古都ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/持ちタイム優秀差す競馬がハマる

古都ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/10R古都ステークス/3歳上1600万下/芝2,400m)

京都芝2400m外回りコースは、少頭数になればなるほど逃げ先行馬が活躍出来る展開になりやすく、馬場が緩むとその傾向がさらに加速します。

現在の関西圏は雨がやっとあがった感じですから、土曜日は良くて稍重でのスタートになりそうです。

今年のメンバーでは断然にプリンスオブペスカを狙いたいところですが半年以上の休養明けに中間の調教がイマイチですから今回は見送り。

そうなると京都2400mで好タイムを出しているあの馬を狙ってみます。

古都ステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

古都ステークス2019予想

少頭数に加え馬場状態が悪い中での長距離戦。

個人的には、プリンスオブペスカには幾度となく稼がしてもらっているだけにここでも買いたいのですが半年以上の休養明け初戦はイマイチの結果が多く、狙うのには少しためらいがあるのが本音。

中間の調教もまだまだのタイムと本数ですからここは見送り。

買いたいですけどね。

7頭立てですから複勝は2着まで。そうなると上位人気2頭で決まっても意外と配当が付くこともあり、京都2400mで好走しているマスターコードを狙ってみます。

◎本命:複勝

マスターコード

休養明け初戦だった前走WASJ2(1600万下)は5着。上がり3F2位で追いこんでの5着はまずまずの内容だったかなと。

洋芝適正の課題もありますが展開が向かずの5着ですから善戦していると思います。

2走前白川郷特別は、4番人気で1着。ミドルペースの中、差す競馬で上がり3F1位は立派でタイムも優秀。

今回は間隔が少し開きましたがこのメンバーなら十分太刀打ち出来る裏付けは持っていますので期待出来る1頭です。

和田騎手が手綱を握るのも2走前の感触のままスタートが切れそうですし、元々は先行脚質だった同馬ですから追走も苦にしないと思います。

<<参考印>>
◎マスターコード
◯ノチェブランカ
▲プリンスオブペスカ

個人的に当日の単勝オッズ次第では、マスターコードとプリンスオブペスカの単勝を買うかもしれません。やっぱりプリンスオブペスカの安定感は頭1つ抜けていると思います。

10月26日東京競馬予想/京都競馬予想/新潟競馬予想/天皇賞秋2019予想

東京競馬

アルテミスステークス2019予想オッズや過去データ/不発の無い上がり最速が狙い目
アルテミスステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/東京競馬場/11R第8回アルテミスステークス2019/2歳オープン牝馬G3/芝1,600m)上がり勝負必至なら素直に上がり最速馬を狙う
天皇賞秋2019予想オッズや枠順!過去データ傾向や展開予測/揺らぐ絶対王者の足下
天皇賞秋2019の予想を中心に枠順や予想オッズ・天皇賞秋過去データ傾向、天皇賞秋共同会見での騎手コメントを紹介します。(2019年10月27日(日曜)/東京競馬場/第160回天皇賞秋3歳以上オープン/芝2,000mG1)重賞4勝以上が近年優勝馬の最低条件

京都競馬

萩ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/小柄でもナタの切れ味ヴィースバーデン
萩ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/9R萩ステークス2019/2歳オープンリスデッド/芝1,800m)昨年の優勝馬は天皇賞秋に出走するサートゥルナーリアや、一昨年はG1馬タイムフライヤーなど2年連続でG1ホースを出している萩S。
古都ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/持ちタイム優秀差す競馬がハマる
古都ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/10R古都ステークス/3歳上1600万下/芝2,400m)京都芝2400m外回りコースは、少頭数になればなるほど逃げ先行馬が活躍出来る展開になりやすく、馬場が緩むとその傾向がさらに加速します。
スワンステークス2019予想オッズや過去データ傾向/重賞優勝経験がすべての鍵
スワンステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/11R毎日放送賞ステークス2019/3歳上オープンG2/芝1,400m)重賞1着経験が絶対条件!狙い目は6歳牡馬と4歳牡馬

新潟競馬

柏崎特別2019予想オッズや過去データ傾向分析/少頭数でこそ逃げ馬が狙い目!
柏崎特別2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/新潟競馬場/11R柏崎特別2019/3歳1000万下/芝1,600m)スローペースなら前も後ろも同じ脚色!狙うなら逃げ馬!

古都ステークスコース解説

スタートは1コーナー奥のポケットでスタンド前の直線を目一杯使っての先行争いが繰り広げられる。1コーナーまでの距離はおよそ600mで、ゴール板を越えるあたりではだいたいの位置取りが決まり、1コーナーに入るまでにはペースが落ち着く。

通常はここで一息入るため、芝2200mに比べて前有利になる。

そうしたコース形態から、スローで流れての上がり勝負。ペースによっては強い差し馬でも前の馬に追いつかないことがしばしばある。

一方、緩いペースを嫌った馬が3コーナーでマクリを打ってくるケースも見られ、そうなると展開が乱れることもある。引用先:競馬ラボ

古都ステークス過去データ傾向

過去4年の4回京都開催で行われた同条件を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[2-0-0-2]
  2. 単勝2番人気[0-1-0-3]
  3. 単勝3番人気[0-0-1-3]
  4. 関東馬[2-1-1-6]
  5. 関西馬[2-3-3-21]
  6. 牡馬[3-3-3-24]
  7. 牝馬[1-1-0-1]
  8. セン馬[0-0-0-2]
  9. 3歳[0-0-0-2]
  10. 4歳[1-1-1-7]
  11. 5歳[2-1-1-7]
  12. 6歳[0-2-2-6]
  13. 7歳上[1-0-0-5]
  14. 逃げ[1-0-0-3]
  15. 先行[1-1-1-13]
  16. 差し[2-1-1-3]
  17. 追い込み[0-2-2-8]
  • 前走2000m組[3-2-2-12]と複勝率30%を超え優秀
  • 内枠は優秀
  • サンデーサイレンス系の中でもハーツクライ産駒が優秀
タイトルとURLをコピーしました