楠賞2019予想/前走内容圧巻!リンゾウチャネルを2着固定にしたくなるあの馬を狙う

楠賞2019の予想や過去データ傾向を紹介します。(11月14日木曜日園田競馬場11R第53回楠賞3歳オープン重賞ダート1,400m)

道営記念を回避して万全の状態で楠賞に出走する3冠馬リンゾウチャネル。

そのリンゾウチャネルが不在の道営記念をきっちりと逃げ切って優勝したリンノレジェンドがリンゾウチャネルとの間にある力差を考えれば、楠賞での人気は不動のものかなと。

ただし、迎え撃つ地元兵庫勢からは、菊水賞1着ジンギに園田クイーンセレクション1着アリアナティー。高知からは黒潮皐月賞1着アルネゴーなどが参戦していますから非常に楽しみな1戦です。

◎2週連続の万馬券的中で21万獲得の無料予想!

◎10月総額【49,621,960円】獲得!

■シリウスSに神戸新聞杯で2週連続の万馬券を的中!

実際に公開された買い目がコチラ↓

■中京11RシリウスS
3連複2-3-15
254倍×500円=127000円獲得
回収率2540%

■中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

神戸新聞杯とシリウスSの無料予想で計21万円を獲得は本当に稼がしてもらいました。

■東京スポーツ杯2歳ステークス的中!

1着3ダノンザキッド①番人気
2着2タイトルホルダー⑤番人気
3着10ジュンブルースカイ③番人気
3連複21.7倍×500円=1万850円獲得
回収率217%

今週は京都2歳Sとジャパンカップの無料予想を公開!

昨年のジャパンカップもきっちりと的中!

2週連続で万馬券を的中させたここの無料買い目は、闇雲に穴を狙った買い目ではなく、本命3頭+穴2頭といった中配当から高配当まで狙ったバランスの良い買い目です。

今週も厳選された5頭の推奨馬でシリウスSの回収率2540%以上を期待して見てください!

↑上記から競馬学会のHPへ。【無料】フォームから無料メルアド登録のみでジャパンカップの無料買い目が即確認出来ます!

11月14日東海菊花賞2019予想/楠賞2019予想/シンデレラマイル2019予想

東海菊花賞2019予想や過去データ傾向/王者不在なら3度目の正直ポルタディソーニ
東海菊花賞2019の予想や過去データ傾向を紹介します。(11月14日木曜日名古屋競馬場11R第60回愛知県知事杯東海菊花賞3歳以上オープンSP1ダート1,900m)今年は、東海菊花賞3連覇中のカツゲキキトキトが脚部不安のため出走をしないということで、4連覇を見たかったですが残念です。ただし、王者のいないおかげでオッズ的にも旨味のある馬を狙えますからそれはそれで良かったのかなと。
楠賞2019予想/前走内容圧巻!リンゾウチャネルを2着固定にしたくなるあの馬を狙う
楠賞2019の予想や過去データ傾向を紹介します。(11月14日木曜日園田競馬場11R第53回楠賞3歳オープン重賞ダート1,400m) 道営記念を回避して万全の状態で楠賞に出走する3冠馬リンゾウチャネル。そのリンゾウチャネルが不在の道営記念をきっちりと逃げ切って優勝したリンノレジェンドがリンゾウチャネルとの間にある力差を考えれば、楠賞での人気は不動のものかなと。

楠賞2019枠順

11R サラ3歳重賞 3歳 ダ右1400m 12頭 [発走=16:00]
枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 アリアナティー 牝3 54 大山真吾
2 2 アルネゴー 牡3 56 倉兼育康
3 3 チャービル 牝3 54 中田貴士
4 4 ユノートルベル 牝3 54 永井孝典
5 5 ヒストリコ 牝3 54 川原正一
5 6 フォルベルス 牡3 56 石崎駿
6 7 サンライズハイアー 牡3 56 鴨宮祥行
6 8 ジンギ 牡3 56 田中学
7 9 セブンマイル 牡3 56 杉浦健太
7 10 アヴニールレーヴ 牝3 54 下原理
8 11 リンゾウチャネル 牡3 56 五十嵐冬樹
8 12 アンタエウス 牡3 56 永森大智

展開予測

園田競馬1400mコースは、逃げ馬を中心に予想に入るのがベストですから逃げ馬がどの馬になるか慎重に決めたいところです。

全体的に先行勢が揃ったものの、園田1400m小回りコースということもあり速くてもミドルペースまでを想定。

まずハナに立つのは、サンライズハイアー。前走が転厩初戦でしたがスタートしてからハナに立つまで馬なりで行きましたから逃げるならこの馬。

内枠先行馬がほぼ不在の中、外からリンゾウチャネルやジンギ、アヴニールレーヴらが被せて来る形で内から横2列で追走。最内先行馬には、ヒストリコが構える形。

中団から後方勢には、アルネゴーやチャービル、アンタエウスやユノートルベルが控える形。

バックストレッチからロングスパートを駆け出す馬が出始め、4角から直線に向く頃には、先団がひとかまりで最後の直線へ。

ミドルペース以内を想定していますから最後は逃げ~先行馬が押し切る競馬、抜け出す競馬が決まると考えています。

スポンサーリンク

楠賞2019予想

先行馬のリンゾウチャネルが外枠を引いたことでスムーズに好位を取れるとなれば、軸はリンゾウチャネルで問題無い形。

あとは、2番手3番手の予想になりますが、11月12日13日の園田1400mの連対馬は、ほぼ4角4番手以内で決まっており、ここもその傾向が強く出るかなと。

このあたりも考慮して先行馬を狙っていきたいですね。

◎本命:複勝

サンライズハイアー

前走転厩初戦だった京都畜産特別は、B1レースでありながら実はレースレベルが高かったかなと。

サンライズハイヤーの走破タイムが1:27:7は、超好タイムに入る時計で個人的にも「は?マジで?」という印象を受けています。

で、園田競馬場は、1400m戦が主体になる距離ですから1日に何度も同じレースが繰り返され、クラス同士間でもほぼ同じメンバーの同じ距離でレースが行われます。

ですから、タイムより格を重視することでタイムの安定が目安にしやくすくなり的中させやすいというのが実際にあります。

ただ今回は、前走B1クラスですからそれなりに厚い層でのメンバー構成での結果。

ですからここは、素直にサンライズハイヤーの走りに期待したいなと。勝ち負けまであると思います。

本音は、あと1走でも多く走っていれば、確実にリンゾウチャネルを喰っていたなと言う印象ですね。

<<参考印>>
◎サンライズハイヤー
◯リンゾウチャネル
▲アルネゴー

スポンサーリンク

競馬本!展開理論を覚えるなら迷わずおすすめ出来るベスト3

タイトルとURLをコピーしました