中山金杯2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価/2頭の先行馬が中心のレース

中山金杯2020の出走予定馬や予想オッズを紹介します。(2020年1月5日中山競馬/第69回日刊スポーツ賞中山金杯/4歳以上オープンハンデG3/芝2000m)

今年は、前走で完全復活したトリオンフに昨年で大きく飛躍したクレッシェンドラヴ。

惜しい競馬を続けてきたギベオンに初古馬対決を制して一気に駆け上がりたいザダルなど、中距離戦線で活躍してきた馬が集まり非常に楽しみな1戦です。

昨年の金杯は久しぶりに単勝1番人気が3着以下となり荒れたレース結果となりました。基本的に紐荒れ傾向の強い中山金杯ですが今年はどうなるのか?

そのあたりも含めて注目馬評価なども紹介していきます。

中山金杯2020最終予想/最後は実績が物を言うレース展開を予測

中山金杯2020予想・予想オッズや過去データ傾向/最後は実績が勝るレース展開を予測
中山金杯2020の予想や予想オッズ・過去データ傾向を紹介します。(2020年1月5日中山競馬第69回日刊スポーツ賞中山金杯4歳以上オープンハンデG3/芝2000m)過去10年の結果を参考にすると荒れたような結果となっている中でも勝ち馬は単勝5番人気以内からという点がポイントになるかなと。

中山金杯2020の出走予定馬や騎手

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
アンノートル 牡6 54 柴田大知 田中博康
イレイション 牡8 55 北村宏司 池上昌和
ウインイクシード 牡6 55 松岡正海 鈴木伸尋
カデナ 牡6 57 鮫島克駿 中竹和也
ギベオン 牡5 57.5 S.フォーリー 藤原英昭
クレッシェンドラヴ 牡6 57 内田博幸 林徹
ザダル 牡4 55 O.マーフィー 大竹正博
シャイニープリンス 牡10 55 勝浦正樹 深山雅史
(外)タニノフランケル 牡5 55 石橋脩 角居勝彦
テリトーリアル 牡6 56 藤岡康太 西浦勝一
トリオンフ セ6 58 三浦皇成 須貝尚介
ノーブルマーズ 牡7 56 F.ミナリク 宮本博
ブラックスピネル 牡7 57 津村明秀 音無秀孝
マイネルサーパス 牡4 55 丹内祐次 高木登
マイネルハニー 牡7 56 横山武史 栗田徹
メイショウエイコウ 牡6 53 大野拓弥 荒川義之
レッドローゼス 牡6 56 田辺裕信 国枝栄
スポンサーリンク

中山金杯2020予想オッズ

 

引用先:ネット競馬

中山金杯2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 テリトーリアル 牡6 56.0 藤岡 康太
1 2 ブラックスピネル 牡7 57.0 津村 明秀
2 3 クレッシェンドラヴ 牡6 57.0 内田 博幸
2 4 ノーブルマーズ 牡7 56.0 F.ミナリク
3 5 レッドローゼス 牡6 56.0 田辺 裕信
3 6 マイネルハニー 牡7 56.0 横山 武史
4 7 トリオンフ 騸6 58.0 三浦 皇成
4 8 ウインイクシード 牡6 55.0 松岡 正海
5 9 ギベオン 牡5 57.5 S.フォーリー
5 10 シャイニープリンス 牡10 55.0 勝浦 正樹
6 11 アンノートル 牡6 54.0 柴田 大知
6 12 タニノフランケル 牡5 55.0 石橋 脩
7 13 イレイション 牡8 55.0 北村 宏司
7 14 メイショウエイコウ 牡6 53.0 大野 拓弥
8 15 カデナ 牡6 57.0 鮫島 克駿
8 16 マイネルサーパス 牡4 55.0 丹内 祐次
8 17 ザダル 牡4 55.0 O.マーフィー

中山金杯2020出走予定注目馬評価

クレッシェンドラヴ

年齢 牡6歳
調教師 林 徹(美浦)
生産者 木村 秀則
中央獲得賞金 1億4684万4000円
通算成績 20戦6勝[6-4-2-8]
主な勝鞍 2019福島記念
ステイゴールド
ハイアーラブ
系統 サンデーサイレンス系

昨年は、念願の重賞初制覇(福島記念)をするなど本格化したクレッシェンドラヴ。6戦を消化し、すべてコンマ5秒以内にまとめ安定感が増した1年だったかなと。

脚質の幅も増え、先行しながら切れる脚を出せるようになったのも本格化した証。

母系が欧州系で時計のかかる馬場にはめっぽう強く、小回りコースが得意で全6勝のうち、中山4勝、福島1勝、函館1勝となっている部分からもその適正が伺えるます。

中山芝2000mは[2-0-0-0]と相性が良く、持ち時計2:00.2も優秀。これが美浦S(1600万)斤量57キロで出した時計ですから中山金杯でも十分に勝ち負けが出来る内容。

