当サイト無料メルマガ予想→皐月賞ダノンキングリー桜花賞クロノジェネシス的中!無料メルマガの登録はこちらから
厳選単複予想

名古屋グランプリ2018予想カツゲキキトキトの1着はあるのか?

過去5年の中で、ミスプロ系とサンデーサイレンス系の相性が良く、昨年はメイショウスミトモが1着。一昨年はミスプロ系アムールブリエが1着とその相性の良さは健在です。

今年も、この2つの血統背景のある馬が出走しますが個人的には、この「血統」の部分にも注目したい1戦ですね。

スポンサーリンク

名古屋グランプリ2018予想コースバイアスは逃げ先行馬を狙うのがベスト

9頭立てということもありコースバイアスは直接関係することは無いと思いますが、
ひとつだけ絶対条件として取り入れるべきバイアスは脚質。

名古屋競馬2500mは、8つのコーナーをまわりますので前に行く馬が断然有利になってきます。また、最後の直線も短いので、差し馬勢は不利です。

逃げ、先行馬といっても豊富なスタミナがある馬限定になりますので狙うなら番手追走、4角3番手以内の馬を狙うのがベスト。

まず、追い込み馬は絶望的で、差し馬もよほど馬身の開きがない位置取りなら問題ありませんが、開きすぎると絶望的。

逃げ、先行しながら、スタミナが切れない、我慢比べ戦となります。

名古屋グランプリ2018予想JRA所属馬の独壇場

9頭立てということもあり、隊列は、早々にJRA所属馬の隊列になる可能性があり、その中でも7番グリムは、他馬に強い逃げ、先行馬がいない今回はスムーズに競馬が出来るゆいつの馬になりそうかなと考えています。

展開面でグリムを筆頭に考えれば、あとは、5番手以内を楽に追走出来そうな、ミツバ、センチュリオン、チュウワウィザードあたりが早めに先団に取りつくかなと。ミツバとセンチュリオンに関して言えば、地方の砂になれば、前目で競馬が出来る脚になることが多く、ここでも先行5番手以内には位置取りをしている見立てです。

あとは、地方の星カツゲキキトキトと、新星トーセンノワールがどんな競馬をするかですね。

名古屋グランプリ2018予想カツゲキキトキトは勝てるのか?

5歳になったカツゲキキトキト。個人的には随分と注目してきた馬なんですが、この馬。5歳になってもまだ成長しているですよね。前走の馬体重が531キロと自身最高馬体重で1着。とにかく馬格のある馬ですから、地方競馬ならどこでも走れる身体ではあると思っています。

ただし、JRA所属馬と対等した場合、どうしても爪が甘いというか、仕掛けどころで置いていかれる場面が多々あり、そのスピードに差があるように思います。この辺は格の違いで済ましたくないのが本音ですが、実際はそういうことでしか、解決出来ないですね。

距離は問題無く、コースも問題無い、あとは先行出来るかが鍵。個人的には思いきって逃げてほしいんですけどね。

名古屋グランプリ2018予想軸はグリムで鉄板

今年最後の中央競馬G1ホープフルステークスの予想はこちらです⇒ホープフルS2018予想フロックではないニシノデイジーの凄さとは

本命◎7番グリム
対抗◯6番カツゲキキトキト
単穴▲8番チューワウィザード
注目△5番センチュリオン

スータトしてすぐに7番グリム6番カツゲキキトキトあたりが先団に取り付け、終始、競馬はそのまま続く形。3角手前には8番チューワウィザードが押し上げてくる形で、最終的に5番センチュリオンまでが4角5番手以内。

最後は追い比べとなりますが、先手を取っているであろう7番グリムか6番カツゲキキトキトが1着の予想。前有利の展開が崩れれば8番チューワウィザードの出番。

12月度の当サイトの地方競馬予想は以下になります。

12月24日(月)名古屋グランプリ2500m
12月24日(月)ゴールドカップ1400m
12月27日(木)兵庫ゴールドトロフィー1400m

12月29日(土)東京大賞典2000m

スポンサーリンク