中山記念2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価を紹介します。(2020年3月1日中山競馬第94回中山記念4歳以上オープンG3/芝1800m)

今年はかなりの好メンバーが揃いそうな中山記念の中でも、特に注目した馬が、同レース3連覇を狙う2019JRA最優秀4歳牡馬ウインブライト。

この中山記念を皮切りにドバイターフや、2連覇を目指すQE2世Cへの連戦遠征が予定されていますので、陣営としては中山記念3連覇を達成して勢いに乗りたいところ。

さらに昨年のエリザベス女王杯で優勝したラッキーライラックや、マイル王インディチャンプなども出走を予定していますので、かなりレベルの高いレースになりそうです。

中山記念は1800m芝+起伏の激しいコースという部分で、ウインブライトのようなリピータ馬が活躍しやすいコース。

予想をする場合、このあたりも考慮する必要がある中山記念となっています。

無料公開予想が4週連続的中!
先日の戸塚記念的中やセントウルスSで回収率900%超えのTAZUNAが
日本テレビ盃とスプリンターズSの無料情報を公開します!

直近の結果がコチラ

■9/21ブエナビスタC
→2万400円獲得・回収率425%

■9/13セントウルS
6000円→5万4720円・回収率912%
12人気メイショウグロッケ入れてます!

■9/16戸塚記念ワイド2点
5000円投資→14400円・回収率288%

そして記憶に新しい皐月賞の万馬券
■4/19皐月賞91.5倍×600円
5400円→5万4900円・回収率1016%

各検証証拠画像がコチラ↓↓

戸塚記念の他にも地方競馬無料情報も好調で

羽田盃270%
大井記念384%
スパーキングLC110%

地方交流重賞の無料予想が上手いサイトで
その買い目は的確。
回収率も300%前後が主流ですから
頼りになる無料情報なんです!

そんな絶好調のTAZUNAが今週末にはスプリンターズSの無料情報を公開!さらに日本テレビ盃を当日レース前に無料公開!

秋の競馬でプラス収支を目指すならココの無料予想が本気で激アツです!

【メールアドレス】を無料登録で即買い目が確認出来ます。

中山記念2020出走予定馬

馬名 性齢 毛色 斤量 想定騎手 調教師
インディチャンプ 牡5 鹿 58.0 音無秀
ウインブライト 牡6 58.0 畠山吉
エンジニア 牡7 鹿 56.0 牧光二
ゴールドサーベラス 牡8 56.0 清水英
ソウルスターリング 牝6 青鹿 54.0 藤沢和
ダノンキングリー 牡4 黒鹿 56.0 萩原清
ペルシアンナイト 牡6 黒鹿 57.0 池江泰
マルターズアポジー 牡8 鹿 56.0 堀井雅
ラッキーライラック 牝5 55.0 松永幹

中山記念2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

【無料情報】神戸新聞杯3連複的中!次はスプリンターズSの無料情報を公開

神戸新聞杯1900%
単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

◆中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

実際に公開された買い目がコチラ↓

夏も好調で9月ラストに高配当!

その夏直近の無料予想結果が↓

▶9/05札幌11R:札幌2歳S
1万5300円獲得!回収率306%
▶8/22札幌11R:札幌記念
6950円獲得!回収率139%
▶8/09札幌11R:エルムS
1万3400円獲得!回収率268%

前夜公開された無料買い目がこちら↓

春競馬はフローラS6万はじめダービー・日経賞など重賞好調なんです!

フローラステークス回収率1246%の買い目がコチラ↓

あまりの的中率の良さに無料会員が殺到!数多くの無料会員が浮足だったことは言うまでもない話しです。

今回、満を持して無料公開に踏み切るレースが、
シリウスSとスプリンターズS
です。

厳選された5頭ボックスの買い目は、
これまでの結果を見て頂ければ、
安心とワクワク感が止まらないと思います!

厳選5頭の推奨馬

今週はシリウスSとスプリンターズSの無料予想で神戸新聞杯を超える回収率1900%以上を期待してみてください!

中山記念2020出走予定注目馬評価

ウインブライト

  • 生年月日 2014年05月12日 (牡6歳)
  • 調教師/畠山 吉宏(美浦)
  • 中央獲得賞/2億9952万3000円
  • 通算成績/21戦9勝[9-2-0-10]
  • 主な勝鞍/19'香港カップ
  • サンデーサイレンス系

2019年の初戦だった中山金杯を優勝すると、続く中山記念を連覇。QE2世Cを優勝と完全に一皮むけた好走を続けたウインブライト。

個人的には、「中山巧者+G2止まり」といった印象が完全に消えたわけでは無いですが、「坂道+緩急のあるコースには滅法強い」というのは健在かなと。

前走香港カップでG1を2勝目と海外での強さも再確認したレース。あとは国内G1を優勝するだけですが、基本的には時計のかかる馬場で先行抜け出しの我慢比べのような展開を得意としているだけに、4大馬場の中でも中山コースが一番合うとうのは頷ける話しです。

今回も得意の中山コースで3連覇を目指しますが、今年は好メンバーが揃う中、自身の得意な展開になるかどうか?このあたりが好走のポイントになると思います。

そして、最大のポイントが「叩き台」なのかどうか?

