マレーシアカップ2020予想や過去データ傾向分析/

マレーシアカップ2020の予想や過去データを紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・種牡馬・馬体重・前走・脚質・種牡馬)や、展開を予測して予想を組み立てています。

マレーシアカップ2020レース概要

開催日 2020年7月11日(土)
開催場所 阪神競馬場
レース名 マレーシアカップ
条件 3歳以上3勝クラス/定量
距離 芝1800m・右回り
本賞金1着 1820万円

マレーシアカップ2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

マレーシアカップ2020予想

◎本命:

アルティマリガーレ

2走前ローズSの走りからすれば、ここは狙いたい1頭かなと。

ローズSは、スタートで出遅れるもマクる競馬で8着。考え方によっては、スローペースを嫌って早めに仕掛けたとも取れるレース内容ですが、先行~中団で競馬をするアルティマリガーレには痛い出遅れ。

それでも勝ち馬からコンマ7秒差なら、さらにスタートが悔やまれるレースでした。

これまでの成績からすれば、マイルまでがベストの結果とはなっていますが、血統背景からすれば、阪神芝1800mは好走出来る結果で、父ハービンジャーがまさにそれで。

今回5枠を引いたことで、そこそこ前の位置を取らないと抜け出すのに苦労する感じの脚質の並びですが、和田騎手に乗り替わったことで、そのあたりもスムーズに行くかなと。

また、稍重でも結果を出しており、馬場状態も味方につけるかなと考えています。

[common_content id=”10677″]

マレーシアカップ2020過去データ傾向分析

今年から条件が変わっていますので、同条件、同コースのオークランドRCT過去10年のデータ傾向を紹介します。

単勝人気別成績

単勝8番人気以下から優勝馬が出ておらず、馬券としては単勝11番人気以下が[0-0-0-17]と苦戦。

単勝1番人気が非常に強いクラスで[5-3-0-2]連対率80%と好走。その他は、2着3着を分けた結果となっており、上位人気から単勝8番人気までに流すのが妥当な感じしょうか。

3連系なら単勝10番人気まで流す必要のあるクラスです。

単勝オッズ別成績

単勝1番人気が強いことをお伝えしましたが、着外になった2頭は、2倍~3.9倍以内でした。

単勝1番人気は3.9倍以内で、最も好走しているのが2倍~2.9倍[3-2-0-1]。

全体的に見れば、単勝50倍以上がやや苦戦しており、~29.9倍までが一応の好走ラインですね。

枠順別成績

1枠[0-1-1-9]、3枠[0-0-4-9]、5枠[0-0-1-14]と奇数枠が苦戦。

変わって好走しているのが、4枠[3-2-2-6]、6枠[2-1-2-11]、7枠[2-3-0-14]、8枠[2-1-0-17]といった偶数枠と外枠。

ちなみに単勝1番人気の4枠7枠8枠は、3着内率100%継続中です。

足立祐二
人気割れしやすいクラスですので、予想に迷えば、枠順のバイアスで決めるのもありかもしれませんね。

脚質別成績

逃げ先行馬の3着内率が30%を越えており、中心の脚質はここかなと。

それでも、阪神芝1800mという部分からなのか、差し、追い込みも健闘しており、どこからでも勝ち負け出来る脚質となります。

馬年齢別成績

7歳以上が[0-1-0-14]と苦戦。

4歳5歳で4勝ずつの8勝を挙げており、中心の存在。

血統・種牡馬別成績

勝ち負けならミスプロ系が強く、3着以内ならサンデーサイレンス系も好走。基本はミスプロ系。特にキングカメハメハ産駒は要チェック。

馬体重データ

馬体重459キロ以下に勝ち馬が出ておらずやや苦戦。

好走は、馬体重460キロ以上。特に馬体重500キロ台の大型馬の活躍もあるレースです。

マレーシアカップ2020過去データ傾向まとめ

  • 単勝11番人気以下が[0-0-0-17]と苦戦
  • 単勝1番人気[5-3-0-2]連対率80%と好走
  • 単勝1番人気2倍~2.9倍[3-2-0-1]が好走
  • 単勝29.9倍以内が一応の狙い目
  • 1枠[0-1-1-9]、3枠[0-0-4-9]、5枠[0-0-1-14]と奇数枠が苦戦
  • 4枠[3-2-2-6]、6枠[2-1-2-11]、7枠[2-3-0-14]、8枠[2-1-0-17]といった偶数枠と外枠が好走
  • 単勝1番人気の4枠7枠8枠は、3着内率100%継続中
  • 逃げ先行馬の3着内率が30%
  • 4歳5歳が好走
  • 勝ち負けならミスプロ系
[common_content id=”9807″]
タイトルとURLをコピーしました