クラスターカップ2020予想・激アツ穴馬考察/展開面でドハマリするならこの2頭

クラスターカップ2020予想・激アツ穴馬考察(2020年8月10日第5回盛岡競馬第3日第25回 クラスターカップJpnIIIオープン/ダート1200m交流重賞)

過去10年、3連単最高配当が8620円、馬連最高配当が1250円、3着以内は単勝6番人気以内までと、比較的上位人気馬の決着となっているクラスターカップ。

それでも今年は、

  1. 逃げ先行馬が揃ったこと
  2. 上位人気馬の地方競馬初参戦馬
  3. 馬場状態悪化による例年以上の高速馬場化

などの材料もあり、穴馬が台頭してもおかしくないレースになる可能性もありますので、クラスターカップ2020予想・激アツ穴馬考察と題して、穴馬を2頭紹介していきます。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

クラスターカップ2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ヒロシゲゴールド 牡5 54 藤岡康太
2 2 アユツリオヤジ 牡6 54 北村友一
3 3 ブルドッグボス 牡8 59 御神本訓史
4 4 サマニー 騸7 54 陶文峰
4 5 ショーム 牡5 54 横山典弘
5 6 スティンライクビー 騸8 54 内田利雄
5 7 メイショウアイアン 牡10 55 落合玄太
6 8 ブラゾンドゥリス 騸8 55 高松亮
6 9 マテラスカイ 牡6 55 武豊
7 10 ミスティカル 牡5 54 山本聡哉
7 11 ツルオカボルト 牡9 54 菅原辰徳
8 12 トップウイナー 牡4 54 和田竜二
8 13 シャドウパーティ 騸11 54 高橋悠里

クラスターカップ2020予想激アツ穴馬考察

展開を考えれば、マテラスカイがハナに拘るも、1枠1番ヒロシゲゴールド、6枠8番ブラゾンドゥリス、7枠11番ツルオカボルトらが、ハナ争いに加わることで、仮にマテラスカイがハナへ立てたとしても、

かなりのテンの速さになるのは容易に伺え、最終コーナーから直線に向いたところで、2頭以上は失速してもおかしくない競馬になるかなと。

それでもマテラスカイが地力で押し切ることも十分に考えられますので、あくまでも2頭目、3頭目の馬に狙いを定め、超ハイペースを活かす競馬を得意とする差し馬を穴候補に挙げたいと思います。

激アツ穴馬1頭目

メイショウアイアン

前日オッズで単勝8番人気とえらく人気薄になっているなと思いながらも、展開を考えればニヤッとしてしまうのがメイショウアイアン。

地方競馬に転厩してから、ダート1200mは[3-4-2-1]と好走しており、それが門別スプリントが主体ですから、相当な適正力があるのかなと。

門別スプリントと言えば、結果的に逃げ馬のオーバーペースがそのまま差し馬に向く展開が多く、このあたりは、北海道スプリントカップのマテラスカイの2着が良い例。

それでもスプリントで差し脚質で何度も好走しているメイショウアイアンにとっては、盛岡競馬に舞台が変わっても、今回の展開予測で行けば「ズドーン」っ差せる可能性は大きいはず。

先に話したように、門別から盛岡競馬に舞台を移すことで、マテラスカイの「逃げ脚」に鈍さが出たとしても、そこまで大崩する可能性が低いのは想像出来ることでも、

残りの2頭には、十分食い込める「展開」と「実績」、「メンバー間の力関係」などがありますので、メイショウアイアンは面白い1頭になると思います。

激アツ穴馬2頭目

ショーム

前走北海道スプリントカップで初の地方競馬参戦となり8着に敗退。

スタートで出遅れ、そこから好位を取るには厳しい流れの中、4角10番手から最後の直線へ。最後は必死に追いすがるも、前との差は縮まることはなく大敗。

それでも初の地方競馬に休養明け初戦、さらに大幅馬体重増や地方競馬で経験の浅い騎手だったことを考えれば、悲観する内容ではなかったと思います。

今回、横山典弘騎手に乗り替わりで鞍上強化は目に見え、叩き2戦目で上積みも見込まれ、展開面で差し馬に向く可能性が高いとなれば、前走以上は十分に期待出来るかなと。

さらに斤量54キロで前走からマイナス2キロも◎。

4枠を引いたことに加え、横山典弘騎手ですから、そこまで下げるスタートを切ることは無いかなと。ちょうど中団を追走しながら、前を虎視眈々と狙う競馬をすると思います。

最終コーナーで5番手以内まで押し上げていれば、ケツが浮いても良いレベルだと思います。

[common_content id=”10677″]
タイトルとURLをコピーしました