競馬ニュース

【マイルチャンピオンシップ2019結果】レース動画やコメント/池添インディチャンプ

マイルチャンピオンシップ2019の結果やレース動画・調教師や騎手のレース後のコメントを紹介していきます。(2019年11月17日京都競馬場/第36回マイルチャンピオンシップ3歳以上オープンG1芝1600m外)

好位でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の3番人気インディチャンプが、直線に入って一気に抜け出し、外から脚を伸ばした1番人気ダノンプレミアムに1.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分33秒0(良)。

マイルチャンピオンシップ2019結果

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 人気
1 3 5 インディチャンプ 牡4 57.0 池添謙一 1.33.0 3
2 7 14 ダノンプレミアム 牡4 57.0 川田将雅 1.33.2 11/2 1
3 4 7 ペルシアンナイト 牡5 57.0 O.マーフィー 1.33.3 クビ 6
4 2 3 マイスタイル 牡5 57.0 田中勝春 1.33.4 1/2 10
5 1 1 ダノンキングリー 牡3 56.0 横山典弘 1.33.4 クビ 2
6 6 11 カテドラル 牡3 56.0 武豊 1.33.5 3/4 13
7 5 9 クリノガウディー 牡3 56.0 藤岡佑介 1.33.6 クビ 12
8 1 2 グァンチャーレ 牡7 57.0 松岡正海 1.33.8 11/4 11
9 2 4 レッドオルガ 牝5 55.0 岩田望来 1.33.8 クビ 15
10 8 15 ダイアトニック 牡4 57.0 C.スミヨン 1.33.8 クビ 4
11 4 8 プリモシーン 牝4 55.0 W.ビュイック 1.33.9 1/2 9
12 7 13 タイムトリップ 牡5 57.0 幸英明 1.34.1 17
13 3 6 フィアーノロマーノ 牡5 57.0 藤岡康太 1.34.1 クビ 14
14 6 12 モズアスコット 牡5 57.0 和田竜二 1.34.2 クビ 7
15 8 17 レイエンダ 牡4 57.0 C.ルメール 1.34.3 1/2 8
16 5 10 アルアイン 牡5 57.0 R.ムーア 1.34.9 31/2 5
17 8 16 エメラルファイト 牡3 56.0 石川裕紀人 1.35.0 3/4 16
払い戻し
種類 番号 金額 人気
単勝 5 640円 3
複勝 5 190円 3
複勝 14 130円 1
複勝 7 290円 5
枠連 3-7 860円 2
馬連 5-14 840円 2
馬単 5-14 2,040円 5
ワイド 5-14 370円 2
ワイド 5-7 1,090円 12
ワイド 7-14 570円 5
3連複 5-7-14 3,200円 7
3連単 5-14-7 16,580円 39
[ad]

マイルチャンピオンシップ2019レース動画

マイルチャンピオンシップ2019レース後のコメント

池添騎手のコメント

急遽の代役でしたが、追い切りに騎乗することができ、ある程度インディチャンプについて把握することができたので良かったです。

強い馬であることは分かっていて、一度使ってから状態が上がっているということも聞いていたので、あとはしっかり責任を果たすだけだなと思い乗りました。

直線に向いてからも手応えは十分にありましたが、直線抜け出すとソラを使うと聞いていたので、ぎりぎりまで我慢して最後1ハロンだけ一気に仕掛けました。

強い馬が揃っていた中で勝つことができ、マイルの本当のチャンピオンだと思いますし、まだまだこれからも頑張ってくれると思います。引用先:ネット競馬

マイルチャンピオンシップ2019優勝馬

インディチャンプ牡4

生年月日 2015年2月21日生
ステイゴールド
ウィルパワー
母父 キングカメハメハ
生産者 ノーザンファーム
馬主 シルクレーシング
所属 関西
厩舎 音無秀孝
平地本賞金 243,500,000円
障害本賞金 0円
平地付加賞金累計 4,720,000円
平地収得賞金累計 98,500,000円
1着 2着 3着 4着 5着 着外 勝率 連対率 3着内率
全戦 6 1 2 2 0 0 .545 .636 .818
平地 6 1 2 2 0 0 .545 .636 .818
障害 0 0 0 0 0 0
[ad]

ジャパンカップ2019出走予定馬や予想オッズ

ジャパンカップ2019予想オッズや出走予定馬や騎手・とっておきの注目馬や穴馬を紹介ジャパンカップ2019の予想オッズや出走予定馬。枠順や騎手、とっておきの注目馬や穴馬を紹介します。また1週間前追い切りも評価付きで紹介!...
[ad] [rank id=1]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。