新潟大賞典2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価/復活なるかエアウィンザー

新潟大賞典2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価を紹介します。(2020年5月10日第42回新潟記念G3/4歳以上オープンハンデ/芝2000m左回り)

今年も上がり馬VS現級馬対決といったメンバーになりそうで、非常に楽しみな1戦です。

特に前走大阪城Sで完勝したレッドガランの初重賞挑戦に、約7ヶ月ぶりに故障から復活をするエアウィンザー。さらに近走は逃げて結果が安定してきたダイワギャグニーに、一気の2連勝でこちらも初重賞挑戦となるインビジブルレイズなど、

かなり層の厚いメンバーが出走を予定いています。

新潟記念は毎年、スローペースの上がり勝負になりやすい反面、開催2日目の今開催ですから、前も後ろも有利は変わりづらいレースとなり、位置取りが重要になってくるのかなと。

このあたりも含め、新潟大賞典2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価を紹介していきます。

新潟大賞典2020出走予定馬

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師 前走

アウトライアーズ 牡6 小島茂之 オアシ 13 14
アップクォーク セ7 中川公成 オアシ 16 16
アトミックフォース 牡4 武藤雅 武藤善則 アメジ 3 1
アドマイヤアルバ セ5 須貝尚介 福民報 13 10
アドマイヤジャスタ 牡4 須貝尚介 ダイヤ 13 14
インビジブルレイズ 牡6 吉田隼人 吉村圭司 白富士 8 1
エアウィンザー 牡6 三浦皇成 角居勝彦 京大賞 3 12
カツジ 牡5 丸山元気 池添兼雄 ダCT 7 8
ギベオン 牡5 岩田望来 藤原英昭 金鯱賞 7 4
ケイデンスコール 牡4 中谷雄太 安田隆行 金鯱賞 10 7
ゴールドサーベラス 牡8 藤田菜七 清水英克 福民報 12 7
サトノクロニクル 牡6 荻野極 池江泰寿 日経賞 5 10
サトノフェイバー 牡5 古川吉洋 南井克巳 六甲S 3 13
サラス 牝5 松若風馬 西村真幸 マーメ 7 1
シャイニープリンス 牡10 深山雅史 福民報 16 16
ダイワキャグニー 牡6 内田博幸 菊沢隆徳 金鯱賞 6 3
(地)トーセンスーリヤ 牡5 横山和生 小野次郎 美浦S 1 1
ドゥオーモ 牡7 勝浦正樹 野中賢二 小倉大 10 2
ブラックスピネル セ7 丸田恭介 音無秀孝 中金杯 9 16
ブラヴァス 牡4 柴山雄一 友道康夫 但馬S 2 1
ブレステイキング 牡5 堀宣行 京金杯 8 5
プレシャスブルー 牡6 石川裕紀 相沢郁 福民報 7 8
メートルダール 牡7 菅原明良 戸田博文 福島記 11 8
(地)レイホーロマンス 牝7 橋田満 中山牝 9 5
レッドガラン 牡5 鮫島克駿 安田隆行 大阪城 2 1

新潟大賞典2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

新潟大賞典2020出走予定注目馬

エアウィンザー

生年月日 2014年02月15日 (牡6歳)
調教師 角居 勝彦(栗東)
馬主 株式会社ラッキーフィールド
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 1億8253万2000円
通算成績 17戦7勝[7-5-2-3]
主な勝鞍 18’チャレンジカップ
兄弟馬 エアスピネル・エアワンピース
系統 Mr. Prospector系

個人的には大好きな馬で、非常に安定感のあるエアウィンザー。

これまで17戦して[7-5-2-3]の成績。2018年にはチャレンジカップを優勝して初重賞制覇。さらに2019年は、金鯱賞3着に大阪杯5着と好走を続け、いよいよ良血馬がG1制覇へ現実味が出て来た矢先に京都大賞典後に骨折が判明。

今回は約7ヶ月ぶりの復帰戦となりますが、エアウィンザーの持ち味は「スローペースでの上がり勝負に強い」という点。

これまで17戦中上がり3F3以内は15戦。そのうちスローペースが12回と完全に瞬発力勝負に強い同馬。

そんなエアウィンザーも今回は、休養明け初戦初戦に加えハンデ戦。馬体ケアの放牧ではなく、故障での放牧ですから、いきなりきから走って来るイメージがつかず、ここは一度使ってからの競馬になりそうかなと。

