黒潮盃2019結果予想!過去データやコースバイアス、脚質の有利不利、展開理論で予想

黒潮盃過去10年、1番人気が[7-2-1-0]と3着内率100%と、笑けてくるくらいの優秀さ。

そんな黒潮盃2019を過去データを分析し、その傾向や、コースバイアス、脚質の有利不利、展開理論で、大井競馬場1800mで行われるSII戦の予想を紹介します。

久々の地方馬のみの地方競馬予想。黒潮盃2019はバシッと的中させたいですね。

黒潮盃2019過去データ分析傾向

  1. 1番人気が[7-2-1-0]と3着内率100%
  2. 船橋[4-5-4-24]で3着内率35.1%とトップ、次いで浦和の25%
  3. 近年は1枠~5枠が有利
  4. 前走8着以内
  5. 前走13頭立て以上
  6. 東京ダービーか、ジャパンダートダービー7着以内が圏内

実力の物差しがイマイチよくわからないこの時期の3歳重賞。ゆいつ確認出来るのが、東京ダービーか、ジャパンダートダービー7着以内が圏内

今年は、

アエノエンペラー
サージュ
グリードパルフェ
シビックヴァーゴ

この4頭。

この4頭から、とりあえずは予想に入っていくのがベストっぽいですね。

また、1枠~5枠に船橋、浦和組みにも注目です。

大井1800mコース解説

スタートしてから最初のコーナー、最後の直線共に長い長い直線となっていますので、基本は差し馬が有利。

逃げは単純にスタミナ切れで失速傾向にあり、先行馬も、よほどの実績馬以外は、差し馬に飲まれやすいコースです。

で、差しといっても中団やや後ろまで。

6番手~11番手あたりがもっとも馬券になりやすいのが特徴です。

黒潮盃2019結果予想!

全体的な脚質傾向は、差し~追い込みで、そこまでペースは上がらないかなと。

上位人気馬が内枠を引いたことで、ある意味、他の馬にチャンスが巡ってくるような感覚で馬柱を見ています。

単純に、後ろからが多いのであれば、先行馬(5、6、7番手)にも幾分かの望みはありますし、ここは大井競馬場。

大外一気の強襲が出来るコースでも、かなり後ろからの追い込みになるはず。

狙いの基本は先行で、展開の不一致で差す競馬の馬も押さえてあります。

本命

リンノレジェンド1着

北海優駿2着などクラシック3冠で安定した成績を残してきた実績を買いたいなと。

6枠に入ったことで、いつもよりは、やや後ろから追走することを想定しての本命ですね。

6枠で、脚質の並びがそれじゃなかったら本命にしていないほど、良い枠に入ったと思います。

大井1800mは1:58:3。

この時計ならば、今のリンノレジェンドなら、更に時計を伸ばしても驚かないですね。

対抗

グリードパルフェ2着

東京湾カップ、東京ダービーで好戦をしてきた内容は、やはり1枚も上かなと。

特に東京ダービーは、ヒカリオーソ、ミューチャリー、ウィンターフェルに次ぐ4着でコンマ5秒差。

戦ってきた相手が違いすぎる。

また、前走ジャパンダートダービーは、かなりタフな競馬でも、大外から徐々に脚を伸ばして7着と、地力の強さを見せたレース。

2000mから1800mへの距離短縮も好材料。

予想は以上になります。

↓黒潮盃2019の次は、ブリーダーズゴールドカップ2019ですね!!

ブリーダーズゴールドカップ2019予想!過去10年データやコースバイアス有利な馬は?
第31回ブリーダーズゴールドカップ2019の予想を中心に、過去10年データやコースバイアス有利な馬を紹介していきます。2014年から牝馬限定戦になったブリーダーズゴールドカップ。過去データは2014年から2018年の5年間の結果を分析して、その傾向を紹介します。

サマーチャンピオン2019は3頭のみの予想で完全的中!

サマーチャンピオンの予想は、

本命:シャインヴィットゥ3着

対抗:ヒザクリゲ2着

穴:グランドボヌール1着

スマートレイチェルは完全に見切って軽視。

↓さらに詳しい内容はこちら

サマーチャンピオン2019予想! 過去10年データやコースバイアス有利な馬は?
強そうな2頭が揃って内枠を引き、さらには、過去10年で6番人気以下の馬の連対はなく、3着が1回あるだけ。そんなサマーチャンピオン2019で好走する馬を過去10年のデータやコースバイアス、脚質の並びなどから判断して、予想を紹介していきます。

クラスターカップは本命、対抗の2頭のみで的中でした!

ちなみにクラスターカップは、的中出来ましたね。過去データもばっちしでしたよ♪

本命:ヒロシゲゴールド2着

対抗:コパノキッキング3着

↓さらに詳しい内容はこちら

クラスターカップ2019予想!過去データからの結果予想はコパノキッキングだけど
クラスターカップ過去10年の1番人気は[6-1-1-2]と断然の結果。また、2番人気は[1-4-2-3]となっており、6番人気以下の連対が無しという、完全な上位人気争いのクラスターカップ。そんなクラスターカップ2019の過去データやコースバイアスなどからの予想を紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました