NHKマイルカップ2020予想や消去法データ推奨馬/阪神JF組VS朝日杯FS組・勝つのはどっちだ!

NHKマイルカップ2020の予想や消去法データ推奨馬を紹介します。(2020年5月10日東京競馬第25回NHKマイルカップG1/3歳オープン/芝1600m)

今年も昨年のグランアレグリア同様に強い牝馬レシステンシアが満を持して出走。前走桜花賞組や阪神JF優勝馬が好走しているだけにここでも中心の存在。

さらに前走アーリントンカップで勝ち馬にコンマ3秒差をつけて圧勝したタイセイビジョンや、NZTで権利を取って参戦するルフトシュトローム。

また、前走毎日杯1着のサトノインプレッサに底を見せていないプリンスリターンらも参戦。

NHKマイルカップは、淡々としたペースの中、上がり3F勝負だけでは決着しにくい過去もありますので、消去法データでしっかりと該当馬を出していきたいと思います。

それでは、NHKマイルカップ2020の予想や消去法データ推奨馬を紹介します。

NHKマイルカップ2020出走予定馬

馬名 性齢 想定騎手 調教師 前走

ウイングレイテスト 牡3 横山武史 青木孝文 NZT 7 3
(外)オーロラフラッシュ 牝3 藤沢和雄 NZT 1 7
ギルデッドミラー 牝3 福永祐一 松永幹夫 アーリ 4 2
サクセッション 牡3 横山典弘 国枝栄 スプS 2 3
サトノインプレッサ 牡3 武豊 矢作芳人 毎日杯 2 1
シャインガーネット 牝3 田辺裕信 栗田徹 ファル 6 1
シャチ 牡3 小桧山悟 NZT 13 11
ジュンライトボルト 牡3 藤井勘一 友道康夫 アーリ 9 6
ストーンリッジ 牡3 藤原英昭 毎日杯 3 6
スマートクラージュ 牡3 池江泰寿 3歳未 1 1
ゼンノジャスタ 牡3 浅見秀一 ファル 5 8
ソウルトレイン 牡3 西村真幸 NZT 8 5
タイセイビジョン 牡3 石橋脩 西村真幸 アーリ 1 1
ニシノストーム 牡3 杉浦宏昭 あざみ 14 1
ハーモニーマゼラン 牡3 大野拓弥 牧光二 NZT 3 6
プリンスリターン 牡3 原田和真 加用正 アーリ 5 3
ボンオムトゥック 牝3 高橋亮 アーリ 3 4
メイショウチタン 牡3 吉田豊 本田優 3歳500万 8 1
ラインベック 牡3 友道康夫 皐月賞 14 15
ラウダシオン 牡3 Mデムー 斉藤崇史 ファル 1 2
ルフトシュトローム 牡3 Dレーン 堀宣行 NZT 2 1
レシステンシア 牝3 Cルメー 松下武士 桜花賞 1 2

NHKマイルカップ2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

NHKマイルカップ2020消去法データ

  1. キャリア8戦、10戦以上[0-1-0-30]
  2. 1600m以上で1勝以上、もしくは重賞で連対以上が無し[0-0-0-41]
  3. 新馬戦で5着以下[0-0-1-19]
  4. 東京芝コースで3着以下経験[1-0-3-46]
  5. G2G3で一度も5着以内が無し[0-0-0-16]
  6. 前走G2で単勝5番人気以下[0-0–3-31]
  7. 前走G1馬以外で10着以下[0-0-4-32]
  8. 前走G3で5着以下[0-0-1-10]
  9. 前走マイルG3で1着以外[0-0-2-7]
  10. 前走OP特別・500万下[0-2-0-30]
  11. 前走1200mか1400m[0-2-0-36]
  12. 前走東京組[0-0-0-7]

該当馬

ジュンライトボルト
ゼンノジャスタ
ニシノストーム
ボンオムトゥック
メイショウチタン
ラウダシオン
オーロラフラッシュ
シャチ
ハーモニーマゼラン
ソウルトレイン
スマートクラージュ
ウイングレイテスト
ラインベック
シャインガーネット
ギルデッドミラー
プリンスリターン
ストーンリッジ

