毎日王冠2019予想/最終追い切り抜群で過去データ好走傾向に合致した4歳馬とは?

毎日王冠2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向なども紹介していきます。(2019年10月6日(日)/東京競馬場/第70回毎日王冠/芝1,800mG2)

過去10年、1枠2枠の複勝回収率が高く少頭数でも走ってくる枠順。過去データもそのあたりを推奨するような馬が挙がっており、意外と高配当も望めそうな脚質の並びになったかなと。

ダノンキングリーの大崩は考えにくいですし、アエロリットのペースがどの程度なのかでインディチャンプの狙い方も変わってきますが、ここは少し、最終追い切りが抜群に良く、過去データも良かった4歳馬を狙いに行きます。

オークス当てたい方は必見です!
G1の無料情報で4勝

G1・無料情報結果
◎NHKマイルC↓
7,200円獲得/回収率144%
◎天皇賞春↓
8,560円獲得/回収率171%
◎桜花賞↓
12,400円獲得/回収率248%
◎大阪杯↓
38,600円獲得/回収率772%

昨年末から集計していますが
ここの無料情報は31万円のプラス収支です!

今週はオークスの無料買い目を公開!
こちらからご確認ください↓↓

オークスの無料買い目はコチラ
↑オークス~ダービー~宝塚記念。いや、夏競馬もここの無料情報です!

毎日王冠2019予想

枠順有利なのがケイアイノーテックとギベオン。

最終追い切り抜群なのがモズアスコット。

実績上位がアエロリット、インディチャンプ、ダノンキングリー。

今年の毎日王冠はアエロリットが飛ばすペースがどの程度のハイペースになるのか?このあたりが予想の分かれ目になりそうで、昨年と同様のスローペースになるとアエロリットが有利。

ミドルペース以上になればインディチャンプ。こんな感じになると思います。

そして、どちらのペースでも対応出来そうなのがダノンキングリー。

こう考えると、残る3つの内、2席が埋まりましたから残るは1席。

◎本命:複勝

ギベオン

データ推奨馬に指定された馬ですが、前走鳴尾記念は、スタートで躓き、他馬と接触という2度のアクシデントから差してきてコンマ3秒差の4着。最後は良く詰めてきました。

ここまで毎日杯優勝ブラストワンピースの2着やNHKマイルカップ2着など実績面では遜色ない活躍も、どうしてもG3クラスで終わってしまいそうな感じにも見えていましたが、今回2枠に入ったことで、距離ロスを防ぎ、最後は、好位から抜け出して残る競馬が出来ないかなと。

上がり勝負になりやすい毎日王冠でも非根幹距離ですから上がり勝負で決まらなかった年もあり、今回はそれを期待。

1枠ケイアイノーテックが控える競馬だと思いますので、スムーズに好位を取れそうなのはプラス。最終追い切りは、CW[85.8-68.2-51.6-37.0-11.7]と1週間前追い切りから見違えるほど走ってきています。

あとは騎手。ここが最大のポイントですね。がんばって!横山武騎手!

<<参考印>>
◎ギベオン
◯ダノンキングリー
▲アエロリット
△インディチャンプ
×ペルシアンナイト

[ad][insert page=’2019-1006′ display=’content’][ad]

毎日王冠2019出走予定馬の評価

インディチャンプ牡4歳

調教師音無 秀孝(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金2億3112万0000円
通算成績10戦6勝[6-1-1-2]主な勝鞍19’安田記念
東京コース[2-0-0-0]
父ステイゴールド
母ウィルパワー

前走安田記念は激走の末に優勝。福永騎手の話では「末脚勝負になると分が悪い面が克服されてきた感じです。馬体もふっくらとして来て、あと1F伸びても大丈夫そうな走りでした。」とうこと。

↓前走安田記念1着/赤の帽子5番がインディチャンプです

これまで上がり勝負には滅法強いインディチャンプだと認識をしていましたが、それでもまだ足りていないというニアンスの話ですから、ここに来てさらに本格化、そしてまだ成長を続けているということでしょうか。

