【中山大障害2018予想】内枠を引き当てたシンキングダンサーに期待

この記事は、中山大障害G1の予想を中心に紹介します。

オジュウチョウサンが不在の中、新たなG1ホースが誕生するのか?
それとも、アップトゥデイトが昨年のリベンジを果たすのか?
有馬記念同様に面白い1戦になりそうです。

 

障害戦での馬の特徴のひとつに
「歳を重ねるごとに安定感が増す障害戦」ということが言えると思います。

平地では、4歳を目処にピークから下がっていくのが通常ですが
障害戦の場合はまったくの逆になってきます。

また、平地のタイム差はコンマ9秒差なら問題なく狙えますが
障害戦の場合は、2秒以上でも十分に狙える展開になています。

今回はG1ということもあり、すでに力関係が決まっている戦いとなり、
単勝1番人気~3番人気で決まりやすい傾向が強く、
中山大障害も例外では無いと言えます。

 

中山大障害を予想する時のポイントは、

内枠
先行
5歳

障害戦は年齢を重ねるごとに強くなる傾向がありますが
その意味の本質は障害戦に慣れること。
これにあります。

平地から障害に変わった場合、
飛越が非常に難しく、
騎手も2戦目くらいまでは、慎重に乗ることが多いそうです。
まずは、馬に障害戦を覚えさすことから始める。

ですので、
経験を重ねていった高齢馬が安定した走りをするんですよね。

余談になりますが、障害戦に慣れた馬が穴を開けることも多々ありますが
オジュウチョウサンも1戦目は14着でしたが
2戦目は、単勝11番人気で2着に好走しています。

 

G1という最高の舞台では、活きの良い5歳馬の活躍が目立つコース。
また、内枠、先行馬を考えると2番シンキングダンサーが狙い目。

久しぶりの内枠に入ったシンキングダンサー。
内枠に入った場合はしっかりと好位が追走出来る脚質であり、
逃げる有力馬を距離ロスで実力差を埋めながら
最後は捕らえる公算。

昨年も4着と好走しており、ここでも十分に勝ち負けになるかなと。

複勝2番シンキングダンサー

阪神カップの予想はこちら

有馬記念の予想はこちら

タイトルとURLをコピーしました