小倉大賞典2019予想!前走1番人気も大敗した旨味十分の馬を狙う


小倉大賞典2019の予想を中心に過去10年のデータ解析やデータ推奨馬、サイト管理人の複勝推奨馬などを紹介します。

2019/2/17(日) 1回小倉4日目
小倉11R小倉大賞典(G3)
サラ系4歳上オープン(国) ハンデ
芝1800m 14頭 15:20発走

本日の⇒厳選鉄板軸馬

 

G3は、全クラスの中でも荒れやすいレースですが、なぜ?荒れやすいレースかを説明すると、っていう話から今日は入っていきます。データ推奨馬や、複勝推奨馬をご覧になりかたい方は、飛ばしてください。

 

G1G2クラスになると、どの枠順に入っても自分の脚質通りの競馬をしようとします。
統一性された脚質ですね。
これが、G3になると、枠順や脚質の並びを加味しながらスタート次第で脚質を変える傾向が強いです。出たとこ勝負というやつです。ですから、展開が読み辛いんですね。

競馬新聞やネット情報などは、展開面を重視する傾向が強いですから印もそういった意図の中から生まれたものになり、それを参考にする方の馬券がオッズに反映されていきます。すべてではありませんが、競馬新聞の印は影響力が凄いですからね。

小倉記念の重要なデータの中で「前走逃げ⇒小倉記念差し」の数字が良いのも出たとこ勝負な脚質が大きく関わっているからだと思います。

ですので、

思いもよらない馬や、前走重賞大敗馬がここで覚醒したような走りをして穴を開けたりすると思っています。荒れる要素のすべてが脚質だとは言いませんが、大きく関わっているのは確かだと考えています。

それでは、オッズですね。

出典:netkeiba.com


2018年鉄板軸馬成績連対率80%や3着内率86%超えなど無料情報ではありえない情報が毎週見られる優良サイトです。また、重賞予想には定評があり、毎週初めの注目馬も要チェックです。詳しくはこちら⇒黒の馬券師

小倉大賞典2019重要な好走データ

  1. 前走中山金杯、京都金杯組
  2. 斤量56、5キロ以上
  3. 内枠~中枠

斤量56、5キロ以上の馬の好走率が高い点。
ハンデ重賞でも実力を評価された馬の活躍が目立つということでしょうか。
これは最重要データかなと。

ここに前走中山金杯、京都金杯が絡んできて、内枠~中枠馬なら、さらに好走率が上がってきます。他にもデータはありますが、小倉大賞典に限っては、以上3点の好走データで十分かなと。

荒れやすい重賞ですからね。簡素化したデータで勝負といったところでしょうか。

小倉大賞典2019データ推奨馬

4番マウントゴールド

生年月日 2013年03月28日(牡6歳)
毛色鹿毛
調教師池江 泰寿(栗東)
馬主青芝商事 株式会社
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金1億0832万7000円
通算成績 14戦4勝[4-1-3-6] 主な勝鞍 18’オクトーバーS
兄弟馬デルマジャイアン、レッドラミア
系統サンデーサイレンス系

2番エアアンセム

生年月日 2011年03月08日(牡8歳)
毛色黒鹿毛
調教師吉村 圭司(栗東)
馬主株式会社 ラッキーフィールド
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金1億9000万0000円
通算成績 30戦5勝[5-4-6-15] 主な勝鞍 18’函館記念
兄弟馬エアルーティーン、エアセリーナ
系統Roberto系

小倉大賞典2019複勝推奨馬

4番マウントゴールド

エアアンセム、マイスタイル、ケイティクレバー、マウントゴールドの4頭までは、スンナリと決めれましたが、ここから悩みましたが結果的にマウントゴールドを複勝推奨馬に。

前走中山金杯は単勝1番人気に支持されるもスタートで後手を踏んで最後まで自分の競馬が出来ずに12着と大敗。何も出来なかったことを考えると、そこまで悲観する内容ではないかなと。

今回、内枠に入ったことで、スタートは絶対に決めてほしい所。スタートさえ五分なら、脚質の並びで行けば、スムーズに先行が出来るかなと。

単純な上がり勝負では分が悪いため、数頭の逃げ馬がいるのも好都合。小倉記念では3着の実績もありますから、前走大敗で人気が下がっている今回は旨味十分かなと考えています。

小倉大賞典2019激熱穴推奨馬

10番ケイティクレバー

これがねー。ほんと激熱なんですけどね。ゲキアツ。

そうとう悩んだ1頭なんですが、今回、凄く良さそうに見ています。馬柱を見て初めに目が合ったのがこの馬なんですよね。

「うわっ。ケイティクレバーが出走してるやん!」って。

ケイティクレバーが逃げた時の成績が[3-2-1-3]と数字が良く、1600万、3歳OPでは3着以内100%。で、前走の内容が良くて、ミドルペースを演出して上がり3F2位で逃げ切って優勝。

タイムはいたって平凡も、ケイティクレバーが逃げると、抜群のペースに落として自分が一番走りやすい状態に持っていける脚質が魅力です。

ただ、今回は同型馬が多いですし、枠順的に控える形になる可能性もありますので
楽にハナに立てればの注文付きなら穴を開ける可能性は十分にあります。

今週の重賞&特別レース予想

ダイヤモンドS2019予想

京都牝馬S2019予想

河原町ステークス2019予想

フェブラリーS2019データ解析推奨馬

フェブラリーS2019予想注目馬

タイトルとURLをコピーしました