マリーンカップ2020予想や過去データ/馬場状態がプラス・後続馬を置き去りにラインカリーナ

マリーンカップ2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年4月2日船橋競馬第24回マリーンカップ4歳以上オープンJpn3/ダート1600m)

南関東重賞開幕戦ということで、非常に楽しみな1戦です。

予想の入り方としては、過去10年、JRA勢が優勢の中、昨年は、地方馬ラーゴブルーが久々の優勝でJRAの連続優勝をストップさせる好走でしたが、ポイントになるのは単勝3番人気だったこと。

近5年を見ても、地方馬で3着以内に入ったのは5頭で、その内3頭が単勝4番人気以内で2頭が単勝6番人気でした。

全体的に見ても、単勝6番人気以内での決着となっており、JRA組でも地方組でも単勝6番人気以内が予想の目安になってくるかなと。

さらに4角3番手以内の逃げ・先行馬が活躍しており、スタートしてテンの入りが速い馬が狙い目になる。そういった傾向の強いマリーンカップです。

それでは予想です。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

マリーンカップ2020出走予定馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ナラ 牝4 55 水野翔
2 2 ラビットラン 牝6 57 森泰斗
3 3 ゼットパッション 牝4 55 山崎誠士
3 4 スマートフルーレ 牝4 55 武豊
4 5 アークヴィグラス 牝4 55 張田昂
4 6 グランモナハート 牝4 55 本田正重
5 7 スターレーン 牝6 55 広瀬航
5 8 ナムラメルシー 牝6 55 御神本訓史
6 9 メモリーコウ 牝5 55 的場文男
6 10 ラインカリーナ 牝4 57 武藤雅
7 11 ストロングハート 牝5 55 町田直希
7 12 サルサディオーネ 牝6 55 矢野貴之
8 13 パッシングスルー 牝4 56 内田博幸
8 14 チークス 牝5 55 笹川翼

マリーンカップ2020予想

週初めの予想では、パッシングスルーに本命を打とうかなと考えていましたが、4月1日の船橋の馬場状態を見て変更。

マリーンカップが逃げ・先行馬有利のレースですから、狙いもそのあたりは変わらないのですが、不良馬場というのを考慮すれば、スタートしてテンの入りが早い馬が最後まで伸び切るかなと。

何が何でもハナに行きたい馬が仮に3頭いたとしても、その3頭の内の2頭が馬券になる。それくらいの馬場状態だと思っています。

その馬場状態や展開の中でも最後までバテにくい逃げ・先行馬。これを狙ってみます。

◎本命:複勝

ラインカリーナ

ダート1600mなら面白いだろうなと思っていた矢先に6枠を引いて、この馬場状態。

これまでダート1600m~1800mを主戦しており、地方交流は、2000m前後の交流重賞がメイン。

その地方交流の中でも昨年の関東オークスを逃げ切りで優勝した内容は圧巻で、このメンバーで距離短縮の今回なら十分に逃げ切れるはず。

マリーンカップと相性の良い3走前クイーン賞は、逃げたクレイジーアクセルを捕らえ切れずの3着も、コンマ6秒差ですから悲観する内容でもなく、

今回は、距離短縮が効いて、多少競ってでも逃げ切ることが可能、もしくは2番手以内を追走出来れば、地力の違いを見せれる競馬になるかなと。

最悪の場合、メモリーコウとサルサディオーネとラインカリーナの3頭併せのような逃げでも、最後まで伸びきれるのは、ラインカリーナ。

それぐらい1600mは合うと考えています。

◯対抗

メモリーコウ

良い枠順にヤネを確保したことで、2走前TCK女王盃3着以上はあるかなと。

TCK女王盃は、気性面の部分でスムーズな競馬が出来ずの3着なら立派な内容。勝ち馬からコンマ6秒差も問題の無い結果。

また、前走仁川ステークスは、距離が長く展開が向かなかったことを考えれば、距離短縮で牝馬同士の対戦なら、期待が持てる形。

ただ、スタート次第ではという注文が付くだけに、的場騎手への乗り替わりはプラスで、上手くコントロールをしてくれるかなと。

ラインカリーナと同じ位置取りを保って抜け出す競馬に期待したいですね。

◎ラインカリーナ
◯メモリーコウ
▲パッシングスルー
△スマートフルーレ
×ナムラメルシー
×サルサディオーネ

馬連◎=◯▲△×5点

マリーンカップ2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。

  1. 4角3番手以内の逃げ・先行馬が優秀。過去10年の優勝馬、4角1番手4頭、2番手2頭、3番手3頭、6番手1頭の成績
  2. 5歳が7勝とトップも4歳勢も好走。中心は4歳5歳
  3. JRAが9勝とダントツの成績
  4. 6枠7枠8枠が優秀
  5. 単勝1番人気から4番人気以内の決着が中心
  6. 前走エンプレス杯組、TCK女王盃組が優秀
  7. 川崎4勝、大井2勝と前走別はこの2馬場が中心

基本的に、前走大敗組の巻き返しも可能ですが、その場合でも単勝4番人気以内が目安。

特に枠順の恩恵が強いレースで、6枠7枠8枠は好走結果が強いため、予想の入り方も、まずはこの3つの枠順からがおすすめ

過去10年の1着馬10頭中9頭が4角3番手以内。今年も逃げ・先行馬が中心

[common_content id=”9739″]
タイトルとURLをコピーしました