スポンサーリンク

京都牝馬ステークス2019予想!京都巧者の良血馬快心の走りは今走

この記事は約5分で読めます。


京都牝馬ステークス2019の予想を紹介します。

2019/2/16(土) 2回京都7日目
京都11R京都牝馬ステークス(G3)
サラ系4歳上オープン(国) 牝 [指] 別定
芝1400m 18頭 15:35発走

 

本日の厳選鉄板軸馬⇒厳選鉄板軸馬

 

18頭のフルゲートと言うだけでワクワクする頭数に1400mの非根幹距離だから、テンションが上がってしまって朝から収集がつかない状態です(笑)メンバーを見ても、何が来てもおかしくないメンバーです。

人気の中心は昨年度優勝馬ミスパンテール。前走はターコイズSを連勝と、昨年と同様のローテーション。連覇する辺り、並の馬ではないことは証明されていますからここでも十分に勝ち負けになるでしょう。

データは、2016年から開催時期が変わり距離も1400mに短縮された3年を見ると
単勝1番人気が3年連続1着と100%の数字。この辺は、牝馬G3っぽくないなと思いながら、その他の馬を見ても人気薄の激走は無し。

基本的に人気上位から6番人気までの組み立て方がベストで今年も例外はないかなと考えてはいますが。ただ、その辺は当日のオッズ次第になってくる部分もありますので、まずは軸馬、複勝推奨馬になる馬をしっかりと選定します。あとは、激熱穴馬もいますので、その馬も紹介しますね。

それでは予想オッズです

 

出典:netkeiba.com


2018年鉄板軸馬成績連対率80%や3着内率86%超えなど無料情報ではありえない情報が毎週見られる優良サイトです。また、重賞予想には定評があり、毎週初めの注目馬も要チェックです。詳しくはこちら⇒黒の馬券師

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都牝馬ステークス2019重要なデータ

データになる開催数が少ないので、信憑性に欠けますが、過去3年を中心に1400mの傾向も加味したデータとなります。

  1. 前走ターコイズS1着2着馬が好走
  2. 前走1着2着馬
  3. 前走から距離短縮組が有利
  4. 2走前1着2着馬が中心
  5. 7枠8枠先行~差しが有利
  6. サンデーサイレンス系が有利

京都牝馬ステークス2019データ推奨馬

14番ミスパンテール

生年月日 2014年02月21日(牝5歳)
毛色鹿毛
調教師昆 貢(栗東)
馬主寺田 千代乃
生産者/産地三城牧場/日高町
中央獲得賞金2億1557万0000円
通算成績 13戦6勝[6-1-0-6] 主な勝鞍 18’サンスポ杯阪神牝馬S
兄弟馬コルボノワール、クイックステップ
系統サンデーサイレンス系

データの中ではダントツの推奨馬。
G1は力の壁に押し返さえる形も内容は悪くなく、
G2、G3になると主役級で走ってくるタイプ。

一番驚いているのが昨年の同レース。
牝馬限定G3で単勝1番人気で1着は、他のG2やG3と比べても
本質的に違った意味を持っているかなと。

個人的には、G3の1番人気の好走率は、全クラスの中でもワーストに入るクラスだと思っていますのでG3で1番人気で1着、ましてや牝馬限定戦となると、その価値は、他とは変わってくる評価。

実際にその後の阪神牝馬Sは1着。ヴィクトリアはコンマ3秒差の5着と1600mなら安定した走りを見せています。今回、7枠に入ったことで、更にプラス材料が揃った形に見えます。

期待出来る1頭ですね。

ちなみに、昨年は2枠で1着。これは騎手のファインプレーも大きかったと思います。
あの枠から直線に向く頃には、外目の位置取り。
あとはスムーズに追い出すだけですから、上手い乗り方だったと思います。

京都牝馬ステークス2019複勝推奨馬

18番カイザーバル

生年月日 2013年02月18日(牝6歳)
毛色黒鹿毛
調教師角居 勝彦(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金1億2747万6000円
通算成績 20戦5勝[5-4-2-9] 主な勝鞍 18’渡月橋ステークス
兄弟馬ダンスファンタジア、シャドウダンサー
系統Mr. Prospector系

他にも強そうな馬はたくさんいるんですけど、18頭立てだからこそ埋もれてしまう京都巧者もいるかなと。

前走ターコイズSは12着もコンマ5秒差ですから悲観することなく、むしろ、適正距離ではない中での結果ですから、好走している形に見えます。

2走前、3走前に京都1400mで1着。タイムが1:21秒台を連発して出していますから、いかにカイザーバルが1400mが合う距離なのかがわかるかなと。基本的に1200~1400mが適正だと思っています。

今回、大外を引いたことで、この2走前、3走前と同じような位置取りになると思います。京都牝馬S1400mの好走条件としては外差し。2走前渡月橋Sくらい走れれば、1着もありますね。期待しないといけない1頭です。

京都牝馬ステークス2019激熱穴馬推奨馬

9番エイシンティンクル

生年月日 2013年03月08日(牝6歳)
毛色芦毛
調教師坂口 正則(栗東)
馬主株式会社 栄進堂
生産者/産地木田牧場/新ひだか町
中央獲得賞金8743万4000円
通算成績 14戦5勝[5-3-3-3] 主な勝鞍 18’豊明ステークス
兄弟馬エイシンヒカリ、エーシンシャラク
系統サンデーサイレンス系

エイシンティンクルは単騎逃げがスムーズに出来そうな脚質の並びが魅力。
1400mは2走前で経験しての1着と適正のあるところを見せた走り。本来は中距離の逃げで安定した走りでしたが今回のメンバーなら逃げて粘れる形が作れそうかなと。

久々がどうかという部分もありますが、これまでの成績を見る限りでは、休養明けも走る傾向が強いです。中枠ですから、逃げるのも楽でしょうし、和田騎手ですから、絶妙な逃げを演出してくれると思います。

今週の重賞&特別レース予想

前走上がり最速馬を狙う⇒ダイヤモンドS2019予想

オッズの盲点、良血覚醒馬を狙う⇒京都牝馬S2019予想

今年のデータ推奨馬は3頭⇒フェブラリーS2019データ解析推奨馬

インティを差せるのはあの2頭⇒フェブラリーS2019予想注目馬
 

タイトルとURLをコピーしました