マイルチャンピオンシップ南部杯2019出走予定馬や騎手!注目馬考察/故障明けVS勢い

マイルチャンピオンシップ南部杯2019の出走予定馬や騎手を紹介!また、マイルチャンピオンシップ南部杯に出走予定馬の注目馬考察なども紹介していきます。(2019年10月14日(月)/盛岡競馬場/第32回マイルチャンピオンシップ南部杯/ダート1,600mJpn1)

昨年は、ルヴァンスレーヴとゴールドドリームの2強対決となり、ルヴァンスレーヴが優勝。非常に見応えのあるレースでした。

マイルチャンピオンシップ南部杯は、リピータ馬が非常に多く、近年は、連覇達成を毎年おこなってきたレース。

今年は、昨年優勝馬ルヴァンスレーヴが不出走ということで、2着だったゴールドドリームに人気が集まりそうです。

それでは、出走予定各馬の注目馬考察を紹介していきます。

前日まとめ買いOK!単勝2点買いで的中率56.8%・回収率111.4%

当サイトおすすめ最新競馬マニュアル!

前日まとめ買いOK!単勝2点買いで

的中率56.8%回収率111.4%(2014年1月~2019年8月)

マイルチャンピオンシップ南部杯2019出走予定馬や騎手

JRA選定馬【出走予定馬7頭】

アルクトス牡4歳/田辺裕信
オールブラッシュ牡7歳/
ゴールドドリーム牡6歳/Cルメール
サンライズノヴァ牡5歳/吉原寛人
ノボバカラ牡7歳/
ミツバ牡7歳/和田竜二
ロンドンタウン牡6歳/

【補欠馬5頭】

モーニン牡7歳/坂井瑠星
タイムフライヤー牡4歳/
デュープロセス牡3歳/
ヴァンジェンス牡6歳/
アイフォーイチオー牡5歳/

地方選定馬【出走予定5頭】

アンタエウス牡3/
スターレーン牝5/
ソーディスイズラブ牝5/
ポットジョイ牡7/
モジアナフレイバー牡4/

【補欠馬5頭】

ナラ牝3歳/
イッセイイチダイ牡7歳/
ラモントルドール牝6歳/
コスモマイギフト牡10歳/
シャイニングアロー牝6歳/

マイルチャンピオンシップ南部杯2019出走予定注目馬考察

ゴールドドリーム牡6歳/Cルメール

調教/師平田 修(栗東)
馬主/吉田 勝己
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金3億6602万4000円
通算成績20戦9勝[9-6-1-4] 主な勝鞍19’かしわ記念
父ゴールドアリュール
母モンヴェール

前走かしわ記念を連覇後は左前を跛行で放牧へ。

今年は、自身意外に「強い」と言える馬が見当たらない状況でのレースになるかなと。年齢を重ねてもズブくならず、しっかりと先行が出来ていますし、今年の成績も安定のひとこと。

1週間前、最終追い切りが順調であれば、ここは負けられない1戦になりそうです。

ミツバ牡7歳/和田竜二

調教師/加用 正(栗東)
馬主/株式会社 協栄
生産者/産地タバタファーム/日高町
中央獲得賞金2億0226万9000円
通算成績45戦11勝[11-7-6-21] 主な勝鞍19’川崎記念
父カネヒキリ
母セントクリスマス

正直なところ、川崎記念でミツバが優勝するとは思っていなかっただけに驚きが凄すぎて、競馬はやっぱり絶対は無いなと。それに和田騎手は健在だなと。

また、その内容も強く、3コーナーからJRA勢の叩き合いになる前ぶりのような一団での追走から4角手前では、ケイティブレイブとオールブラッシュと3頭の叩き合いを制して2馬身半差の圧勝。

こういった競馬が出来れば大崩はないだろうということで、迎えた帝王賞はコンマ8秒差の4着。

本当に掴みきれないミツバですが、今回はこのメンバー。これまでの実績から言えば勝ち負けの要素は十分にありますので期待出来ると思います。

アルクトス牡4歳/田辺裕信

調教師/栗田 徹(美浦)
馬主/山口 功一郎
生産者/産地須崎牧場/新冠町
中央獲得賞金1億3524万3000円
通算成績12戦7勝[7-1-0-4] 主な勝鞍19’プロキオンステークス
父アドマイヤオーラ
母ホシニイノリヲ

前走プロキオンSは、先行力を活かして初重賞制覇。ハイペースを先行して抜け出した力はなかなかのもので、1:21:2は稍重でも好タイムの部類。

今回は強いゴールドドリームと対戦しますが、脚質が同型。ゴールドドリームと一緒に競馬をすると分が悪いため、出来れば少し前で競馬をしたいところ。

新興勢力としては注目の1頭ですね。

オールブラッシュ牡7歳

調教師/村山 明(栗東)
馬主/有限会社 社台レースホース
生産者/産地(有)社台コーポレーション白老ファーム
中央獲得賞金8171万0000円
通算成績35戦7勝[7-5-6-17] 主な勝鞍17’川崎記念
父ウェーンエンブレム
母ブラッシングプリンセス

イメージとしては展開ドンピシャで馬券になるような馬で、それ以外は狙えないというか、いつも連下では買っておかないといけないタイプかなと。

今年は4戦して3着2回が最高着順。1級戦が相手だったとしても負けすぎ感があり、やはり狙いづらいのは確かですが、メンバーがグッと落ちるここは、展開さえあえば、差し切ってもいいかなと。

G1馬の底力を見せてほしいですね。

ロンドンタウン牡6歳

調教師/牧田 和弥(栗東)
馬主/薪浦 亨
生産者/産地松浦牧場/新冠町
中央獲得賞金1億4049万6000円
通算成績31戦8勝[8-5-1-17] 主な勝鞍18’コリアカップ
父カネヒキリ
母フェアリーバニヤン

1600mは新馬戦とフェブラリーSに出走して2戦とも着外。血統背景は合うはずですが、自身はイマイチ走れない感じに見えますね。

今年は4戦して[0-2-1-1]と安定した走り。先行がスムーズにおこなえるようになったこと。それに伴う力も備わってきたからかなと。

メンバー構成で見れば、ロンドンタウンも遜色ない実績を持っていますので、強い先行勢の中でどれだけついていけるか?ここがポイントになってくると思います。

タイトルとURLをコピーしました