マーメイドステークス2020予想や過去データ傾向/前走内容から距離延長はプラス

2020年6月14日マーメイドステークス2020の最終予想や予想オッズ・過去10年データ傾向分析や展開予測を紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)や、展開を予測して予想を組み立てています。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

マーメイドステークス2020レース概要

開催日 令和2年/2020年6月14日/日曜日
開催場所 阪神競馬場
レース名 第25回マーメイドステークス
グレード G3
条件 3歳以上オープン/ハンデ/牝馬
距離 芝2000m・右回り
本賞金1着 3600万円

[common_content id=”10677″]

マーメイドステークス2020 枠順

引用先:競馬ラボ

マーメイドステークス2020 予想

過去10年、単勝1番人気~3番人気で5勝と、少し物足りない上位組の結果の中、全体的には、当日単勝オッズ5.0倍~6.9倍、10倍~14.9倍で6勝と中穴が活躍しているレースです。

単勝4番人気以下=5.0倍~6.9倍、10倍~14.9倍が好走している枠順は、1枠2枠7枠8枠といった極端な枠順で、4角9番手以下の差し追い込みが活躍。

さらに単勝4番人気以下=5.0倍~6.9倍、10倍~14.9倍に該当する5歳がダントツの結果を出しており、今年で言うなら、ミスマンマミーアがそれに該当します。

また、(単勝4番人気以下)+(5歳)+(7枠8枠)+7枠8枠で斤量53キロの場合[2-1-2-3]と好走。

私の主観が入った過去データからは、ミスマンマミーアが○。

ただ、小崎騎手がまだ1勝ですから、一抹の不安があるのも本音ですね。

そして、本命には、

◎本命:複勝

リープフラウミルヒ

1週間前予想でも紹介したリープフラウミルヒですが、4枠に入ったことで、前走同様の位置取りを確保しながら、最後の直線で抜け出す競馬をするかなと。

今回はスローペースから速くてもミドルペース以内を想定。

そうなれば、前走のように4角手前で馬群が凝縮し、中団に控えたリープフラウミルヒが必然と先頭から5~6馬身あたりに付け、あとは抜け出す競馬をするだけだが、国分優作騎手に乗り替わったことで、抜け出す騎乗が出来るかどうか?

前走福島牝馬Sの残り100mを見た感じでは、距離が伸びた方が良さそうに見えましたので、初の2000mでも走って来れると思います。

◎リープフラウミルヒ
○ミスマンマミーア
▲サラス
△レイホーロマンス
△マルシュロレーヌ
×サマーセント
×センテリュオ

馬連◎○=▲△△××10点

マーメイドステークス2020 登録馬

マーメイドステークス2020 予想オッズ

引用先:ネット競馬

マーメイドステークス2020 過去10年過去データ傾向分析

枠順データ

全体的にはどこからでも勝ち負けが出来る結果も、単勝4番人気以下の3枠[0-0-0-13]、6枠[0-0-0-15]と、苦戦。

人気データ

単勝1番人気が2勝と牝馬G3らしく、苦戦の結果。

ただし、単勝1番人気~3番人気で[5-2-2-21]と好走しており、その中でも、条件戦から挑んだ4歳馬で単勝1番人気だった場合[2-1-0-2]と好走しています。

    全体的には、単勝11番人気以下が [0-2-1-44]が苦戦

    所属データ

    関東馬に勝ち星が無く、単勝1番人気~3番人気に支持された場合でも、2着2回止まり。数字面でも関西馬が優勢。

    間隔データ

    数字面で一番良いのが、中3週4週[6-4-5-48]。

    苦戦しているのは、中10週~25週以内の単勝4番人気以下[0-0-1-13]、中2週以内の単勝4番人気以下[0-0-0-8]。

    馬齢データ

    4歳5歳で[9-8-8-86]と中心の存在。ただし、4歳で単勝6番人気以下になると[1-1-0-15]とやや苦戦傾向。

    7歳以上 [0- 0- 1- 5]と苦戦。

    血統データ

    キングヘイロー産駒以外のニアークティック系 [1- 0- 0-26]と苦戦しており、その中でもハービンジャー産駒[0-0-0-7]。

    サンデーサイレンス系が好走の中心ですが、種牡馬はディープインパクト産駒、ステイゴールド産駒と限られており、ハーツクライ産駒[0-0-0-7]のように苦戦傾向の強いサンデーサイレンス系もいます。

    馬体重データ

    単勝1番人気~3番人気の好走馬体重が440キロ~479キロ。このあたりが中心になってきており、439キロ以下、500キロ以上は苦戦傾向。

    全体的には、馬体重500キロ以上[1-0-0-15]と苦戦。

    生産者データ

    ノーザンファーム [4- 2- 2-33]、社台ファーム [3- 2- 0-16]、この2つで7勝を挙げていますが、個人牧場も応戦した結果。基本的にはそこまで神経質にならなくて良い結果かなと思います。

