【クリスマスRS2018予想】ディアンドルを差し切るのはリリーの役目

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2歳限定戦は非常に面白いレースが多く、
このクリスマスローズSも1200mのスプリント戦、
と言うこともあり、個人的には非常に楽しみな1戦です。

コースは中山特有の内回りコースで先行馬が有利。

2歳3歳のスプリントになると、逃げることさえ出来れば
多少のオーバーペース気味でも何とかなるレースが多い中、
中山1200mに限っては、逃げ切るのは中々の難しさ。

その辺を加味すれば、おのずと先行馬が有利になってきますね。

中山9RクリスマスローズS2018予想

枠順の脚質の並びを見ると、
有力馬の1頭14番ディアンドルが大外8枠に入ったことで
個人的には、良く来ても2着までの見立て。

前走カンナSを見る限り、そこまでテンの入りは速くないので
大外を引いた今回は、逃げるのであれば、かなり脚を使う事になるかなと。
また、7番ジャスティンがハナを主張してやり合うなら、
相当厳しい展開が待っていると思います。

ただ、スタートの出方次第では
待機策も考えているとは思いますが
どちらにせよ、2歳戦なら決め打ち騎乗でないと
厳しいかなと思っています。

全体的に見ても、そこまで速いペースになることは無いかなと
思っていますが、それでもハイペースに近いミドルで流れると思います。
そうなると必然に先行~差しに出番が回ってきます。

前走黒松勝2着の14番マイネルアルケミー。
カンナSではディアンドルに差を開けられはしましたが
その後の2戦は好内容の成績。

ただ、この馬も外枠になったことで
ディアンドルと同じ状況に変わりはないかなと思っています。

脚質の並びから予想の中心は、

2番ヤマチョウヴォイス
6番ウィンターリリー

の2頭。

2番ヤマチョウヴォイスは
逃げか先行が出来て初めて推せる馬ですが
前走未勝利戦は1:09:5の高タイム。

12番マイネルアルケミーと比べてもそこまで見劣らない内容。
今回は、枠順の違いで逆転もあるかなと考えています。

ひとつだけ注文を入れるなら、
逃げないで番手追走をしてほしいということでしょうか。
一緒になって逃げてしまうと脚が上がってしまうと思います。

今回の枠順の中で最も期待したいのが6番ウィンターリリー。
差しても良し。逃げても良しの脚質は非常に魅力があります。

カンナSでは、ディアンドルの4着と惜しい結果となりましたが
前走くるみ賞では、自身の作った絶妙の逃げで1着と
器用さも見せています。

今回は差しに徹して行くと思いますので
坂道を登りきった辺りから、この馬の姿が見えるかなと。

逃げ、先行馬が差されるなら6番ウィンターリリー。

先行馬が抜け出す展開なら2番ヤマチョウヴォイス。

単勝6番ウィンターリリー
複勝2番ヤマチョウヴォイス

↓その他の今週の予想は以下になります。

中山大障害2018予想
阪神カップ2018予想
有馬記念2018予想

タイトルとURLをコピーしました