右回りは利き足のおかげで不得意になる反面、左回りだとしっかりと走ってきますので、非根幹距離の1800mでも勝ち負けはありそうですね。

安田記念終了時点では、今年の最終目標がマイルチャンピオンシップという話もありましたので、前哨戦の毎日王冠での走りに期待したいところです。

ダノンキングリー牡3歳

調教師萩原 清(美浦)
馬主株式会社 ダノックス
生産者/産地三嶋牧場/浦河町
中央獲得賞金1億7411万2000円
通算成績5戦3勝[3-1-1-0]主な勝鞍19’共同通信杯
東京コース[2-1-0-0]
父ディープインパクト
母マイグッドネス

前走日本ダービーは、ロジャーバローズに上手く立ち回られ僅差の2着。先行しながらタイム差無しまで迫った競馬は負けて強しの印象が強いレースでした。

今回は得意の東京1800m戦。

共同通信杯を優勝していますから、距離適性は十分でなおかつ、タイムが非常に優秀でした。東京6日目で1:46.8。過去平均から見てもコンマ7秒以上は速いタイムになります。

↓共同通信杯1着/白の帽子1番がダノンキングリーです

また、コース形態に合った脚質で、先行しながら上がり最速を出せるのは、本当に力とコース適性がある証拠。

ここでも期待したい1頭ですね。

アエロリット牝5歳

調教師菊沢 隆徳(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金3億9349万2000円
通算成績16戦4勝[4-6-0-6]主な勝鞍17’NHKマイルカップ
東京コース[2-3-0-2]
父クロフネ
母アステリックス

前走安田記念はタイム差なしの2着と、東京マイルなら誠実な走りを披露したアエロリット。これで牝馬5歳ですから、本当に強いのひとこです。

↓前走安田記念1着/白の帽子2番がアエロリットです

実績は申し分なく、昨年は同レースの優勝馬。東京1800mで逃げる時のお手本のような走りでしたから、今回も十分にチャンスはあるかなと。

アエロリットの凄さと言えば、その粘りある脚質。3歳時のクイーンカップ以降の国内12戦の上がりはすべて4位以下。それでも重賞制覇や重賞2着も何度もありますので「いかに自分のペースで走れるか?」そして、「いかに自分のペースで前1頭に走らせれるか?」というタイプ。

逃げ先行で崩れるパターンは、瞬発力勝負で負けた時のみ。

今回のメンバーであれば、やはろインディチャンプの末脚かなと。この1頭以外なら自身の脚質で封じることは出来ると思います。

距離適性は1800mまで。ここで勝ち負けでマイルチャンピオンシップでは僅差の4着5着あたりになるでしょうか。

[ad]

モズアスコット牡5歳

牡5歳
調教師矢作 芳人(栗東)
馬主株式会社 キャピタル・システム
生産者/産地Summer Wind Farm/米
中央獲得賞金2億4536万3000円
通算成績16戦5勝[5-4-0-7]主な勝鞍18’安田記念
東京コース[1-0-0-1]
父フランケル
母インディア

今回、未勝利戦以来の1800m戦になりモズアスコット。

これまで1600m戦を主戦としてきた同馬が非根幹距離で走れるのかどうか?血統背景すれば、マイルまでが適正距離かなと思いますが、広い東京であれば、距離の融通は利くかなと。東京1400mで勝鞍もありますからね。

前走安田記念は、インディチャンプからコンマ3秒差の6着と僅差での敗退も、脚質の並びや枠順の有利不利が大きかったことを考えれば、悲観する内容ではないです。

↓前走安田記念1着/青の帽子6番がモズアスコットです

2018安田記念優勝馬としては、このメンバーのG2ですから、少し不安や力関係がどうか?というのもありますが、広い東京なら期待したい1頭ですね。

ペルシアンナイト牡5歳

調教師池江 泰寿(栗東)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者/産地追分ファーム/安平町
中央獲得賞金3億5115万8000円
通算成績19戦4勝[4-4-1-10]主な勝鞍17’マイルチャンピオンS
東京コース[0-1-0-5]
父ハービンジャー
母オリエントチャーム

これまで注目馬4頭を挙げて来ましたが、この4頭に共通する点が「東京巧者」という部分。

ペルシアンナイトの東京コースは[0-1-0-5]とイマイチの成績です。今年の東京コースは、2走前安田記念でコンマ9秒差の10着と大敗。

また、今年は、前走札幌記念以外の3鞍は大きく負けており、5歳ペルシアンナイトとしての成長が止まってしまったかなと思うような内容が続いています。

今回は、G2でも好メンバーになりますので、ここは見送る可能性が大きいですね。

[ad]

