神戸新聞杯2020予想や買い目・過去データ傾向・単勝10倍以上が狙い目の神戸新聞杯

神戸新聞杯2020予想や買い目・過去データ傾向を紹介します。

神戸新聞杯過去10年の結果データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析。予想を紹介します。

神戸新聞杯2020枠順

神戸新聞杯2020予想オッズ

1 コントレイル 1.1
2 ヴェルトライゼンデ 6.9
3 ディープボンド 16.1
4 マイラプソディ 21.3
5 グランデマーレ 29.4
6 ビターエンダー 36.1
7 ファルコニア 49.6
8 パンサラッサ 52.4
9 レクセランス 59.5
10 エンデュミオン 68.8
11 メイショウボサツ 82.4
12 マンオブスピリット 86.1
13 ディープキング 105.4
14 シンボ 129.2
15 アイアンバローズ 130.0
16 ロバートソンキー 194.4
17 ターキッシュパレス 268.3
18 イロゴトシ 341.9
[common_content id=”15549″]

神戸新聞杯2020過去データ傾向分析

過去10年を参考にしています。

単勝人気データ

単勝10番人気以下は[0-0-0-45]と苦戦。

単勝1番人気[7-2-0-1]と好走しており中心の存在です。また、10頭中全頭が前走日本ダービー組となっており、単勝3番人気以内なら[7-1-0-0]。単勝1番人気なら[2-0-0-0]。

着外となった1頭は、2018年のエポカドーロで、日本ダービーでは4着でした。

神戸新聞杯で単勝1番人気に指示されそうなコントレイルは、前走日本ダービーで優勝ですから、強いデータを持っている1頭になります。

単勝オッズデータ

単勝オッズが非常に興味深く、単勝1.4倍以内[3-0-0-0]と勝率100%。コントレイルがここに入るとすれば、サートゥルナーリア、サトノダイヤモンド、エピファネイアと同等の評価。

この3頭はいずれも前走日本ダービーで単勝1番人気で1着。もう、コントレイル1強で良いような気はしますが、馬体重を考えれば、少し不安材料になるかなと。

過去優勝馬3頭の馬体重が480キロ~519キロとなっており、コントレイルは460キロ。ただ、このあたりにケチをつけること自体、センスの無いデータ取りかもしれませんけどね(笑)

で、神戸新聞の近3年は、3着以内9頭中8頭が単勝3番人気以内となっていますが、その他の年は、人気薄の台頭が目立つ結果です。

私が狙うとすれば、単勝オッズ10倍~99.9倍[0-4-6-52]。ここを物に出来るかどうかで的中率や回収率が大きく変わるので興味津々。

以下、10倍~99.9倍の前走レース一覧です。

意外と日本ダービー組の好走が2頭のみと苦戦している結果。これは10倍以内の馬が好走している関係もありますが、当日単勝10倍以上の前走日本ダービー組からの巻き返しは少ないと思ったほうがベストかも。

逆に注目したいのが前走重賞組以外のオープン特別に2勝クラス。このクラスから当日単勝5番人気~9番人気に指示されていれば[0-4-4-42]と軽視出来ない存在かなと思います。

日本ダービー組は当日単勝3番、4番人気に指示されています。

枠順データ

中京コースの2勝3勝クラス、過去10年を参考

内枠と外枠が有利な結果。特に6枠7枠8枠は、連対率19%以上。

ただ、クラスが3勝以下のデータですので、当日の芝傾向、前日の芝傾向をチェックしたほうがさらにコースバイアスのイメージはつきやすいと思います。

脚質データ

中京コースの2勝3勝クラス、過去10年を参考

先行~差しが好走しており、その中でも上がり3F1位2位馬が活躍。上がり3F1位馬は勝率48.8%と高く、切れ味が必要になるコースです。

また、頭数は少ないですが、マクリも決まっており、阪神開催から中京開催に変更された部分では、このマクリが穴をあける可能性もありますね。

馬体重データ

クラシックのステップレースで馬体重は重要なデータのひとつだと思っています。

勝ち馬10頭全馬が460キロ~519キロで、最も好走しているのが馬体重460キロ~479キロ[5-3-3-23]。当日単勝1番人気なら[3-0-0-0]、当日単勝2番人気なら[2-0-1-1]、当日単勝3番人気なら[0-1-1-1]。

上位人気に指示されそうなヴェルトライゼンデやディープボンドは、前走馬体重480キロ台を参考にすれば、単勝2番人気で[0-2-1-0]、単勝3番人気で[0-0-1-2]。