2019年の春は馬体が充実しており、これまでの中で最高のデキだったと陣営が語るようにG3G2G1と3連勝。ところが休養をはさみ迎えた秋2戦は、案外な成績。

特に天皇賞(秋)は、次戦の香港Cに繋がる走りさえしてくれればよかったというコメントがあるように「仕上げるには長いスパンを要する馬」ということが伺えます。

1週間前追いきりは、6ハロン78.3/ラスト1ハロン12.0と抜群の動きを見せているだけに、陣営の思惑を見抜く作業が取り捨てのポイントになるかなと考えています。

ラッキーライラック

  • 生年月日 2015年04月03日 (牝5歳)
  • 調教師/松永 幹夫(栗東)
  • 中央獲得賞金/4億0073万9000円
  • 通算成績/13戦5勝[5-3-2-3]
  • 主な勝鞍/19'エリザベス女王杯
  • サンデーサイレンス系

国内12戦中、大きく負けたのが秋華賞くらいで、あとはすべてコンマ6秒以内にまとめるなど安定感抜群のラッキーライラック。

その12戦の中でも特に目を奪われたのが、2走前のエリザベス女王杯1着のレース。

久々の4角8番手から差す競馬。それまでの先行抜け出しから脱却したような走りで、上がり3F32.8秒は自身最高の上がり。

こういった競馬を非根幹距離で出来たことじたいが、この馬の強さとこれからのレースでは大きな武器になるのは間違いなく、牡馬とも渡り合えるのは容易に想像が出来ます。

昨年の中山記念は、ウインブライトの展開になりましたが、今のラッキーライラックならリベンジは普通にあると思います。

インディチャンプ

  • 生年月日 2015年02月21日 (牡5歳)
  • 調教師/音無 秀孝(栗東)
  • 生産者/ノーザンファーム
  • 中央獲得賞金/3億6179万0000円
  • 通算成績/13戦7勝[7-1-2-3]
  • 主な勝鞍/19'マイルチャンピオンS
  • サンデーサイレンス系

安田記念・マイルCSとマイルG1を連勝して勢いのあるインディチャンプ。

これまで芝1800mは、毎日杯3着、毎日王冠3着と好走。1800m戦もこの2鞍で3着内率は100%ですから得意と言えば得意の距離です。

ただ、先行抜け出しのタイプで、距離的にマイルまでに適正があるとすれば、強い同型馬がいる今回は少し厳しい可能性も。

さらに今回が中山コース初という部分も付け加えると、今回のこのメンバー。少し厳しいかなと考えています。

ペルシアンナイト

  • 生年月日 2014年03月11日 (牡6歳)
  • 調教師/池江 泰寿(栗東)
  • 生産者/追分ファーム
  • 中央獲得賞金/3億8966万8000円
  • 通算成績/22戦4勝[4-4-2-12]
  • 主な勝鞍/17'マイルチャンピオンS
  • Danzig系

2019年は、大阪杯以外、安定した走りを見せており、マイルCSでは3着に入るなど、地力の高さを証明したようなレースでした。

マイルを中心に走っていますが、大阪杯1着、皐月賞3着などがありますので、1800mは問題なく、問題があるとすれば、展開が向くかどうか?

展開が向けば、上がり3F1位~2位ほどの脚は出せる同馬ですが、展開が向かない場合は不発に終わることも多いだけに、メンバーの脚質との兼ね合いが好走のポイントになってくると思います。

ハマれば凄い脚で飛んでくるのは間違いないんですけどね。

ダノンキングリー

  • 生年月日 2016年03月25日 (牡4歳)
  • 調教師/萩原 清(美浦)
  • 生産者/三嶋牧場
  • 中央獲得賞金/2億5281万2000円
  • 通算成績/7戦4勝[4-1-1-1]
  • 主な勝鞍/19'毎日王冠
  • サンデーサイレンス系

前走マイルCSが案外の結果で、特に出遅れてからのその後が最後までひびいたレースだったかなと。

個人的には、長く良い脚を使うタイプだと考えていますので、中山も東京も問題無く走れるとは思いますが、前走の内容は少し気がかりで。

騎手がどうこうの話しは、あれなんですが、戸崎騎手から次も横山典騎手となれば、個人的には軽視したい気持ちになりますね。

横山典騎手に限ったことでは無いですが、私の予想スタイルが展開理論+データなので、こちらが描いた展開、位置取りの6割程度を毎回走ってくれる騎手や陣営でないと「軸」には出来ないというのがありますので、このあたりを加味しても、今回は軸にしづらいのは確かです。

阪急杯2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価

おすすめの記事