中山金杯2020結果やレース動画・レース回顧/小回りコースは大得意トリオンフが優勝

中山金杯2020の結果やレース動画・レース回顧などを紹介します。(2020年1月5日中山競馬第69回日刊スポーツ賞中山金杯4歳以上オープンハンデG3/芝2000m)

三浦皇成騎手の落馬により急きょ乗り替わりとなったMデムーロ騎手騎乗のトリオンフが優勝。勝ちタイム1:59.5。2着にアタマ差で6番人気ウインイクシード。3着に人気薄11番人気テリトーリアルが入り、3連単は、107,910円の荒れたレースとなりました。

中山金杯2020レース結果

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 人気
1 4 7 トリオンフ 騙6 58.0 M.デムーロ 1.59.5 2
2 4 8 ウインイクシード 牡6 55.0 松岡正海 1.59.5 アタマ 6
3 1 1 テリトーリアル 牡6 56.0 藤岡康太 1.59.6 3/4 11
4 2 4 ノーブルマーズ 牡7 56.0 F.ミナリク 1.59.7 クビ 10
5 3 6 マイネルハニー 牡7 56.0 横山武史 1.59.7 クビ 15
6 8 16 マイネルサーパス 牡4 55.0 丹内祐次 1.59.8 3/4 8
7 2 3 クレッシェンドラヴ 牡6 57.0 内田博幸 1.59.9 クビ 1
8 8 17 ザダル 牡4 55.0 O.マーフィー 2.00.0 1/2 3
9 6 11 アンノートル 牡6 54.0 柴田大知 2.00.0 アタマ 14
10 5 9 ギベオン 牡5 57.5 S.フォーリー 2.00.0 クビ 4
11 8 15 カデナ 牡6 57.0 鮫島克駿 2.00.1 クビ 7
12 5 10 シャイニープリンス 牡10 55.0 勝浦正樹 2.00.2 3/4 17
13 7 14 メイショウエイコウ 牡6 53.0 大野拓弥 2.00.4 16
14 3 5 レッドローゼス 牡6 56.0 田辺裕信 2.00.4 クビ 5
15 6 12 タニノフランケル 牡5 55.0 石橋脩 2.00.7 13/4 12
16 1 2 ブラックスピネル 牡7 57.0 津村明秀 2.00.9 3/4 9
17 7 13 イレイション 牡8 55.0 北村宏司 2.01.0 1/2 13
馬券種 馬番 金額 人気
単勝 7 430円 2
複勝 7 200円 2
複勝 8 290円 5
複勝 1 830円 11
枠連 4-4 2,820円 13
馬連 7-8 2,550円 8
馬単 7-8 3,990円 12
ワイド 7-8 830円 7
ワイド 1-7 3,040円 35
ワイド 1-8 3,950円 45
3連複 1-7-8 28,440円 92
3連単 7-8-1 107,910円 333

主催者発行のものと照合し確認してください

中山金杯2020レース動画や映像

↓青い帽子7番がトリオンフです

生年月日 2014年04月21日 (セ6歳)
毛色 黒鹿毛
調教師 須貝 尚介(栗東)
馬主  有限会社 桑田牧場
生産者 レイクヴィラファーム
中央獲得賞金 1億8462万6000円
通算成績 17戦6勝[6-5-0-6]
主な勝鞍 18’小倉記念
タートルボウル
メジロトンキニーズ
兄弟馬 アルファライズ
シルクリバー
系統 Northern Dancer系
スポンサーリンク

中山金杯2020予想レース回顧

◎クレッシェンドラヴ7着
◯トリオンフ1着
馬連◯=×的中

予想はこちら>>中山金杯2020予想・予想オッズや過去データ傾向/最後は実績が勝るレース展開を予測

危惧していた通りの後方競馬を選択したクレッシェンドラヴが7着。

これは、予想記事にも書いていた通りの想定予想範囲内ですから問題ないというか、展開崩れでトリオンフが本命の◯だったことを考えれば予想としては合格かなと。

スタートしてすぐに両馬に挟まれ後ろへ引く競馬から、最終的に後方から2番手の競馬。どのあたりで上がっていくのか見ていましたがクレッシェンドラヴのズブさが露呈した形で、3コーナー手前の上り坂でもなかなか前にいけない競馬。

結局、最後の直線では前がつまり位置取りを探しながら大外への進路取り。結果伸びずの7着。

馬券を買う側としては、内田騎手の嫌な競馬の一面を見てしまったようで何とも歯がゆい結果となりました。

変わって1着トリオンフは、スタートもテンの入りもよく好位先行をキープ。

競馬は1000m1.00.2のスローペースから最後は、我慢比べの競馬。初の中山コースも小倉重賞を2勝しているだけあって問題なく、前走阪神チャレンジカップ2着だったように坂道はあった方が良いタイプ。

Mデムーロ騎手も最後の最後まで追っつけていましたから執念と根性が他馬より上回ったような走りでした。

この優勝で、中山や阪神、小倉といった坂道があったり小回りコースであったりした場合の我慢比べの競馬なら絶対的信頼がおけるトリオンフになったのかなと。完勝でした。

2着ウインイクシードや3着テリトーリアルは先行有利な流れに上手く乗った形で特にテリトーリアルの1枠は、人気関係なく予想に入れておかないといけない枠順だと改めて感じましたね。

2頭共に予想は連下の×でしたが1枠は本当に走って来るので、来年も注意したいところです。

タイトルとURLをコピーしました