マイルグランプリ2019予想!スローペース濃厚なら内枠先行馬が狙い目!その理由とは?

マイルグランプリ2019の予想を中心に過去データ傾向を紹介します(2019年10月16日水曜日/大井競馬場/11Rマイルグランプリ2019/3歳上オープン重賞/ダート1,600m)

過去5年の成績を確認するだけでも単勝10番人気以下が3着に入るなど紐荒れしやすいマイルグランプリ。

それでも上位人気が中心というのは間違いなく、ここでもある程度は人気上位馬から予想に入っていく必要があるかなと。

ただ、今年は、逃げ先行勢が極端に少ないメンバー構成ですから、スローペースになるとノンコノユメの差しが届くかどうか?このあたりがポイントになってくるでしょうね。

マイルグランプリ2019予想

5枠までの内枠馬に有利なレースで今年も例外は無いかなと。

差し馬勢が揃ったことでペースが落ち着くなら、逃げ先行馬が一番有利な展開になり、その中でも内枠が狙い目になってきます。

極端に言えば、6枠~8枠の差し追い込み馬は軽視をしてもおかしくなく、逃げ先行馬ですら3着争いに加わることが出来るか?といった展開を予測しています。

ノンコノユメは7歳でもまだまだ切れのある走りでここでも中心ですが、スローペースだとしたら御神訓騎手は、前走のように前につける競馬をしているのかどうか?

そのあたりだけでノンコノユメが3着以内に入れるかどうかの線引に出来ますので、強い弱いの前に御神訓騎手次第という部分では少し狙いづらい。

それなら、内枠先行で実績のある馬を中心に馬券を組み立てていくほうが安全かなと考えています。

今回は単勝2点で。

本命◎単勝

トロヴァオ

けっこうな人気になっている時点で買うのをためらってしまいそうですが、鞍上が的場騎手という部分でも期待。

スタートから先行好位を取るのにズブい面があるためスムーズに取れないのが最近の傾向でしたが、前走的場騎手に変ってからその辺の心配はなくなったかなと。

昨年3着に入るなど弱い馬ではないのは間違いないですが、近年はイマイチの結果。それでも前走スパーキングサマーカップは、渋とく先行抜け出しでトキノパイレーツからコンマ3秒差の2着。地力のあるところを示せたレース。

今年は1枠に入ったことで経済コースを通れる分、しっかりと先行が出来ないと最後の直線で前が壁になり自身も後退・・・そういった流れもイメージが出来るだけに本当に的場騎手はかないのプラス材料です。

先行勢が少ないですから好位から押し切る競馬がハマる予感ですね。

アンサンブルライフ

脚質の並びから見て一番良い枠に入ったのがアンサンブルライフ。

前走千葉マイルで2年連続2着と好走。2走前マイルグランプリトライアルから千葉マイルをひとつ挟んだことで、結果的に上向く可能性が高く、実績面でも見劣らない内容。

今年は先行勢が少なく、ハナを切ってもよさそうな枠順ですから、この馬が逃げれば、かなり面白い1頭になるかなと。

枠順と展開で一番狙いたいのはこのアンサンブルライフですね。

マイルグランプリ2019過去データ傾向

特に重要なデータを紹介しています。

  1. 1枠~5枠までが非常に優秀で過去4年の3着以内すべて、この枠順で決まっています
  2. 5歳6歳が優秀。
  3. 前走2着以内の馬は[6-4-3-22]3着内率37.1%と好走
  4. 前走6番手以内の馬は[9-6-6-73]3着内率22.3%と先行馬が中心
  5. 前走から斤量の増減無し馬が中心
  6. 前走から同距離馬が中心
  7. 前走単勝1番人気が優秀
  8. 4角1番手の好走が目立つレース

データ推奨馬

サブノジュニア

タイトルとURLをコピーしました