中央競馬最終予想

小倉日経オープン2019予想/追い切りや血統・過去データ分析/叩き2戦目で更に前進の狙い馬とは?

2019年8月25日第2回小倉競馬第10日小倉日経オープン2019芝1,800mの予想を中心に追い切りや血統・過去データ分析などを紹介します。

小倉1800m芝と言えば、サンデーサイレンス系がダントツで強く、上がり勝負になりやすいのが特徴ですよね。

過去10年を見ても、上がり3F1位~2位が3着以内が優秀ですから、そのあたりに該当するような馬から予想に入っていきます。

小倉日経オープン2019予想

本命◎

マウントゴールド

意外と人気をしていなくて驚きましたが、昨年はチャレンジC2着、小倉記念3着と、G3では好走をしている実績馬。

今年は、G3を2戦してイマイチの成績でしたが、前走オープン特別で2着。

久々でしたが、OPクラスなら、このくらいは普通に走っていますので、驚かないのですが、斤量ですね。自身初の58キロで2着ですから、ここに来て力をつけて来たか、勾配の少ない馬場がよほど合うなんだなと。

小倉1800mの持ちタイムは1:47.0で、可もなく不可もなくといったところ。

今回、マウントゴールドを狙う最大の理由が「展開」。

ケイティクレバー、アロハリリー、マウントゴールドのいずれかが逃げるにせよ、ミドルペース以内で逃げれる、先行が出来るなら、この馬の出番があるかなと。

アロハリリーなんかが行けば、最高の展開が待っているんですけどね。

調教も、ここに来てだいぶ動いてきたので、前走くらいはキープをしているように見えます。

上がり重視の馬場ですが、バテずにしっかりと先行出来た馬の馬券率も高いので、期待したいですね。

本日の小倉10R予想>>別府特別2019予想/追い切りや血統・過去データ分析/実績上位の軽ハンデ馬を狙う

本日の小倉9R予想>>鳥栖特別2019予想/追い切りや血統・過去データ分析/自己条件なら狙える3歳馬とは?

[insert page=’anken1′ display=’content’]

小倉日経オープン2019過去データ傾向分析

過去5年のデータ傾向を分析しています。

  1. 当日単勝1番人気[0-1-1-3]
  2. 当日単勝2番人気[2-1-0-2]
  3. 当日単勝3番人気[0-0-1-4]
  4. 前走3勝クラスかOP特別組みが優秀
  5. 前走1800mか1600m組みが優秀
  6. サンデーサイレンス系が優秀
  7. 母父ノーザンダンサー系
  8. 2連系は単勝5番人気以内
  9. 5歳6歳が優秀
  10. 関西馬中心
  11. 牡馬中心
  12. 4角5番手以内の先行馬が優秀

母父ノーザンダンサー系が非常に強く、5年連続で連対馬を出していますが、今年の該当馬は無し。

展開はミドルペースが中心で、先行~差し。多少ペースが早くなっても、先行馬は有利。

枠順はどこまらでも勝負になっており、神経質になることはないですが、先行馬は内枠~中枠に入ることに越したことはないかなと。

基本は上位人気同士での決着多く、2連系なら単勝5番人気以内の組み合わせがベスト。

最後は決めて勝負になりやすいですが、上がり34秒台が出せれば、いい勝負が出来る馬場となっています。

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。