小倉記念2019予想や過去10年データ傾向!狙いはメールドグラース

小倉記念2019の予想や、過去10年のデータ傾向を紹介します。

サマー2000シリーズ
第55回 農林水産省賞典 小倉記念(GⅢ)

3歳以上オープン2,000 m(芝)ハンデ

 

夏競馬、伝統の一戦である小倉記念。

とにかくサンデーサイレンス系が強く、

軸は問答無用でサンデーサイレンス系から

選ぶのが理想。

 

小倉2000mは、

スパイラルカーブを採用している関係で

先行馬が優秀な結果を残しています。

 

追い込み勢は、割引も

4角11番手以内なら馬券圏内。

 

展開は、小倉記念2000mのみに言える

特殊なペース傾向で

ミドルペース以上が通例。

 

そうなると、先行有利でも

それなりのパワーとスタミナは必要で

前走2000m以上に出走した馬が中心。

スポンサーリンク

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

小倉記念2019出走登録馬

メールドグラース
アイスバブル
タニノフランケル
レトロロック
ストロングタイタン
アイスストーム
クリノヤマトノオー
アウトライアーズ
ノーブルマーズ
カフェブリッツ
カデナ
シャイニービーム
アドマイヤアルバ

小倉記念2019データ傾向

過去10年のデータ傾向は、

  1. 4歳5歳が中心
  2. 牡馬、セン馬が優秀
  3. 父サンデーサイレンス系が優秀
  4. 栗東所属馬が有利
  5. 中枠から外枠が有利
  6. 軸は単勝6番人気以内
  7. 斤量54キロ~57キロが中心
  8. 前走G1orG3組が優秀
  9. 前走七夕賞、新潟記念が狙い目
  10. 前走負け着秒2秒以内なら勝ち負け

 

特に意識して予想に入りたいデータが

前走負け着秒2秒以内なら勝ち負け。

 

大抵の重賞なら1秒以内までを中心に

予想に入れば何とかなるレースが多いですが

小倉記念は、2秒以内までが馬券圏内。

 

登録馬で言えば、

ストロングタイタン以外の12頭が

予想範囲馬。

 

そこから、データである程度、

絞り込んで行く必要がある傾向ですね。

 

赤太文字で書いた6項目は

特にキツイデータなので

このあたりを絡めて予想に入っていこうと

考えています。

スポンサーリンク

小倉記念2019軸馬推奨馬2頭

枠順やハンデが決まっていないので、

あくまで推奨馬として紹介しますね。

 

メンバーの脚質的に

先行馬が少なく

そこまでテンから

ガツガツと行くことはないかなと。

 

そうなると、ペースは

速くてもミドルペースまで。

 

小倉巧者の都合や、先行覚醒馬が

現れない限り、

久しぶりのスローペースもありえる

メンバーの脚質。

 

そうなると、

先行で抜け出す力のある

馬を狙うのがベストかなと。

 

メールドグラース

個人的には、前走鳴尾記念の抜け出し方が

鮮明すぎて、

あの感じで差す競馬ができれば

G3なら安定した結果を残すだろうなと。

 

最近は差す競馬が板についてきましたが

先行させても折り合いがつきますから

走ってきますし、

差す競馬でも、そこまで後ろからではないので

軸馬としては最適かなと。

 

あとは枠順とハンデがどこまで見込まれるか?

このあたりでしょうね。

 

アイスバブル

 

スタート次第で、前へいくか、中団で競馬をするか。

そういった感覚の馬ですから

このあたりは、そこまで気にしなくていいかなと。

 

気になるのはハンデ。

 

56キロになることは無いと思いますが

55キロまでなら十分に軸馬としては

狙えるかなと。

 

アイスバブルの強みはなんといっても

どんなペースでも安定した結果を出している点。

 

前走は初重賞挑戦でも2着と

素質馬がやっと走り出した印象。

 

どんなペースでも安定した結果を出せる

ということは、

逆に言えば詰めが甘いとも言えるので

前走の結果は、良い面が出た結果。

 

メンバー的に見ても

脚質、ペース的に見ても

今回はプラス材料が揃った感じ。

 

心配な点を挙げるなら

ハンデと、間隔が開いた分がどうかだけ。

タイトルとURLをコピーしました