馬体重460キロ~519キロ以内に限れば、単勝5番人気以内で[10-6-5-22]と好走しています。

騎手データ

騎乗回数4回以上の騎手を参考

ルメール騎手が[4-0-0-0]と勝率100%。2015年、16年、17年、19年に優勝。2018年は騎乗していませんので、足掛け連勝といった感じです。

すべて単勝1番人気での優勝ではなく、単勝3番人気の優勝もありますので、このあたりはやはりといった存在感ですね。

調教師データ

出走頭数3頭以上の調教師を参考

生産者データ

出走頭数2頭以上の生産者を参考

ノーザンファームが7勝とダントツの結果。当日単勝3番人気以内なら[7-4-4-4]。当日単勝1番人気なら[4-1-0-0]連対率100%。恐るべし。

前走人気データ

前走着順データ

前走1着2着[8-5-6-48]と好走しており、前走日本ダービー組なら[7-2-0-1]。他は前走2勝クラスが中心。

前走クラスデータ

前走日本ダービー組が中心。昇級初戦組は[1-3-3-59]と穴をあけるならこの組から。

前走コースデータ

前走レースデータ

神戸新聞杯2020・1週間前予想

コントレイルが菊花賞へ向かうとなれば、神戸新聞杯での位置取りが重要になって来るかなと。

これまで5戦を戦って来て、4角通過は7番以内。皐月賞の7番手が最後方からの競馬でした。先週3日間の中京開催で芝レースは、先行馬が優秀で、コントレイルには展開が向きそうな感じですが、菊花賞のことを考えると、神戸新聞杯での位置取りは、中団からの競馬になるのかなと。

そうなれば届かない可能性もあり、このあたりは先見の明が必要になってきますね。

1週間前予想では、

  1. コントレイル
  2. ディープキング
  3. パンサラッサ
  4. ファルコニア
  5. メイショウボサツ
  6. ヴェルトライゼンデ

この6頭を中心に馬券を組んでいこうと思っています。

あとは、枠順や脚質の並び。土曜日の芝傾向などを見て、最終的な予想を紹介したいと思います。

神戸新聞杯2020・最終予想

タイトルを「単勝10倍以上が狙い目の神戸新聞杯」と書いたのが1週間前で、前日の単勝オッズがコントレイル1.1倍以外、全馬が単勝20倍以上となっており、かなり恥ずかしい感じで、最終予想を書いています。

コントレイルが断然人気となっている以上、個人的には、違う馬から予想に入り、回収率を上げたいなと思いながら、極論を言えば、コントレイル以外の全馬の単勝を買えばいいだけで、それくらい、コントレイルの単勝オッズは、旨味があります。

中京芝2200mの過去10年のデータ傾向を参考にすれば、6枠7枠8枠の3着内率が30%を越えており、神戸新聞杯もここを狙うのがベスト。

26日の中京芝コースは差し馬が優勢で、過去データも差し。このまま良馬場であれば、この傾向はそのまま反映されやすいと思います。

◎本命・複勝

ファルコニア

前走京都新聞杯は単勝2番人気で3着。勝ち馬からコンマ3秒以内なら上出来の内容だったと思います。タイムも速いほうですから、地力は十分あると見て良いレースでした。

神戸新聞杯は、非根幹距離ということで、距離適性が問われる1戦でもありますので、未勝利勝ちで芝1800mを。スプリングSで4着。前走京都新聞杯で3着の結果は、適正十分かなと。

今回、コントレイルは1枠を引きましたので、ある程度前に行くはず。そうなれば必然と全馬がそれに釣られるように前への意識が高くなり、本来ならスローペースのところをミドルペース以上の競馬になりかねないですから、差し馬の出番。

特に外差しが前を交わしても不思議ではない競馬をイメージしています。

そのあたりを考えても、7枠ファルコニアは、最高の枠に入り、ここからある程度前を見ながら競馬が出来るのもプラス。そして3枠4枠5枠が差し馬勢に偏っていますので、最後の直線に向かうところでも、スムーズに上がっていけるはず。

今回は、長期休暇明けの1戦となり、過去データには無い、前走京都新聞杯組ですが、展開と距離適性。地力の高さ、川田騎手の中京芝2200m[0-3-2-5](勝ててないけど)に期待したいですね。

◎ファルコニア
○エンデュミオン
▲コントレイル
△マンオブスピリット
×ビターエンダー
×パンサラッサ

◎○=▲△××8点

[common_content id=”15869″] [common_content id=”15549″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました