高知県知事賞2018予想!昨年のリベンジに期待したい2頭の古豪!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高知県知事賞2018の予想を紹介します。過去5年、すべてのレースが重馬場での開催。配当は、以外と荒れることもなく、1番人気の連対率が優秀。荒れたとしても紐荒れで、単勝1番人気で1着になる馬のほとんどが圧勝でのレースが多く、絶対的軸馬の存在があるかどうかが鍵。

コース形態が、他地方競馬とは異なり、
逃げ、先行馬が有利な地方競馬であっても高知競馬は、
差し、追い込みも届くというコース。

実際、過去5年を見ても
4角11番手から差してきて馬券になっている馬も多く
何が来てもおかしくない、
全馬が力を出しやすいコースといってもいいでしょうね。

また、騎手の偏りが極端なのも高知競馬特有と言った形で、今年も有力馬に赤岡騎手、永森騎手が跨っているのも頷けます。個人的には、昨年のリベンジを果たしてほしいイッツガナハプン。昨年は、単勝2番人気に支持されながらシンガリ負け。今年は赤岡騎手が騎乗ですから、期待も大きいです。ただし、2400mという距離が長いのかもしれません。昨年の負け方がシンガリですから、体調面や精神的なことなら納得も出来ますが、それ以外なら、距離の部分になりますから、この辺がどうか。

 

当サイト【競馬単複】MOSTLY CORRECTの2018年の予想は、この高知県知事賞2018が最後となります。

本日の予想は、全4鞍で、計6点の予想。高知県知事賞までは3戦1勝、回収率112%の成績。このままプラス予想で終わるためにも、高知県知事賞きっちりと的中させたいところです。

 

それでは予想です。単勝2点になります。

単勝1番イッツガナハプン

距離の部分で?というのもありますが、3走前のスパーキングサマーカップでは着差以上に着秒が優秀。勝ち馬からコンマ5秒差。南関東のこのクラスでここまで走ることができれば、高知県知事賞でも勝ち負け出来る力量はあるかなと。

実力もありますし、実績もあります。あとは距離の問題。

 

単勝2番チャオ

イッツガナハプンとは逆に、距離が伸びて良さそうなのがチャオ。昨年は2着と低評価を覆す走り。今年も安定した走りで、掲示板を外すことなく高知県知事賞へ。個人的な見解に詰めの甘さは距離の部分かなと。差せそうで差せない最後の直線の攻防。距離が伸びることで、この馬本来の良さが出るのでは?と考えています。

2頭の共通点としては、内枠の最大の利点である距離ロスを防ぎ、ある程度前目で競馬が出来そうな脚質の並びもプラス材料の2頭が中心。

古馬の経験をここでも見せつけてほしいですね。

>>中山金杯2019予想データ解析注目推奨馬!狙う価値のある重賞未勝利馬
>>京都金杯2019予想データ解析注目馬それでも狙いたくなる明け7歳馬

以下、公開予定重賞一覧です。(青文字は予想を公開しています)

12/29 第64回東京大賞典2018
12/30 第12回東京シンデレラマイル
12/30 第22回ライデンリーダー記念
12/31 第42回東京2歳優駿牝馬
12/31 第47回東海ゴールドカップ
12/31 第47回園田ジュニアカップ
12/31 第49回高知県知事賞

タイトルとURLをコピーしました