]
  • 4週 [1- 0- 1- 20]
  • 5~ 9週 [3- 2- 5- 63]
  • 10~25週 [1- 1- 1- 18]
  • 半年以上 [0- 0- 0- 6]
  • 明け2戦 [3- 1- 1- 40]
  • 明け3戦 [2- 1- 2- 24]
  • 明け4戦 [2- 0- 2- 12]
  • 明け5戦 [1- 0- 2- 11]
  • 明け6~ [1- 6- 2- 24]

中3週[5-6-3-29]となっており、必然とアイビスサマーダッシュが好走という結果です。

脚質データ

  • 逃げ [0- 0- 0- 10]
  • 先行 [3- 5- 3- 30]
  • 中団 [6- 4- 4- 55]
  • 後方 [1- 1- 2- 43]
  • マクリ [0- 0- 1- 0]
  • 3F1位 [3- 0- 3- 6]
  • 3F2位 [2- 1- 0- 8]
  • 3F3位 [2- 2- 1- 5]
  • 3F~5位 [2- 4- 1- 16]
  • 3F6位~ [1- 3- 5-103]

逃げ[0-0-0-10]と苦戦。

全体的には、先行~差し[9-9-7-85]と中心の存在です。

上がり3F3位以内が7勝と、上がり3F勝負になりやすい反面、上がり3F6以下も好走しており、人気薄の好走が目立っている点に注目したいところです。

馬体重データ

  • ~439kg [0- 1- 2- 10]
  • 440~459kg [1- 1- 1- 21]
  • 460~479kg [3- 3- 4- 41]
  • 480~499kg [4- 2- 2- 35]
  • 500~519kg [2- 1- 0- 22]
  • 520~539kg [0- 2- 1- 6]
  • 540~ [0- 0- 0- 3]

馬体重460キロ~519キロ以下で9勝と中心の存在。馬体重520キロ以上の大型馬になれば勝ち星が無い結果です。

また、牝馬に限れば

  • 460~479kg [2- 1- 4-17]
  • 480~499kg [3- 2- 0-10]

馬体重460キロ~499キロまでが好走している結果です。これは単勝3番人気以内に支持された馬も入っているため、強いデータだと思います。

騎手データ(牝馬限定)

過去10年で3回以上騎乗した騎手限定です。

  • 武豊 [2- 0- 1- 1]
  • 北村友一 [1- 1- 0- 3]
  • 太宰啓介 [0- 1- 0- 2]
  • 国分恭介 [0- 1- 0- 2]
  • 高倉稜 [0- 0- 1- 4]
  • 武幸四郎 [0- 0- 0- 3]
  • 松若風馬 [0- 0- 0- 5]
  • 国分優作 [0- 0- 0- 3]
  • 川須栄彦 [0- 0- 0- 4]

武豊騎手が[2-0-1-1]と好走しており、②③⑥番人気での結果。①番人気だった2018年は7着に敗退。

北村友一騎手は③⑧番人気で好走。

調教師データ(牝馬限定)

過去10年で2頭以上出走した調教師限定です。

  • (栗)森田直行 1- 1- 1- 1
  • (栗)角田晃一 1- 1- 0- 1
  • (栗)福島信晴 1- 0- 0- 5
  • (栗)安田隆行 1- 0- 0- 2
  • (栗)鮫島一歩 1- 0- 0- 1
  • (栗)高野友和 0- 1- 0- 1
  • (栗)大久保龍 0- 1- 0- 1
  • (栗)小崎憲 0- 0- 2- 3
  • (栗)高橋亮 0- 0- 1- 2
  • (栗)藤岡健一 0- 0- 1- 1
  • (栗)石坂正 0- 0- 1- 1
  • (栗)村山明 0- 0- 0- 3
  • (栗)音無秀孝 0- 0- 0- 2
  • (栗)佐々木晶 0- 0- 0- 2
  • (栗)高橋康之 0- 0- 0- 3

生産者データ(牝馬限定)

過去10年で2頭以上出走した生産者限定です。

  • 土居忠吉 [1- 1- 0- 1]
  • 横井哲 [1- 1- 0- 0]
  • 大西ファーム [1- 0- 0- 1]
  • ノーザンファーム [0- 1- 1- 3]
  • 社台コーポレーショ [0- 1- 1- 3]
  • 栄進牧場 [0- 1- 1- 2]
  • 赤田牧場 [0- 1- 0- 1]
  • キヨタケ牧場 [0- 0- 1- 2]
  • 社台ファーム [0- 0- 1- 4]
  • 奥山博 [0- 0- 1- 1]
  • 下河辺牧場 [0- 0- 0- 3]
  • 飛野牧場 [0- 0- 0- 2]
  • 昭和牧場 [0- 0- 0- 2]
  • 沖田哲夫 [0- 0- 0- 2]

年齢データ

  • 3歳 [0- 2- 2- 17]
  • 4歳 [3- 4- 4- 19]
  • 5歳 [3- 4- 1- 35]
  • 6歳 [3- 0- 2- 39]
  • 7歳以上 [1- 0- 1- 28]

4歳~6歳で9勝と中心の存在。7歳以上は苦戦。

性別・所属別データ

  • 牡馬・せん馬[4-4-4-82]
  • 牝馬[6-6-6-56]
  • 関東馬[1-0-0-9]
  • 関西馬[9-10-10-129]

前走人気データ

  • 前走1人気 [3- 6- 3- 7]
  • 前走2人気 [3- 0- 1- 11]
  • 前走3人気 [1- 1- 0- 10]
  • 前走4人気 [1- 0- 1- 15]
  • 前走5人気 [0- 0- 2- 13]
  • 前走6~9人 [2- 2- 1- 35]
  • 前走10人~ [0- 1- 2- 46]

前走2番人気以内[6-6-7-18]と好走。3着以内20頭は、当日単勝上位組が優秀も、当日単勝8番人気以下からも好走しているように、前走からの巻き返しも期待出来る結果です。

前走着順データ

  • 前走1着 [4- 7- 3- 18]
  • 前走2着 [0- 1- 2- 12]
  • 前走3着 [1- 0- 0- 7]
  • 前走4着 [1- 0- 1- 12]
  • 前走5着 [0- 0- 0- 8]
  • 前走6~9着 [3- 2- 1- 36]
  • 前走10着~ [1- 0- 3- 44]

前走1着馬[4-7-3-18]と好走していますが、前走6着以下[4-2-4-80]と巻き返し可能な結果です。

前走クラスデータ

  • 同クラス [8- 5- 9-120]
  • 今走昇級戦 [2- 5- 1- 18]
  • 2勝 [1- 1- 0- 3]
  • 3勝 [1- 4- 1- 15]
  • オープン特別 [3- 2- 2- 36]
  • G3 [5- 3- 6- 77]
  • G2 [0- 0- 0- 2]
  • G1 [0- 0- 1- 5]

前走G3組が中心の存在も、昇級初戦組が[2-5-1-18]と好走。ただし、前走3勝クラスは、当日単勝3番人気以内で[1-3-1-2]の結果ですから、人気薄は苦戦している結果です。

前走コースデータ

  • 新潟・芝1000 [5- 3- 3-37]
  • 小倉・芝1200 [2- 3- 1- 9]
  • 同コース [2- 3- 1- 9]
  • 福島・芝1200 [2- 0- 2-24]
  • 中京・芝1200 [1- 0- 2-29]
  • 京都・芝1200 [0- 1- 1-10]
  • 阪神・芝1200 [0- 1- 0- 2]
  • 中山・芝1200 [0- 1- 0- 1]
  • 函館・芝1200 [0- 0- 0- 7]
  • 京都・芝1400外 [0- 0- 0- 5]
  • 東京・芝1600 [0- 0- 0- 2]
  • 中京・芝1400 [0- 0- 0- 3]
  • 東京・ダ1400 [0- 0- 0- 2]
  • 阪神・芝1400 [0- 0- 0- 2]

前走函館芝1200m、京都芝1400m組は苦戦。

前走レースデータ

  • アイビスG3 [4- 3- 3-37]
  • バーデンH [2- 0- 2-20]
  • 佐世保S1600 [1- 1- 1- 4]
  • CBC賞HG3 [1- 0- 3-29]
  • 北九州短1600 [0- 1- 0- 1]
  • 葵S [0- 1- 0- 2]
  • 函館スプG3 [0- 0- 0- 7]
  • 高松宮記G1 [0- 0- 0- 2]
  • NHKマG1 [0- 0- 0- 2]
  • 鞍馬SH [0- 0- 0- 2]
  • 安土城S [0- 0- 0- 3]
  • テレビユ1600 [0- 0- 0- 3]
  • 彦根S1600 [0- 0- 0- 2]
  • 飛騨SH1600 [0- 0- 0- 2]
  • 西部日H1000 [0- 0- 0- 2]

前走アイビスサマーダッシュ組が好走[4-3-3-37]。牝馬に限れば[4-2-2-13]とさらに好走しており、勝ち星4勝はすべて牝馬によるもの。

前走函館スプリント [0- 0- 0- 7]と苦戦。高松宮記念も[0-0-0-2]とやや苦戦傾向です。

北九州記念2020過去10年データ傾向分析まとめ

  1. 単勝1番人気[0-2-1-7]と苦戦
  2. 単勝10番人気以下[0-3-2-73]穴馬として好走
  3. 単勝8番人気が4勝
  4. 単勝50倍以上に連対以上無し
  5. 単勝2.9倍以内に至っては[0-2-0-1]好走
  6. 4枠[1-4-1-14]8枠[3-1-3-20]と好走
  7. 1枠[1-0-0-17]と苦戦
  8. 中3週[5-6-3-29]好走
  9. 先行~差し[9-9-7-85]と中心
  10. 馬体重460キロ~519キロ以下で9勝と中心
  11. 牝馬なら馬体重460キロ~499キロまでが好走
  12. 4歳~6歳で9勝と中心
  13. 牝馬[6-6-6-56]と好走
  14. 関西馬[9-10-10-129]断然優秀の結果
  15. 前走2番人気以内[6-6-7-18]と好走
  16. 前走1着馬[4-7-3-18]と好走
  17. 前走6着以下[4-2-4-80]と巻き返し可能
  18. 前走G3組が中心
  19. 昇級初戦組が[2-5-1-18]と好走
  20. 前走アイビスサマーダッシュ組が好走[4-3-3-37]
  21. 前走アイビスサマーダッシュの牝馬に限れば[4-2-2-13]
  22. 前走函館スプリント[0-0-0-7]と苦戦
  23. 高松宮記念も[0-0-0-2]とやや苦戦
関連キーワード
おすすめの記事