クレッシェンドラヴの最大の魅力は何と言っても展開に左右されない脚質。スローペースからハイペースまですべてをこなせる脚質は魅力で2000m以上の中山コースを4角5番手以内から上がり3F3位以内で前をとらえる力も非凡。

馬体さえ走れる状態であれば期待出来る1頭だと思います。

↓美浦S1着・黄色い帽子5番クレッシェンドラヴ

スポンサーリンク

トリオンフ

年齢 セ6歳
調教師 須貝 尚介(栗東)
生産者 レイクヴィラファーム
中央獲得賞金 1億8462万6000円
通算成績 17戦6勝[6-5-0-6]
主な勝鞍 2018小倉記念
タートルボウル
メジロトンキニーズ
系統 Northern Dancer系

前走チャレンジカップが約1年半ぶりのレースで2着とその地力の高さを証明した内容でした。

シャケトラもそうでしたが近代競馬における長期放牧明けは、いきなりからでも走れる状態だという認識をしながら予想に入るのがベストかもしれません。

ひと昔前であれば「叩いてからの2戦目3戦目」が基本でしたがこれだけ多くの好走馬を目の当たりにすると考え方を改める必要がありますね。

これまでのトリオンフは、1800mと2000mを中心に走ってきており、2000mが[3-2-0-2]と得意の距離。前走チャレンジカップで2着に好走したように坂道も問題なく、小倉記念を優勝している部分から見ても初の中山コースは走ってこれそうで。

最終的に2走ボケがあるかないかと斤量がどの程度になるのかがポイント。

57キロは[1-0-0-2]。大型馬で馬格がありますからそこまで心配は無いと思いますがこのあたりも予想のポイントになって来ると思います。

↓チャレンジC2着・緑の帽子7番トリオンフ

ギベオン

年齢 牡5歳
調教師 藤原 英昭(栗東)
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 1億2709万3000円
通算成績 11戦3勝[3-2-0-6]
主な勝鞍 2018中日新聞杯
ディープインパクト
コンテスティッド
系統 サンデーサイレンス系

前走チャレンジカップは、思った以上に伸び悩む結果の9着。それでも勝ち馬からコンマ4秒差でしたからそこまで悲観することもないかなと思いながら勝ちきれない部分が改善してこないなと。

これまで毎日杯2着や鳴尾記念4着。中日新聞杯1着など中距離では安定した成績を残してきましたが、

基本的にある程度の流れを前で追走しながら抜け出す競馬が合っていますのでスローペースの上がり勝負になると分が悪いタイプ。

切れ負けをする分、展開の助けが必要になることを前走で確認出来ましたので、中山金杯は試金石の1戦になるかなと。

さらに言えば、適正距離は1800mまでがベストのような感じもしますので、このあたりは中山金杯で再度確認したいところです。

↓チャレンジC9着・黒の帽子9番ギベオン

ザダル

年齢  牡4歳
調教師 大竹 正博(美浦)
生産者 新冠橋本牧場
中央獲得賞金 4771万8000円
通算成績 5戦3勝[3-0-1-1]
主な勝鞍 2019プリンシパルS
トーセンラー
シーザシー
系統 サンデーサイレンス系

菊花賞13着後に放牧。そして放牧明け初戦が中山金杯からということで初の古馬対決も重なり何かと不安材料が多く感じるザダル。

中山コース[2-0-1-0]と相性が良く持ちタイムは2:01.2。これが500万クラスでの時計ですからまずまずの内容かなと。

今回は古馬との1戦も得意の中山コースですから大敗することは無いと思いますし、ハンデも見込まれることは無いと思いますので条件的には悪くないのですが、強力な同型馬が数頭いますのでどこまで応戦が出来るのか?これが鍵になってくると思います。

↓セントライト記念3着・白い帽子1番ザダル

スポンサーリンク

中山金杯過去優勝馬

開催日 勝ち馬 騎手 調教師
2019/01/05 ウインブライト 松岡正 畠山吉
2018/01/06 セダブリランテス 戸崎圭 手塚貴
2017/01/05 ツクバアズマオー 吉田豊 尾形充
2016/01/05 ヤマカツエース 池添謙 池添兼
2015/01/04 ラブリーデイ Fベリ 池江泰

2019年優勝馬ウインブライト

生年月日 2014年05月12日 (牡5歳)
調教師 畠山 吉宏(美浦)
生産者/産地 コスモヴューファーム/新冠町
中央獲得賞金 2億9952万3000円
通算成績 21戦9勝[9-2-0-10]
主な勝鞍 19’香港カップ
系統 サンデーサイレンス系

タイトルとURLをコピーしました