スポンサーリンク

ながつきステークス2020予想や買い目・過去データ傾向・好枠ゲットで前走以上を期待

ながつきステークス2020予想や買い目・過去データ傾向を紹介します。

ながつきステークス2020過去5年のデータ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析。予想を紹介します。

ながつきステークス2020出走予定馬

ながつきステークス2020予想オッズ

1 ウルトラマリン 1.8
2 レッドアネラ 3.8
3 サザンヴィグラス 5.4
4 ヒデノヴィーナス 11.5
5 ルッジェーロ 12.8
6 タテヤマ 22.8
7 エルモンストロ 24.4
8 ノーフィアー 31.1
9 リュウノユキナ 40.8
10 アシャカダイキ 56.0
11 スナークライデン 85.0

ながつきステークス2020過去データ傾向分析

ダート1200mで行われた近5年を参考にしています。

単勝人気データ

単勝1番~5番人気以内[4-4-3-16]と好走。脚質傾向を確認すると、逃げ~差し馬が好走しており、追い込み馬がやや苦戦。上位人気馬優勢の結果と見て良さそうです。

単勝11番人気以下[0-0-0-24]と苦戦。

単勝オッズデータ

これまで単勝2倍以下を切る馬は無し。

上位人気馬が好走しやすいレースですが、人気割れしやすいのが特徴のひとつです。その中で、単勝3倍~3.9倍が[1-3-0-1]と好走しており、単勝1番人気[1-0-0-0]、単勝2番人気[0-3-0-1]の結果。

枠順データ

6枠~8枠が好走しており、外枠有利と見ていいでしょうね。

間隔データ

中5週~25週が好走しており[5-5-3-42]。中4週以内は苦戦しています。

脚質データ

逃げ馬が[2-0-0-3]と好走しており、2勝は単勝3番4番人気。

全体的には先行~差しがメインで走ってきており、追い込み馬はやや苦戦しています。

極端な上がり勝負にはなりくく、最後まで脚を持続させる馬が活躍しています。

馬体重データ

年齢データ

4歳5歳が好走しており中心の存在。7歳以上[0-0-1-15]と苦戦。

前走人気データ

前走2番人気が[4-1-0-3]と好走。

前走着順データ

前走着順による偏りはそこまで無く、むしろ前走6着以下からの巻き返しが目立つレースです。

前走クラスデータ

前走同クラス1600万組が[3-3-4-45]と好走しており中心の存在。

前走レースデータ

ながつきステークス2020予想

中山ダート1200mは、逃げ馬が有利なコースですが、ながつきステークスに限っては、差し馬もしている結果で、それはハイペースでも同じ結果。

このあたりは、単勝5番人気以内から勝ち馬が出ているように「実績馬「地力のある馬」が好走しやすいのかなと考えています。

コースバイアスでは、7枠8枠が2勝ずつ挙げており、6枠~8枠の外が有利。

予想もこのあたりを中心に馬券を組んでいます。

◎本命・複勝

ヒデノヴィーナス

先行勢が揃ったことで、ハイペース必至の中、控えた競馬から脚を伸ばせそうなヒデノヴィーナスを本命に。

前走NST賞は、単勝5番人気で2着に好走。勝ち馬からコンマ1秒差ですから、勝ちに等しいレースだったと思います。

休養明け初戦で馬体重プラス18キロは、生涯馬最高馬体重でしたが、好位4番手を追走しながら競馬が出来た時点で成長分も込みの馬体重だった思います。

2走前千葉Sは、単勝1番人気で6着に敗退しましたが、川須騎手のレース後のコメントでは「勝ち馬が強かった」ということで、ある意味度返しの1戦で、休養前の1戦でしたから、そこまで気にする必要はないかなと。

今回、メンバー的には前走よりは落ちるイメージで、7枠を引いたことで、芝を走る分、加速も違いますし、ウルトラマリンが先に前にさえ行ってくれれば、あとは好位先団の外につけながら、最後の直線で抜け出す競馬をするだけ。

中山ダート1200mで勝鞍のあるアクアラインSのタイムも上々ですし、期待出来る1頭だと思います。

◎ヒデノヴィーナス
○ウルトラマリン
▲サザンヴィグラス
△タテヤマ
×レッドアネラ

馬連◎=○▲△×4点

[common_content id=”15549″] [common_content id=”15869″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました