当サイト無料メルマガ予想→皐月賞ダノンキングリー桜花賞クロノジェネシス的中!無料メルマガの登録はこちらから
厳選単複予想

名古屋11R新春盃2019予想!内枠先行馬を切る必要のないコース

名古屋11R新春盃2019の予想を紹介します。
過去5年を見ると、先行馬が断然有利で、4角3番手以内の馬が
連対を数多く果たしています。
とにかく先行馬が有利な、名古屋1800mのコース形態が深く関わっています。

 

コース解析

最初のコーナーまでが短く、先行争いが激化。
スタートして『テン良し』『ダッシュ良し』『出遅れ無し』の三拍子が揃って初めて
先行が取れるほど、難しいコースです。
また、先行さえ取れれば、コーナーを6回通過しますので
距離ロスを防ぎ、息も入りやすく、結果的に馬券になりやすいです。

差し馬であっても、好位をキープするために、
出遅れだけは避けないといけないコースです。

重要なデータ

単勝1番人気or2番人気+内枠+先行馬の結果が優秀
距離延長組が有利
前走3着以内が優秀
4歳5歳が中心

予想

何が来てもおかしくないメンバーと脚質の並びで難しい1戦ですね。

単純に内枠先行馬を狙うと言っても、
8番と9番の出方次第で展開がガラッと変わりそうです。
もしかすると6番も絡んで行きそうですから。

逃げを主張する8番テイエムアニマンテ9番スムーズジャズが、
双方譲らず行くなら、ペースは上がり、
道中4、5番手以内を追走している馬が、
4角には自動的に並びかけた感じになるなら、

持ちタイムよりも
いかに逃げ馬の番手追走が出来る馬を選べるか?

また、一気に差しが決まる可能性も捨てきれませんから
外差しも注意が必要ですね。

それから、逃げ馬のワンツー、もしくは逃げ切りがあるかどうか?
この辺も、言い切れないので、ほんとに展開は難しいです。

ええ、そうです。ちょっと悩んでいます(笑)

 

複勝2番オールージュ

過去のデータからいけば、
逃げ馬の3着内率は低く、同型馬が多ければ、
4、5番手追走馬が有利です。

そうなると、2番オールージュ。

脚質の並びから、オールージュが一番、スンナリと好位を追走出来るかなと。
うまく4番5番の番手あたりを追走出来れば、

4角では、前の脚が上がり、
必然と、オールージュに展開が向くかなと考えています。

 

>>中山金杯2019予想データ解析注目推奨馬!狙う価値のある重賞未勝利馬

>>京都金杯2019予想データ解析注目馬それでも狙いたくなる明け7歳馬

>>シンザン記念2019予想データ解析注目推奨馬アーモンドアイの血が騒ぐ

以下、公開予定重賞一覧です。(青文字は予想を公開しています)

1/1 第2回湾岸ニュースターカップ
1/3 第12回天馬賞
1/3 第55回報知オールスターカップ
1/3 第58回新春盃
1/3 第61回新春賞
1/4 第22回名古屋記念

スポンサーリンク