    生月データ

    1月生 [0- 0- 1-14]と苦戦しており、2月~5月生まれが中心のレース。

    脚質データ

    逃げ馬が[0-2-0-8]とやや苦戦。

    基本的には、時計のかかるレースで、上がり3F34秒台での決着が主流ですから、そこまで切れ味を意識することは必要では無いと思いますが、追い込み馬の場合は、上がり3F最速が必要になりやすい結果です。

    斤量データ

    • ~49kg [0-0-0-12]
    • 49.5~51kg [2-4-1-34]
    • 51.5~53kg [5-3-4-32]
    • 53.5~55kg [2-2-4-23]
    • 55.5~57kg [1-1-1-13]

    斤量49キロ以下[0-0-0-12]と苦戦。

    斤量55.5~57キロ以内で単勝1番人気~3番人気[0-0-1-7]

    調教師データ

    角居厩舎[2-0-0-3]と好走。今年の該当馬は、サトノワルキューレ

    騎手データ

    藤岡康太騎手[3-0-0-1]、松若風騎手[2-0-0-3]と好走。

    前走距離データ

    前走芝1800m組が8勝とダントツの結果。

    苦戦傾向としては、前走2000m以上の単勝4番人気以下[0-2-1-30]。

    前走クラスデータ

    前走3勝クラスが5勝と、オープン以上を上回る結果。

    苦戦傾向としては、前走G3組で単勝6番人気以下[0-1-0-11]。

    前走レースデータ

    前走パールS組[5- 1- 3-17]と好走。3勝クラスが好走している中での好走頭。

    勝ち星こそ無いものの、前走福島牝馬[0- 2- 0-14]、ヴィクト[0- 1- 2-13]、阪神牝馬[0-0-2-3]も好走。

    前走人気データ

    前走単勝2番人気~5番人気の4歳[0-2-0-13]とやや苦戦傾向。

    前走場所データ

    前走新潟、小倉[0-0-0-6]苦戦。

    中心は、前走京都組の6勝。

    前走着順データ

    前走6着~9着[2-3-3-25]と好走しており、巻き返し可能な結果。

    前走10着以下[0-0-1-35]と苦戦。

    マーメイドステークス2020 過去10年データ傾向分析まとめ

    好走データ

    1. 単勝1番人気~3番人気で[5-2-2-21]と好走
    2. 関西馬が優勢
    3. 数字面で一番良いのが中3週4週[6-4-5-48]
    4. 4歳5歳で[9-8-8-86]と中心
    5. サンデーディープインパクト産駒、ステイゴールド産駒が好走
    6. 単勝1番人気~3番人気の好走馬体重が440キロ~479キロ
    7. 2月~5月生まれが中心
    8. 角居厩舎[2-0-0-3]
    9. 前走芝1800m組が8勝
    10. 前走3勝クラスが5勝
    11. 前走パールS組[5- 1- 3-17]と好走
    12. 中心は、前走京都組の6勝
    13. 前走6着~9着[2-3-3-25]と好走

    苦戦データ

    1. 単勝4番人気以下の3枠[0-0-0-13]、6枠[0-0-0-15]
    2. 単勝11番人気以下 [0-2-1-44]
    3. 中2週以内の単勝4番人気以下[0-0-0-8]
    4. 7歳以上 [0- 0- 1- 5]
    5. 種牡馬キングヘイロー産駒以外のニアークティック系 [1-0-0-26]
    6. 馬体重500キロ以上[1-0-0-15]
    7. 1月生 [0-0-1-14]
    8. 斤量49キロ以下[0-0-0-12]
    9. 斤量55.5~57キロ以内で単勝1番人気~3番人気[0-0-1-7]
    10. 前走2000m以上の単勝4番人気以下[0-2-1-30]
    11. 前走G3組で単勝6番人気以下[0-1-0-11]
    12. 前走単勝2番人気~5番人気の4歳[0-2-0-13]
    13. 前走新潟、小倉[0-0-0-6]
    14. 前走10着以下[0-0-1-35]

    マーメイドステークス2020 1週間前軸馬推奨馬

    1週間前軸馬推奨馬を紹介します。最終予想は、枠順確定後に紹介します。

    リープフラウミルヒ

    • 生年月日 2015年03月28日 (牝5歳)
    • 毛色 黒鹿毛
    • 調教師 相沢 郁(美浦)
    • 馬主 株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
    • 生産者/産地 ビッグレッドファーム/新冠町
    • 中央獲得賞金 7276万9000円
    • 通算成績 27戦3勝[3-4-3-17]
    • 主な勝鞍 19’藻岩山特別
    • 兄弟馬 コスモシャルドネ
    • マイネルイナブ
    • 系統 サンデーサイレンス系

    初の2000mが気になるところも、前走福島牝馬Sが好内容。

    時計のかかりやすいレースで、上がり3F35秒台でしっかりと抜け出しており、阪神内回り芝2000mなら、息の長い脚質はプラス材料なはず。

    メンバー的も、そこまでの強敵がいないと考えていますので期待したい1頭ですね。

    ※1週間前の登録馬を参考に消去法データ予想推奨馬となっていますので、回避馬が含まれている場合もあります。

    [common_content id=”9804″]
    タイトルとURLをコピーしました