厳選単複予想

菜の花賞2019予想!休養明け仕切り直しの1戦で臨戦態勢コントラチェック

菜の花賞2019の予想を紹介します。

2019/1/20(日) 1回中山7日目
中山9R菜の花賞
サラ系3歳500万 牝 (特) 馬齢
芝1600m 9頭 14:35発走
本賞金 1000万 400万 250万 150万 100万

過去10年、単勝1番人気の3着内率は高いものの、1着率が低いのが菜の花賞。中山1600m外回りコースが1着率を下げていると思いますがそれ以外にも距離適性の部分だったり、年を明けてから力をつけてきた馬の活躍があったり、距離適性が見いだせなかった馬の覚醒など、色々と原因があると思います。今年は9頭立てで、気を抜いてしまいそうになりますが意外とこのレースは難しかったりしますのでこのレースも過去10年のデータ解析と脚質の並び、展開、血統背景など、いつも通りの多角ロジックでしっかりと予想をしていきます。


菜の花賞2019重要なデータ

  1. 前走ひいらぎ賞、未勝利組が優秀
  2. 前走4角5番手以内
  3. 2走前に赤松賞に出走
  4. 前走上がり3F2位以内が優秀
  5. キャリア2戦以上
  6. サンデーサイレンス系、ミスプロ系
  7. 3年連続美浦所属馬が1着
  8. 美浦所属馬が圧倒的に有利
  9. 人気に関係なく、栗東所属馬⇒関東騎手◯

菜の花賞2019データ推奨馬

コントラチェック

生年月日 2016年04月01日(牝3歳)
毛色黒鹿毛
調教師藤沢 和雄(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金1086万6000円
通算成績 3戦1勝[1-1-1-0]
主な勝鞍 18’サラ2歳未勝利
兄弟馬バウンスシャッセ、ムーンクエイク
系統サンデーサイレンス系

当サイト地方競馬無料予想のお知らせ

今ご覧頂いている【競馬単複】MOSTLY CORRECTでは、地方競馬予想も公開しております。厳選1頭の軸馬予想をはじめ、1日1開催以上のメインレース予想も公開しています。

1月18日名古屋競馬軸馬予想の結果は、全12鞍予想で

1着3回 1着率25%
2着5回 連対率66、6%
3着2回 3着内率91、6%
着外1回

3着内率100%まであとひとつと惜しい結果でした。
詳しい予想内容はこちら⇒ガーネットオープン2019予想と1月18日名古屋競馬全レースの軸馬予想を公開

メインレースのガーネットオープンは、軸馬が2着とこちらも連対を確保。

軸馬予想は、単勝1番人気に偏った予想ではなく、下位人気馬も軸にしますので思わぬ高配当も期待出来ます。これらはすべて、中央競馬無料予想と同じで、コースバイアスと脚質の並びから展開を予測しての展開理論での予想となっています。

基本、月曜日~木曜日までの1開催以上の予想を無料公開しています。
最新地方競馬無料予想はこちら⇒地方競馬無料予想

ぜひ、こちらもご参考ください。

スポンサーリンク

菜の花賞2019サイト管理人の推奨馬

◎4番コントラチェック
◯8番ブリッツアウェイ
▲6番ユニバーサルレディ
△7番シトラスノキセキ

本線:単勝◎4番コントラチェック
予備予想:馬単◎⇒◯▲△

休養明け、仕切り直しの1戦。

前走サフラン賞は川田騎手の絶妙の逃げに負けた形も重の中、上がり3F33.8でクビ差2着まで詰め寄る競馬。これまでの3戦、すべてスローペースの競馬でしたがスローの上がり勝負は安定していますね。1600mも2回目となりますので騎手も同じ失敗はしないかなと。今回のメンバーを見る限り、ここを楽勝で勝たないといけないムードが個人的には嫌なんですが、それほど今回のメンバーの中では頭ひとつ抜けている感じがしますね。

◯8番ブリッツアウェイ
⇒前走内容◯、栗東所属馬⇒関東騎手◯

▲6番ユニバーサルレディ
⇒前走が本物なら、ここでも良い勝負

△7番シトラスノキセキ
⇒最後に突っ込んで来る可能性ならこの馬

今週開催レース予想&結果

1月20日(日)
中山11RアメリカジョッキーC(GⅡ)
中山10RアレキサンドライトS
中山9R菜の花賞
京都11R石清水ステークス
中京11R東海テレビ杯東海S(GⅡ)

1月19日(土)
中山11R初富士ステークス
京都9R祇園特別
京都10R若駒ステークス
京都11Rすばるステークス

単複予想4戦3勝 回収率120%