中央競馬最終予想

京都牝馬ステークス予想や過去データ/非根幹距離巧者が弾けるレース・大外の差し脚

非根幹距離に変更となって5回目を迎える京都牝馬ステークス。1400mになってから上位決着が一度も無く、昨年のように、上位3頭が揃って着外になった年があるほど、荒れやすいレースです。

それでも単勝1番人気[3-0-0-1]と好走している点は覚えておきたいところですね。

また、前走1200m戦がまったくと言って良いほど馬券になっておらず、1400m戦の優勝経験もほぼ関係が無い結果となっている中、芝1600mでの優勝経験があった馬が好走している点。

これは、連対馬8頭中全頭に該当しますので、予想の入り方としては、ここから攻めて行こうと思います。

京都牝馬ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

京都牝馬ステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 アルーシャ 牝5 55.0 Cルメ [美]藤沢和
1 2 ビーチサンバ 牝4 54.0 福永祐 [栗]友道康
2 3 リナーテ 牝6 56.0 武豊 [栗]須貝尚
2 4 メイショウケイメイ 牝4 54.0 酒井学 [栗]南井克
3 5 リバティハイツ 牝5 55.0 松若風 [栗]高野友
3 6 メイショウグロッケ 牝6 54.0 大野拓 [栗]荒川義
4 7 メイショウショウブ 牝4 54.0 四位洋 [栗]池添兼
4 8 (地)プリディカメント 牝5 54.0 川島信 [栗]吉村圭
5 9 プールヴィル 牝4 55.0 岩田康 [栗]庄野靖
5 10 ディメンシオン 牝6 55.0 松田大 [栗]藤原英
6 11 ディアンドル 牝4 56.0 藤岡佑 [栗]奥村豊
6 12 アマルフィコースト 牝5 54.0 幸英明 [栗]牧田和
7 13 シゲルピンクダイヤ 牝4 55.0 和田竜 [栗]渡辺薫
7 14 ドナウデルタ 牝4 54.0 北村友 [栗]石坂正
8 15 モアナ 牝6 54.0 Aシュ [美]高橋文
8 16 ノーワン 牝4 54.0 坂井瑠 [栗]笹田和
8 17 サウンドキアラ 牝5 55.0 松山弘 [栗]安達昭

京都牝馬ステークス2020予想

脚質の並びやコース形体から見て、今回はミドルペースを想定。そうなると本命候補だったサウンドキアラの展開になりやすいと思っていただけに大外枠は少し痛いかなと。

開催7日目で馬場の痛みが目立つようになって来たとしても、先行で大外は狙いづらい。

逆に7枠に入ったことで、これまでの脚質が十分に活かせそうなシゲルピンクダイヤは、いかにも走って来そうなパターンにハマっている感じに見え、3着以内はあるかなといった感じ。

それでも、単勝1番人気に支持されて好走出来るイメージが無く、人気薄で好走してきただけに、ここは連下止まりの評価。

狙いたいのは、上がりで切れる馬+外枠+非根幹距離巧者ですね。

◎本命:複勝

ドナウデルタ

ミドルペースを想定していた中で、外目でスムーズに競馬をしながら最後の直線で差すといった、過去2年のミドルペースになった場合の好走脚質がそれで、これにハマりそうのがドナウデルタ。

これまで芝1400mは、[4-1-0-0]と連対率100%の成績。2走前醍醐特別は、タイム1:21.6秒で1着。平均を上回る走りで、それを先行しながら出したのはなかなかの内容だったかなと。

今回は7枠を引いたことで、差す競馬に徹すると思います。そうなれば外回りコースですから十分に差し届く直線。前がある程度飛ばしてくれるおかげで展開が向くはずです。

マイル適正が無い過去実績ですが、最終追い切りも良く、叩き2戦目を考えれば、期待出来る1頭だと思います。

◎ドナウデルタ
○シゲルピンクダイヤ
▲サウンドキアラ
△プールヴィル
△アルーシャ
×リバティハイツ
×ノーワン

馬連◎=◯▲△△××6点

[common_content id=”9804″] [common_content id=”10529″]

京都牝馬ステークス2020過去データ傾向

過去4年の結果を参考

単勝人気別

  • 単勝1番人気[3-0-0-1]
  • 単勝2番人気[0-0-0-4]
  • 単勝3番人気[0-0-1-3]
  • 単勝4番人気[0-1-0-3]
  • 単勝5番人気[0-0-2-2]
  • 単勝6番人気[0-1-0-3]
  • 単勝7番人気[0-2-0-2]
  • 単勝8番人気[0-0-0-4]
  • 単勝9番人気[1-0-0-3]
  • 単勝10番人気以下[0-0-1-28]
注目データ
  1. 単勝1番人気が3勝と好走している中でも4歳馬は[2-0-0-0]と特に好走
  2. 上位人気同士での決着が一度も無く、上位3頭が揃って着外になった年があるほど、荒れる時は大きく荒れている

所属別

  • 関東[1-3-0-14]
  • 関西[3-1-4-39]
注目データ
  1. 関東馬の出走数は少ないですが、数字面は関西馬を上回る結果
  2. 関東馬の単勝6番人気~9番人気が好走しやすく、3番人気以内は[0-0-0-3]と苦戦

前走クラス別

  • G1[1-0-0-2]
  • G2[1-0-0-5]
  • G3[2-1-1-24]
  • オープン特別[0-0-0-14]
  • 1600万[0-3-3-6]
注目データ
  1. 前走オープン特別組は[0-0-0-14]と苦戦。今年はアマルフィコースト、アルーシャ、プールヴィル、メイショウケイメイの4頭が該当
  2. 前走1600m組が[3-3-1-23]と中心
  3. 前走1200m組が[0-1-0-21]と苦戦

年齢

  • 4歳[2-2-1-16]
  • 5歳[2-2-1-16]
  • 6歳[0-0-2-16]
  • 7歳歳以上[0-0-0-5]
注目データ
  1. 人気に関わらず、4歳5歳が中心のレース
  2. 6歳以上が[0-0-2-21]と苦戦。今年は、ディメンシオン、メイショウグロッケ、モアナ、リナーテの4頭が該当

脚質傾向

  • 逃げ[0-0-0-4]
  • 先行[1-1-1-14]
  • 差し[3-2-2-19]
  • 追い込み[0-1-1-16]
注目データ
  1. 逃げ馬・追い込み馬は、苦戦傾向
  2. 4角6番手~10番手の差し馬が好走。特に5枠~7枠が優秀
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。