スポンサーリンク

中山金杯2019データ解析注目推奨馬!狙う価値のある重賞未勝利馬

この記事は約6分で読めます。

中山金杯2019データ解析注目推奨馬を中心に紹介します。過去10年で7枠8枠の3着内率が[0]と絶不調で、今年もその傾向は健在かなと。また、先行~中団の好位差しが目立つレースでもあります。中山金杯は、京都金杯と違い、5歳6歳馬の活躍が目立つレースで中山金杯2019も、5歳6歳を中心に予想を組み立てるのがベストかなと考えています。

中山金杯2019の予想はこちらです⇒中山金杯2019予想!高齢馬で軽視されているなら狙い目のあの1頭

PR—————————————–

競馬予想をする上で欠かせないのは情報収集ですが現在はインターネットの普及により、ある程度は簡単に集めれらるようになりました。ただ、競馬専門知識が必要な『調教』や『プロの目の本命馬や穴馬』などはインターネットで検索してもどれが本物の情報かが解らないのがインターネットで検索して調べる限界だと思います。
そんな時に役に立つのが「サラブレ」や「週刊ギャロップ」のような競馬専門雑誌ですよね。楽天が提供する月額380円(税込410円)の定額制雑誌読み放題サービスには
この「サラブレ」や「週刊ギャロップ」も見放題となっており大変お得な定額制雑誌読み放題サービスになっています。

初回31日間0円で読むならこちら⇒初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!

↓今ならまだ間に合う特典や特徴
—————————————–
・月額380円(税抜)
・約200雑誌が読み放題
・31日間無料お試し期間
・楽天ポイントが貯まる
・1アカウントにつき最大5台のスマートフォン、タブレットで利用可能
・楽天ポイント100ポイントプレゼントキャンペーン実施中
・競馬雑誌が見放題
楽天マガジン

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中山金杯2019コースバイアス

過去10年で1枠~6枠が有利で7枠8枠は絶不調。
連対馬で見ると1番~7番が活躍。その他番は3連系で。
今年もこの傾向が続くと仮定をするのであれば、
7枠8枠馬は切っても問題ないくらいのデータですね。

⇒7枠8枠は不振

中山金杯2019コース解析

内回りコースでコーナーが4回。必然的に
逃げ、先行馬が有利になります。ペースもさほど上がらず最後はスタミナ勝負となり、前に要る馬が断然有利。ただ、中山金杯に限っては、
ハンデ戦ということもあり、好位中団馬の活躍が目立ちます。
過去10年、逃げ馬の1着は無し。

⇒好位中団馬が有利

中山金杯2019重要なデータ

5歳6歳馬が中心のレースで、過去10年を見ても、3着以内であれば
100%で1頭以上が絡んでいます。その年によっては、同世代のワンツーもあり
馬券を組み立てるのはこの世代からでしょうか。

⇒5歳6歳中心

 

斤量54キロ以下の軽ハンデは苦戦
53㎏以下は0-0-0-28で馬券に絡んでいない。
55キロ以上からが活躍しており実力を見込まれた馬の活躍が目立つレース。
勝数では57キロが3勝でトップ。

⇒軽ハンデ馬は苦戦

斤量は前走からプラス1~1.5キロ以内の馬が好走。増減無しの1着は無し。狙うなら間違いなく1キロから1、5キロの以内の馬

 

前走クラス別はOP特別、重賞組が中心。特に前走G2組は[4-1-0-14]と優秀。
3着内率ならG3が優秀。
1600万クラスは、[1-0-1-12]と狙いにくいクラス。
前走重賞組で人気馬は、結果的に妥当な評価が多いですね。

⇒狙うなら前走重賞組から

 

前走距離別では、距離延長組と同距離組の成績が優秀も距離短縮組は苦戦。
狙うならば前走1800~2000Mだった馬を狙うのがベスト。
特に前走2000mは優秀。

⇒前走距離短縮は不振

 

牝馬の1着2着3着内率は0%。狙うなら牡馬から。今年の牝馬は、アドマイヤリード1頭。今回は割引がひつようかなと。

⇒牡馬中心のレース

中山金杯2019推奨馬

それでは、推奨馬3頭の紹介です。

 

コズミックフォース

生年月日 2015年02月14日(牡4歳)
毛色鹿毛
調教師国枝 栄(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金9712万8000円
通算成績 8戦2勝[2-1-2-3] 主な勝鞍 18’プリンシパルS
兄弟馬アンティノウス
ウラノメトリア
系統Mr. Prospector系

全体的に時計のかかるスタミナ勝負で活躍出来るタイプの馬かなと。
中山コースは中山京成杯2着があるように問題なく走れると思います。
また、菊花賞以外は、負けてもコンマ8秒以内にまとめており2000mが一番合う距離。
休養明けで馬体も成長が見込める今回は期待したい1頭ですね。


マウントゴールド

生年月日 2013年03月28日(牡6歳)
毛色鹿毛
調教師池江 泰寿(栗東)
馬主青芝商事 株式会社
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金1億0832万7000円
通算成績 13戦4勝[4-1-3-5] 主な勝鞍 18’オクトーバーS
兄弟馬 デルマジャイアン、レッドラミア
系統 サンデーサイレンス系

昨年は上がり馬から初重賞だった小倉記念で3着。
OP特別をしっかりと優勝したあとは、チャレンジC2着と確実に力を付けている形。
この馬も長く良い脚が使えるタイプで、この中山は合っていそうです。
小倉、中京で勝鞍があるように中山内回りも問題なさそうで
今回は狙い目十分。
騎手も引き続き武豊騎手とあって、こちらも好材料。


ランガディア

生年月日 2014年01月27日(牡5歳)
毛色黒鹿毛
調教師木村 哲也(美浦)
馬主吉田 勝己
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金6341万8000円
通算成績 8戦5勝[5-0-0-3] 主な勝鞍 18’ノベンバーステークス
兄弟馬ファントムライト、シャルルマーニュ
系統Mr. Prospector系

前走から引き続き北村騎手ということで狙ってみたい1頭です。
ここ2戦は、先行して上がり勝負で勝つといった内容で
中山2000mには不向きに見える内容だと思いますが、
北村宏騎手から先行するようになったここは、先物買いをしたい1頭です。
1600万を勝ち上がったばかりですが、
内枠にさえ入れば、面白い1頭になると思います。

この3頭の中でも、狙いやすい複勝推奨馬がこちら⇒競馬人気ブログランキング

安定感や斤量を考えれば、この馬が妥当かなと考えています。

 

2019京都金杯予想データ解析注目馬それでも狙いたくなる明け7歳馬

シンザン記念2019予想データ解析注目推奨馬アーモンドアイの血が騒ぐ良血馬

タイトルとURLをコピーしました