毎日王冠2018プレイバック

モレイラ騎手騎乗の1番人気アエロリットが優勝。やはりこの外国人騎手は只者でないなと再確認したレース。

好スタートからハナに立ち、直線でも力強く伸びて逃げ切り勝ちを決め、勝ち時計は1分44秒5。

スローペースに持ち込んだアエロリットの抜群の逃げ。前半はスローから後半は少しペース上げての競馬。

最終的にステルヴィオ1頭が差しに来ましたがアエロリットのセーフティリードで逃げ切り。

こういった走りが出来る時点で、これまでのアエロリットから一皮剥けた印象を持った毎日王冠でしたね。

逃げ方が非常に上手く、余力十分に直線に入りましたし、最後の1ハロンはペースを上げましたから、差し馬は届くはずもない完璧なレースでしたね。

[ad]

毎日王冠2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

毎日王冠2019データ傾向分析

2009年~2018年過去10年間の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[5-1-0-4]3着内率60%
  2. 単勝2番人気[0-1-0-9]3着内率10%
  3. 単勝3番人気[1-2-0-7]3着内率30%
  4. 単勝4番人気[2-1-1-6]3着内率40%
  5. 単勝5番人気[0-1-3-6]3着内率40%
  6. 牡馬・セン馬[8-9-10-93]3着内率22.5%
  7. 牝馬[2-1-0-1]3着内率75%
  8. 関東馬[4-3-6-43]3着内率23.2%
  9. 関西馬[6-7-4-51]3着内率25%
  10. 3歳[2-4-0-11]3着内率35.3%
  11. 4歳[4-2-4-19]3着内率34.5%
  12. 5歳[2-2-2-23]3着内率20.7%
  13. 6歳[1-2-1-17]3着内率19%
  14. 7歳以上[1-0-3-24]3着内率14.3%
  15. 1枠[0-0-3-8]3着内率27.3%
  16. 2枠[2-0-0-10]3着内率16.7%
  17. 3枠[0-1-1-10]3着内率16.7%
  18. 4枠[2-4-1-7]3着内率50%
  19. 5枠[0-0-2-14]3着内率12.5%
  20. 6枠[3-3-2-11]3着内率42.1%
  21. 7枠[2-0-0-18]3着内率10%
  22. 8枠[1-2-1-16]3着内率20%
  23. 前走G3[3-2-4-35]3着内率20.5%
  24. 前走G2[2-1-2-11]3着内率31.3%
  25. 前走G1[4-7-3-39]3着内率26.4%

昨年こそミスプロ系が3着以内に入っていますが、サンデーサイレンス系が活躍しているコース。特にディープインパクト産駒はケタ違いに活躍しています。

単勝1番人気はまずまずの結果。ただし、下位人気同士で決まった年もありますので、鵜呑みには出来ない人気ですね。

数字では牝馬の活躍が目立ちますが基本は牡馬優勢。3着以内に入った牝馬3頭の共通点としては、G1で2着以上の実績がほしいところです。

4枠6枠の偶数枠の好走率が高め。過去10年、馬番4番5番6番7番のいずれかが必ず3着までに1頭は入っています。ここで一番のポイントは人気に関わらず3着以内に入っていること。この馬番は押さえる必要がありそうですね。

中9週以上の好走率が高い。秋G1戦線への始動は毎日王冠からという馬が狙い目。夏から使ってきた馬より格段に良い数字です。

戸崎圭太騎手、ルメール騎手、ミルコ・デムーロ騎手の3人が東京1800m芝コースのトップ3。2017年~2019年で

  1. 戸崎[19-9-12-34]3着内率54.1%
  2. ルメール[15-9-8-21]3着内率60.4%
  3. デムーロ[8-3-0-13]3着内率45.8%

毎日王冠2019は、戸崎騎手騎乗ダノンキングリーのみ。

東京、新潟、阪神、京都の芝1800m重賞で3着以内の実績馬が優秀。これは、近2走で上がり3F2位以内の好走率が高いデータにもリンクする内容で、コース特徴上、速い上がりを求められるため、先行力だけでは直線で切れ負けする。

中団以降で脚を溜めた馬の好走率が高いのもリンクしいくる結果となっていますので、直線の長い1800m重賞で3着以内+近2走上がり3F2位以内+差し馬が好走条件の最データになります。