NHKマイルカップ2020予想や消去法データ推奨馬

消去法データ推奨馬

  1. サクセッション
  2. サトノインプレッサ
  3. タイセイビジョン
  4. ルフトシュトローム
  5. レシステンシア

好走データ

  1. 単勝1番人気2番人気[7-3-1-9]
  2. 前走G1組[4-1-2-29]
  3. 前走G3[2-5-3-35]
  4. キャリア3戦~7戦[7-8-9-99]
  5. 連対馬20頭中12頭が重賞勝ち、残る5頭は重賞2着経験
  6. 前走桜花賞組2勝・皐月賞組2勝・アーリントンカップ組1勝
  7. 前走アーリントンカップをコンマ3秒以上で1着[3-2-0-0]

◎本命:レシステンシア

生年月日 2017年03月15日 (牝3歳)
調教師 松下 武士(栗東)
馬主  有限会社 キャロットファーム
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 1億6502万2000円
通算成績 5戦3勝[3-1-1-0]
主な勝鞍 19’阪神ジュベナイルF
兄弟馬 ミッキーブラック・グラティアス
系統 サンデーサイレンス系

2歳女王が桜花賞では武豊騎手に乗り替わって2着。

重馬場の中、一旦は抜け出し勝ったかに思えましたが、最後の最後でデアリングタクトに差された内容でした。

勝ったデアリングタクトがただ1頭追い込む競馬だったことを考えれば、レシステンシアは負けて強しの内容で、あの馬場で最後まで先団を走り2着ですから好走には違いなかったと思います。

桜花賞後には、早々とオークスを回避してNHKマイルカップに参戦を表明しましたから、予定通りのローテーションだったということでしょうか。

今回は牡馬との対戦になりますが、これまでのレース内容を見る限り、上位は間違い無いと思います。

◯対抗:タイセイビジョン

生年月日 2017年02月26日 (牡3歳)
毛色 栗毛
調教師 西村 真幸(栗東)
馬主 田中 成奉
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 1億2431万0000円
通算成績 5戦3勝[3-2-0-0]
主な勝鞍 19’京王杯2歳ステークス
兄弟馬 ノストラダムス・ソナトリーチェ
系統 Northern Dancer系

前走アーリントンCは、まったく危なげない走りで単勝1人気に応え優勝。

稍重の中、ハイペースを4角8番手で回ると、あとは反応の良くグングン加速して上がり3F最速の競馬。

2走前朝日杯FSは、2着も、勝ち馬が皐月賞2着のサリオスだったことを考えれば必然の結果とも言えるかなと。

今回は、快速牝馬レシステンシアが前を行きますので、京王杯2歳Sで見せた4角6番手以内の中団より前の位置取りで競馬をしないと、厳しい結果も待っているだけに騎手と枠順がポイントになってくると思います。

▲単穴:サトノインプレッサ

生年月日 2017年01月29日 (牡3歳)
調教師 矢作 芳人(栗東)
馬主 株式会社 サトミホースカンパニー
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 5568万1000円
通算成績 3戦3勝[3-0-0-0]
主な勝鞍 20’毎日杯
兄弟馬 ルーズベルトゲーム・シャリオドール
系統 サンデーサイレンス系

3戦全勝でNHKマイルカップに駒を進めるサトノインプレッサ。

勝ち方こそ派手さは無いものの、良馬場以外を得意とするサトノインプレッサにとって前走毎日杯は走れる条件が揃っていたのかなと。

初の1800m戦に初重賞挑戦ということもあり、単勝2番人気で2.9倍。単勝1番人気アルジャンナとはほぼ互角の人気の中での上がり3F最速で差す競馬は着差以上に強い内容だったと思います。

今回は初の左回りがどうかといった不安もありますが、それ以上に距離短縮のここは、芝1600mで2勝を挙げていますので期待したい1頭ですね。

△連下:サクセッション

生年月日 2017年03月14日 (牡3歳)
調教師 国枝 栄(美浦)
馬主  有限会社 キャロットファーム
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 5161万5000円
通算成績 5戦3勝[3-0-1-1]
主な勝鞍 20’ジュニアカップ
兄弟馬 クルーガー・アリストライン
系統 Mr. Prospector系

×:ルフトシュトローム

生年月日 2017年01月31日 (牡3歳)
調教師 堀 宣行(美浦)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 6844万8000円
通算成績 3戦3勝[3-0-0-0]
主な勝鞍 20’ニュージーランドT
兄弟馬 アロハリリー
系統 Sunday Silence系

[common_content id=”11383″]

タイトルとURLをコピーしました