それでも、左回りに長い直線の新潟コースですから、能力だけで好走してもおかしくないだけに、このあたりは、ハンデと最終追いきりに注目したいところです。

ダイワキャグニー

生年月日 2014年02月25日 (牡6歳)
調教師 菊沢 隆徳(美浦)
馬主 大城 敬三
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 1億8619万9000円
通算成績 22戦7勝[7-0-3-12]
主な勝鞍 19’オクトーバーS
兄弟馬 ミエノワンダー・アイアムイチバン
系統 Mr. Prospector系

昨年のメイSを優勝してから、逃げか2番手での競馬で好走を続けているダイワギャグニー。

前走金鯱賞もハナを切ると、そのままスローペースに持ち込み3着。最後はサートゥルナーリアに差されはしましたが地力のあるところを見せたレースだったと思います。

これまでの左回りは[7-0-2-9]と全7賞を左回りで挙げているように得意なコース。ただ昨年の新潟大賞典は、16着と大敗。

スタートじゃらいつもの逃げではなく控えた6番手の競馬でしたから、自身のリズムで走れなかったことや、勝ち馬が天皇賞春4着のユーキャンスマイルだったことを考えても、度返しして良い1戦だったと思います。

今回はメンバー的に見ても上位クラスは間違いなく、ストレスなく逃げ先行が出来れば3着以内は十分にあると考えています。

インビジブルレイズ

生年月日 2014年04月28日 (牡6歳)
調教師 吉村 圭司(栗東)
馬主 有限会社 シルクレーシング
生産者 アイオイファーム
中央獲得賞金 1億0463万7000円
通算成績 20戦6勝[6-3-2-9]
主な勝鞍 20’白富士ステークス
兄弟馬 デルマタンザナイト・バーフバリ
系統 サンデーサイレンス系

近2走は低評価にも関わらず、2連勝で一気にオープン特別も優勝と、勢いに乗るインビジブルレイズ。

昨年は、1600万クラスからスタートさせましたが、なかなか好走出来ない競馬が続いていましたが、それでも着差以上に内容は負けておらず、何かしらのきっかけがあればと思っていたところで2連勝ですから、いよいよ本格化をしてきたかなと。

前走白富士Sは、単勝8番人気で1着。タイム1:59.1は、かなりの好タイムで、3着だったレッドガランが次戦の大阪城Sで優勝をしたことなどを考えれば、レース内容のレベルは高ったと思います。

脚質が好位差しのわりに上がり3Fがそこまで切れないですから、ミドルペースからハイペースで時計のかかるレースが得意のタイプ。

上がり3F勝負になりやすい新潟記念は、少し苦戦する可能性もありますが、最近のレース内容が高いですから、こちらも期待したい1頭ですね。

レッドガラン

生年月日 2015年03月11日 (牡5歳)
調教師 安田 隆行(栗東)
馬主 株式会社東京ホースレーシング
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 8372万0000円
通算成績 10戦5勝[5-1-1-3]
主な勝鞍 20’大阪城ステークス
兄弟馬 ダルムシュタット・カメチャン
系統 Mr. Prospector系

明けて5歳となっても10戦5勝[5-1-1-3]と底を見せておらず、さらに使い減りも感じられないレッドガラン。

デビュー戦こそ1着で飾るもそこからが少しずつ、クラスの階段を登るように確実に結果を出して来た同馬も11戦目にして初重賞挑戦。

前走大阪城Sは、単勝2番人気で1着。ミドルペースを2番手で競馬をしながら最後は抜け出す競馬。2走前の白富士Sから距離短縮で得意の芝1800mと言うことですから、このくらいは走れて当然と言った結果。

今回は前走から距離延長となりますが、広い新潟コースですからそのあたりは問題無く、タイプ的にスローペースからハイペースまでこなし、上がり3Fも切れますから、どんな展開でも走って来れる強みは、今回のメンバーの中では最上位。

今年も順調に使われていますので、新潟記念は勝ち負け必至の存在だと考えています。

タイトルとURLをコピーしました