上記の好走条件にすべてあてはまる馬はギベオン1頭のみ。

ギベオンの詳細

2015年02月20日 (牡4歳)
調教師/藤原英昭(栗東)
馬主/有限会社 社台レースホース
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金1億2709万3000円
通算成績9戦3勝[3-2-0-4]主な勝鞍18’中日新聞杯
東京コース[1-1-0-0]父ディープインパクト
母コンテスティッド

[ad]

毎日王冠2019コース解説

1~2コーナーの間にあるポケットからスタート。2コーナーを斜めに横切って向こう正面に入る。コーナー3つの変則的な形で、スタートして2コーナーまでの距離はおよそ160m。3コーナーまで750mと距離があり、先行争いはさほど激しくならない。

重賞、オープン特別でも、ゆったりと流れて瞬発力勝負になることがままある。

位置取りは前に越したことはないが、速い上がりを求められるため、先行力だけでは直線で切れ負けする。位置取り問わず、余力を持って直線で速い脚を使えるかどうかが好走の条件と言えるだろう。紛れが少なく、能力差が反映されるコースで人気馬の信頼度は高い。引用先:競馬ラボ

スローペースが主体のレースですが完全に前と後ろが別れやすい結果となっていることから、先行馬であれば、上がり33秒後半までの脚が必要で、差し馬であれば、32秒台後半くらいはほしいところ。

よーいどん!のレースになりやすいですが、切れるだけでは勝てないのも毎日王冠の特徴。

騎手や位置取りといった「騎手による得意不得意」の部分も多いに関わってくるレースです。

[insert page=’tuita’ display=’content’]

オークス2024攻略法
東京は4番人気が走る?
そんな奇妙なデータと・・
G1で4勝のLINE予想
これ見ておくと安心です!

オークスデータご紹介
今年行われた東京のメインレースは4番人気が(2-3-5-5)複勝率66.7%。 1番人気よりも2番人気よりも3番人気よりも4番人気の方が好走しています。 特に2回東京開催では(1-2-3-1)、大波乱だったヴィクトリアマイルでも4番人気フィアスプライドが2着でした。 オークスではどの馬が4番人気になるのか?目が離せませんね!
────────────
そして1着2着が知りたい方へ
G1・無料情報
◎NHKマイルC 馬連5,000円→7,200円
◎天皇賞春 馬連5,000円→8,560円
◎桜花賞 馬連5,000円→12,400円
◎大阪杯 馬連5,000円→38,600円

馬連3点前後で回収率140%~700%以上の実績!

春G1で4勝とよく当たる無料買い目

今週は、オークスの無料買い目を公開します!

こちらからご確認ください↓↓

オークスの無料買い目はこちら
土曜は最終レースで回収率300%!

LINE限定『厳選軸馬』を無料配信中

当サイト【競馬単複】MOSTLY CORRECTではLINE限定『厳選軸馬』を無料配信中です。

配信内容は、《重賞版》と《平場版》の◎本命軸馬を配信、重賞は、軸馬に加え、単勝・複勝・馬連・馬単で公開します。

直近『厳選軸馬』結果

2024年2月17日(土曜)
厳選軸馬[平場版]

小倉9R◎1メイショウウネビ1着
(参考)1-3.5.4.6
小倉11R◎6プリンスミノル1着
(参考)6-5.1.3.4.15/59.8倍
京都1R◎12ミルミナーヴァ2着
(参考)12-4.5.7.13.14

参考は、お好きな馬券種で。
推奨は単勝/馬単です。

東京11RダイヤモンドS◎8サリエラ2着
京都11R京都牝馬S◎12ナムラクレア2着

G1的中速報

LINE限定厳選軸馬
2024年3月24日(日曜)
厳選軸馬[重賞版]
中京11R高松宮記念
1位◎3ナムラクレア2着
2位○5トウシンマカオ
3位▲6ルガル
4位△2マッドクール1着
5位✕8ソーダズリング
6位✕16ウインマーベル
馬連3.5-3.5.6.2.8.16/9点/2110円

日曜日限定公開が基本で、10時~11時ごろに配信。不定期ですが土曜日の公開もありますので、ぜひ、LINEお友だち追加をお願い致します。

LINEお友だち追加はこちら